山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小郡萩道路:美東JCT(3)
今日は地域高規格道路「小郡萩道路」の情報、第16弾です。
本来はもっと前に掲載する予定の内容だったのですが、延び延びになって
今夜になってしまいました。
中国自動車道の夜間通行止めの情報-1
掲載したかったのは中国自動車道の夜間通行止めの情報でした。
  日時:平成21年10月5日(月)21:00~翌朝6:00まで(9時間)
  通行止め区間:中国自動車道 小郡IC~美祢IC間上下線(距離18.1km)

既に完了していますが、この目的というのが、
  NEXCO西日本中国支社では、中国自動車道と地域高規格道路小郡
  萩道路を連結する美東ジャンクション(仮称)の建設工事のため、夜間
  通行止めを実施します。なお、地域高規格道路小郡萩道路と接続する
  ことにより、中国地方の広域的な高速道路ネットワーク、秋吉台・秋芳
  洞から萩市へ至る広域観光ネットワークが形成され、沿線地域の広域
  的な交流連携の強化が期待されます。

そうです。現在工事中の地域高規格道路小郡萩道路が、ついに本線中国
自動車道と連結するための工事がおこなわれたのです。
中国自動車道の夜間通行止めの情報-2
↑NEXCO西日本のHPに掲載されている、美東JCTの完成予想図です。
もう接続工事は完了していますが、当日は大きく迂回が必要となっていた
ようです。
中国自動車道の夜間通行止めの情報-3
この迂回路を見ると、かなりの大回りですね。
夜間は物流の長距離トラックが多いのでご苦労もあったかと思います。
皆さまのご協力もあって、念願の連結ができました。
今後も事故なく、予定通り・開通の日が迎えられることを願います。
地図リンクはこちらを↓(美東JCT)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ NEXCO 西日本 > 中国自動車道小郡IC~美祢IC間 夜間通行止め
  □ みとう情報ナビ > 2009/06/29 鞍掛山TN現場見学会(3)
  □ みとう情報ナビ > 2009/06/02 小郡萩道路:美東JCT(2)
小郡萩道路関連記事は美東JCT(2)をご覧下さい。
各記事へのリンク一覧があります。
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ミニバス実証運行へ
美祢市地域公共交通総合連携計画
平成21年3月13日から、「美祢市地域公共交通総合連携計画」が公表
されています。このことは、ご存知の方も多いかと思います。
美祢市のHPから転記させて頂くと、
美祢市地域公共交通協議会
  山口県の中山間地に位置する美祢市は平成20年3月21日に合併し、旧
  市町区域毎に整備された公共交通体系を継続しています。しかし、公共
  交通基盤が貧弱であることから、少子高齢化の進展につれて、自家用
  車を運転できない人達の生活利便性が低下しているほか、年間60万人
  の集客数を誇る秋吉台・秋芳洞へのアクセス手段を自家用車に頼らざ
  るを得ず、観光客数は減少傾向にあります。こうした公共交通体系の見
  直しを図り公共交通関係者の合意を得る場として、「地域公共交通の
  活性化及び再生に関する法律」第6条(平成19年10月施行)に基づいて
  「美祢市地域公共交通協議会」を設置し、公共交通のあり方を検討して
  いくことになりました


何度かの協議会会議を経て、「美祢市地域公共交通総合連携計画」に
基づき、山中・奥万倉・万倉地地区において、ミニバスの実証運行が開始
されることになりました。
ミニバス実証運行へ
再び転記させて頂くと・・
ミニバスの実証運行
  平成20年度に策定した『美祢市地域公共交通総合連携計画』に基づき、
  今後市内の交通不便地域解消のため、市内をブロックに分割し、各ブロ
  ック内にミニバス(小型車両)を運行する計画です。これらの本格運行に
  さきがけ、今年度は10月より山中地区、奥万倉地区、万倉地地区を
  対象として、デマンド方式の実証運行を行います。
 【 運行計画概要
   運行区域:山中地区、奥万倉地区、万倉地地区
   運行期間:平成21年10月~平成22年3月
   運行日:毎週月・水・金曜日(祝日は除く)
   便数:1日6便
   利用料金:1乗車につき 300円
   使用車両:9人乗りジャンボタクシー
   運行形態:21条許可によるデマンド運行
   運行事業者:入札により美祢構内タクシー(株)に決定
   ※ 対象となる地区の住民の方以外はご利用できません。


誰もが感じている美祢市内の公共交通の不便さ。
今後、少しでも解消されればと、実証運行の結果に期待しています。
関連リンクはこちらを↓
  □ 美祢市HP > