山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やまぐち観光周遊バス
やまぐち観光周遊バス-1

やまぐち観光周遊バス「おいでませ山口号」
  有効期限:平成21年10月1日(木)~平成22年3月31日(水)
  運行日:毎日運行 1名様から 日帰り運行
  コース:「山口・秋芳洞・仙崎コース」と「萩・津和野コース」
  料金:各コースとも1日乗車 大人 3,800円
      (施設入場料・拝観料・JR料金は含まず)
  問合せ先:おいでませ山口号予約センター
   山口宇部空港や新山口駅から観光地を結ぶお得な周遊バス
   ご利用の際は事前の予約が必要。利用特典協賛対象施設多数


やまぐち観光周遊バス-2
関連リンクはこちらを↓
  □ おいでませ山口号
  □ 船木鉄道株式会社
  □ 防長交通株式会社

山口県内の公共交通網が不便だというのは、地元に住んでいる人たちに
とっては周知の事実です。
ごく僅かな都市部を除けば、通勤や買い物に自家用車は欠かせません。
そんな山口県は萩・秋吉台・古都山口・錦帯橋・角島などを抱える、他府県
からの観光に依存率が高い県だと思います。観光地が分散しているのも
特徴で、公共交通機関だけで周遊するには時間的に限界があります。
初めて山口県を訪れる方にとっては自家用車やレンタカーを使わず、各観
光地周遊の計画を立てるのは難しいのではないかと心配してしまいます。

前段の『やまぐち観光周遊バス「おいでませ山口号」』を私がPRする義務は
ありませんが、ご存知でない方が多いのならば知らないよりは知っている
ほうが良いだろうと思い掲載しました。
秋吉台・秋芳洞辺りは時間的に短いのが気になりますが・・。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ
  □ おいでませ山口へ > やまぐち観光モデルコース
                      ↑ご参考までに
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

まるごと美祢展
まるごと美祢展M
山口市にある「ゆめタウン山口」の広告です。
(全て転記するのが大変なので、関心のある方はクリックすると拡大可)
関連リンクはこちらを↓
  □ 美祢市応援ネット(美祢市商工会)
  □ ゆめタウン山口│イズミ・ゆめタウン WEB
  □ 山口県の特産品/社団法人山口県物産協会

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

地球からの贈りもの
今日の一枚。
時間はゆっくり流れる。地球からの贈りもの。
美祢市の観光ポスターです。やはり「秋吉台」と「秋芳洞」がメインですね。
キャッチフレーズは、
  時間はゆっくり流れる。地球からの贈りもの。
おいでませ、美祢市へ。現地に立つと実感できますよ。
  地球歴史エリア、美祢。来てみーね。
↑ポスターの一番下に書いてありました。
関連リンクはこちらを↓
  □ パンフNavi >パンフレット詳細 >山口県 美祢市 観光ガイドブック
    (↑このWebサイトはお薦めです。)
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/27 三市 三翁24の物語
  □ みとう情報ナビ > 2008/03/31 古き良き観光ポスター
  □ みとう情報ナビ > 2008/01/15 ドラマチック山口
  □ みとう情報ナビ > 2007/12/29 彩会・山口

最新観光ガイドブック
ちなみにこちらは、市発行の観光案内パンフレットです。
  時間(とき)は流れるゆっくりと 地球からの贈りもの
少し文章が違いますが、意図して変えたのでしょうか。
今日の蛇足ですけど。

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

平成百景!秋吉台
今日の一枚。
平成百景!秋吉台
美祢市役所の1階にありました。
読売新聞創刊135周年記念の「平成百景」に秋吉台が認定された証です。
投票総数64万票をもとに選考委員会を開き、100景観を選定されたそう
です(5月30日付)。山口県からは錦帯橋と秋吉台のふたつです。
新時代の景観。秋吉台へぜひお越しください。
関連リンクはこちらを↓
  □ 読売新聞 > 平成百景 あなたが選ぶ、新時代の日本の風景
  □ 読売新聞 > 平成百景 新時代の日本の風景 > 秋吉台
  □ カルスト日記 > 2009/07/19 秋吉台花火大会

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

秋吉台にライブカメラが復活!
既に「秋吉台・秋芳洞観光サイト」や「カルスト日記」をご覧になって、ご存
知の方も多いとは思いますが、秋吉台にライブカメラが復活しました。
ライブカメラの映像-1
↑この画像は、そのライブカメラの映像です。
草色の秋吉台から枯色に、季節が変わろうとしているのが分かります。
ライブカメラの映像-2
↑右手が長者ヶ森と左手は北山。
そして中央を貫くカルストロード。
ライブカメラの映像-3
↑展望台がこんなに近くに見えます。人影も判断できます。
画像からお察しの通り、このライブカメラは秋吉台科学博物館の
屋上に設置されています。
また、アドレスから判断すると、映像カメラはキヤノンの「ネットワーク
カメラ VB-C60 VB Viewer」を使用していると思われます。
これは光学40倍ズームレンズを搭載したネットワークカメラなんだそうです。

秋吉台からライブカメラが無くなって約2年半が経過しましたが、待望の
復活を果たしました。(無くなった理由は、下記リンク先をご参照下さい。)
これで春を呼ぶ風物詩「山焼き」や、秋吉台観光まつりの「花火大会」、
美祢秋吉台高原マラソン等の様子を、遠方からでも知ることができますね。
全国の方々に「今の秋吉台」を見て頂きたいと思います。
そして、映像では味わえない『本物の秋吉台』を実感しに来て頂きたいと
考えています。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台科学博物館)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > カルストライブショウ
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > カルスト日記(ブログ)
  □ みとう情報ナビ > 2008/08/11 WEBカメラが道の駅に
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/01 秋吉台にライブカメラを再び

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

収穫の秋 ジャンボかぼちゃ
中秋の名月を過ぎて本格的な秋、真っ盛りです。
美東でも秋祭りのシーズンですが、実りの秋・収穫の秋の名物、
「ジャンボかぼちゃコンテスト」を今日はご紹介しましょう。

第2回ジャンボかぼちゃコンテスト
  開催日時:平成21年10月4日(日) 11:00~
  会場:道の駅「みとう」内 フレッシュ市場横広場(河川側)
  搬  入:平成21年9月26日(土)~10月2日(金)
  審査日:平成21年10月3日(土) (実行委員により審査)
  賞金:ジャンボ賞:30,000円(重量、姿の美しさ)
          2等:15,000円
          3等: 5,000円
         出品賞:30,000円(入賞者を除く出品者全員で賞金を分割)
  その他:
   1.出展数 1人3個迄。
   2.入賞のかぼちゃは、道の駅連絡協議会の所有とする。
   3.かぼちゃの最終処分は、家畜の飼料として利用します。
  主催:道の駅みとう野菜フェアとジャンボかぼちゃコンテスト実行委員会
  後援:道の駅みとう連絡協議会


今年はどんなジャンボかぼちゃがお目見えするのでしょうか。
今日からしばらくの間、道の駅みとうに展示されていると思います。
道の駅にお立ち寄りの際は、ぜひご覧下さい。
ちなみに昨年のジャンボかぼちゃがコレ↓
これこそ「ジャンボかぼちゃ」
逆光で見にくいですが、その名の通りジャンボでした。
地図リンクはこちらを↓(道の駅「みとう」横 フレッシュ市場)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 2008/10/05 カボチャ王者77キロ 美祢でコンテスト
  □ 野菜前線 タキイ種苗 > アトランチック・ジャイアント
  □ みとう情報ナビ > 2008/09/24 ジャンボかぼちゃコンテスト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

やまぐち旅の大見本市
今日も雨です。いつまで続くのでしょうか。梅雨あけを待っています。
さて今日は、県観光交流課が県内周遊観光キャンペーン「ぐるるん!山口」
のホームページが開設したことに絡んで、「やまぐち旅の大見本市」を紹介
しましょう。まず、この「ぐるるん!山口」HPは、
  県内をめぐる楽しさ・喜びを共有し、山口県の魅力をもっと知っていただ
  くためのサイト → 山口県観光の魅力を再発見

という目的意識があります。そのために、スタッフが実際に取材した新鮮な
情報を発信するほか、県民からも広く観光情報を募集し、掲載する点が
大きな特徴となっているようです。

話は戻って、「やまぐち旅の大見本市」です。
やまぐち旅の大見本市
必要なところを転記しておきましょう。
ぐるるん!山口」県内周遊観光キャンペーン
「やまぐち旅の大見本市」の開催
 県では、県民の皆様に県内周遊観光を通じて、本県観光の魅力を再発見
 し、県外に向けて観光PRに参加いただけるよう“「ぐるるん!山口」県内周
 遊観光キャンペーン”を実施しています。このたび、キャンペーンの一環と
 して、県内各地の見どころを紹介するステージイベントや「地旅」グループ
 などがブース出展する「やまぐち旅の大見本市」を開催します。
 なお、地旅づくりや「やまぐちスロー・ツーリズム」等の団体で構成する「や
 まぐちの『らしさ』湧き立つ旅づくり推進ネットワーク」と協働で開催します。
  日時:平成21年7月11日(土) 10:00~17:00
  場所:防府市地域交流センター(アスピラート)2F JR防府駅北口
  主催:山口県、やまぐちの「らしさ」湧き立つ旅づくり推進ネットワーク
  参集者:一般参加者、観光関係者(旅行会社等)
  実施概要:
   1)オープニングセレモニー(10:00~10:10)
   2)ステージイベント(10:20~16:30)
     各市町の観光PR、紙芝居、クイズ大会、フラダンス等
   3)出展ブース(10:00~17:00)
     地域ならではの旅の紹介や、特産品等の販売、試飲・試食
   4)商談会(11:00~15:00)
     地旅づくりを行う着地型エージェントや体験交流施設等と、県内
     及び近県等の旅行会社等との情報交換の場を提供
   5)抽選会
     各市町の特産品等が当たる抽選会を実施
       大抽選会:素敵な賞品の当たる抽選会を実施!(16:30~)
       ミニ抽選会: 11:20~ 12:30~ 14:20~ 15:20~
   6)その他
     ・入場料無料(会場先着100名の方にプレゼントを用意)
     ・当日は、「ぐるるんガールズ」等が大型商業施設でPR

この大見本市には、「秋吉台地域エコツーリズム協会」や「宇部・美祢・
山陽小野田産業観光推進協議会」、「むらまち交流推進協議会」の
出展ブースもあるようです。
今日ご紹介して明日のイベントと急ですが、多くの来場者があることを
期待したいと思います。
地図リンクはこちらを↓(防府市地域交流センター[アスピラート])
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ ぐるるん!山口
  □ 山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ
  □ 秋吉台地域エコツーリズム協会(美祢市総合観光部内)
  □ 宇部・美祢・山陽小野田野田産業観光推進協議会
  □ 山口県 > 地域振興部観光交流課

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台の草原保全
年に一度の出会いの場・・・。今年は雨で会うことは叶いませんでした。
                      ・・・私の話ではなく、七夕のお話です。
さて、
最近では当ブログの知名度も上がり(局地的な知名度ですが)、いろいろな
方々が情報を提供してくださるようになりました。ありがたいことです。
今日の話題も提供いただいたひとつですので、ご紹介しましょう。
秋吉台草原ふれあいプロジェクト-1
何度か当ブログでご紹介している『秋吉台草原ふれあいプロジェクト』。
2009年度のプロジェクト情報として、新しくポスターができました。
秋吉台草原ふれあいプロジェクトとは
  秋吉台草原ふれあいプロジェクトは、趣旨に賛同する機関や個人が参
  加する「秋吉台草原ふれあいチーム」として、ボランティアや住民との
  協働作業を通して豊かな草原の保全と利用の両立を図る活動です。

秋吉台草原ふれあいチームは平成21年度「セブン-イレブンみどりの基金」
の活動助成を受けているそうです。(下記リンク先参照)
秋吉台草原ふれあいプロジェクト
↑リーフレットの裏面。
プロジェクトによって、申込み先が違いますのでご注意下さい。
2009年度のプロジェクト情報
 □お花畑プロジェクト1(済み)
   秋の草原が育ってお花畑になるように、草刈りをします。
   お子さんと一緒に参加いただけます。
    日時:平成21年6月13日(土)

 □草原の復元
   低木や外来植物の「やぶ」になりつつある場所を刈払って、
   秋吉台本来の姿を取り戻します。
    日時:平成21年7月11日(土) 8:30~12:00
    集合:長者ヶ森駐車場
    参加費:無料     昼食:なし

    ※申込み先:秋吉台エコ・ミュージアム

 □火道にお花畑づくり
   防火帯はお花畑を支える役割をしています。
   夏の火道づくりで、草花をふやしましょう。
    日時:平成21年7月26日(日) 9:00~15:00
    集合:体験民宿 ほっとビレッジ美東
    参加費: 1,500円     昼食:あり(ペンション内で昼食)

    ※申込み先:秋吉台山焼き十字軍(体験民宿 ほっとビレッジ美東)

 □お花畑プロジェクト2
   夏に草を刈った場所で、草刈りの成果を観察します。
    日時:平成21年10月12日(月・振替休日) 9:30~14:30
    集合:秋吉台少年自然の家
    参加費:大人 800円、小人(18歳以下)700円
    昼食:あり(地産地消のお弁当)

    ※申込み先:山口県秋吉台少年自然の家

 □火道切り
   秋吉台の火入れを支えている「火道」づくりを支援します。
    日時:平成21年12月13日(日) 8:30~15:00
    集合:体験民宿 ほっとビレッジ美東
    参加費: 1,500円     昼食:あり(ペンション内で昼食)

    ※申込み先:秋吉台山焼き十字軍(体験民宿 ほっとビレッジ美東)

 □追加の山焼き
   火入れで燃え残った「やぶ」をきれいにするために、火入れをします。
    日時:平成22年3月14日(日) 13:00~16:00
    集合:長者ヶ森駐車場
    参加費:無料     昼食:なし

    ※申込み先:秋吉台エコ・ミュージアム

私も「豊かな草原の保全と利用の両立を図る活動」に共感しています。
いつの季節に秋吉台へ行っても、美しい草原が維持されているのは、
こうした地道な活動があってこそだと感じます。
皆さんも『秋吉台草原ふれあいプロジェクト』にぜひ、ご参加下さい。
秋吉台の草原を子どもたちに残しましょう。
秋吉台草原ふれあいプロジェクト-2
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台草原ふれあいプロジェクト
  □ 秋吉台草原ふれあいプロジェクト(舞台裏)・・ブログ
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム
  □ 山口県秋吉台少年自然の家
  □ 自然体験民宿・ほっとビレッジ美東 > 秋吉台山焼き十字軍
  □ セブン-イレブン みどりの基金 > 平成21年度助成先団体
  □ みとう情報ナビ > 2009/06/20 「秋吉台草原の復元」作業
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/19 初夏:秋吉台お花畑プロジェクト
情報をいただきました、Y.A様、T.I 様、ありがとうございました。

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

夏を先取り ヒマワリ情報
梅雨らしい天候になったとはいえ、夏至の前後は暑い日々が続きます。
先日、きららオーガニック・ライフの前を通りかかった時、
「ヒマワリ開花しました!」の看板が目に飛び込んできました。
ハウス栽培ですが、今日はきららのヒマワリを紹介しましょう。
きららのヒマワリ-1
ハウスの中は40℃を超える暑さ。一足早く、真夏です。
きららの花摘みハウスには、サンリッチパイン・マンゴー・レモン・オレンジ、
スターバストレモンオーラ、ルビーエクリプスの6種類のひまわりが花摘み
用に栽培されているそうです。各々開花時期がずれていて、6月初旬から
7月下旬にかけて順次開花していきます。2ヶ月にわたって花摘みが楽しめ
るようになっているのは嬉しいですね。1本、150円だそうです。
きららのヒマワリ-2
現在開花しているヒマワリは「サンリッチシリーズ」。
花摘み用なので小振りですが、夏を先取りできました。
お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。
地図リンクはこちらを↓(きららオーガニック・ライフ)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ Kirara Organic Life きららオーガニック・ライフ株式会社
  □ きららオーガニック・ライフ > 新着情報 > ひまわり開花しました
  □ みとう情報ナビ > 2007/08/04 きららのブルーベリー園

むつみ村「ひまわりロード」
さて、向日葵の観光スポットと言えば、山口県では萩市むつみ村の
ひまわりロード」が有名ですね。
ですが、ちょっと小振りで、1本1本の間隔が広目なのが残念です。
関連リンクはこちらを↓
  □ 歩いて帰ろう > Place > 山口県旧むつみ村 ひまわりロード

私が見た中では兵庫県佐用町南光の「ひまわりの里」が印象的でした。
兵庫県佐用町南光「ひまわりの里」
関西屈指の向日葵の名所として知られ、佐用町(旧南光町)全体では
約200万本のひまわりが、かなりの密集度で咲き誇ります。
この一面のひまわり畑を観るために、県内外から多くの観光客が訪れます。
その人たちが地元にもたらす経済効果は大きいことでしょう。
また、栽培されたひまわりは観賞の目的以外に、「ひまわり油」を筆頭とした
ひまわり関連商品として収益を伸ばしています。
こうした事例をお手本にして、美祢市内でも県内外に知れ渡る「花の名所」
が生まれることを期待したいですね。
関連リンクはこちらを↓
  □ 佐用町南光ひまわり館、輝く太陽からの贈り物
  □ 歩いて帰ろう > Place > 兵庫県旧南光町 ひまわりの里

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ふるさとを紹介する道
以前、美東町大田川のビオトープが国土交通省大臣表彰の「手づくり郷土
賞」を受けたことを紹介しました。これに関連して、今日は秋芳町のカルスト
ロード八重広谷線も、国土交通省大臣表彰の「手づくり郷土賞」を受けて
いた話題を紹介しましょう。
手づくり郷土賞「カルストロード八重広谷線」-1
まずは「手づくり郷土賞」についての解説です。
手づくり郷土(ふるさと)
  全国各地において、その地域固有の自然や歴史、伝統、文化や地場
  産業等を貴重な資源として再認識し積極的に利活用した、魅力ある
  地域づくりの成功例が多く見受けられます。
  このような地域の魅力や個性を創出している、良質な社会資本及び
  それと関わりを持つ優れた地域活動を一体の成果として発掘・評価し、
  「手づくり郷土賞」として表彰することにより、好事例を広く紹介し、個性
  的で魅力ある郷土づくりに向けた取組が進むことを目指しています。
  「手づくり郷土賞」は昭和61年度に創設され、平成21年度で24回目の
  開催となる国土交通大臣表彰です。

                  出典:国土交通省大臣表彰 手づくり郷土賞
美祢市内の受賞としては、平成6年度のふるさとを紹介する道部門で「カル
ストロード八重広谷線」が、また平成12年度には「ビオトープのある川
(大田川)」が受賞した二件だけです。
手づくり郷土賞「カルストロード八重広谷線」-2
  「カルストロード八重広谷線」は、国道と秋吉台、秋芳洞周辺を短縮
  するバイパス路線で、建設省のマイロード事業の認定を受け、秋吉台、
  秋芳洞への進入ゾーンにふさわしい景観をもった道路として、山口県と
  秋芳町の共同事業で整備を進めたものである。
  起点部には、大理石のモニュモントを置き、中間部の植樹帯には町木の
  カシやツツジを植え込み、秋吉台の大地を構成する石灰石を配置して
  いる。また、終点部にはトンネルの湧水を利用した石灰石による水路、
  木レンガと浸透性舗装による歩道、道路公園を整備し、訪れる人々に
  うるおいとやすらぎをあたえている。

              出典:手づくり郷土賞 > カルストロード八重広谷線
最近では余り見向きをされていない気がします(と言うか、受賞を知って
いる人がほとんどいない気が・・・)が、歩いて実感されるのもたまには良い
かと思いますよ。
地図リンクはこちらを↓(カルストロード八重広谷線:写真の場所)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 国土交通省大臣表彰 手づくり郷土賞 > 山口県受賞リスト
  □ みとう情報ナビ > 2007/06/10 ビオトープのある川づくり

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。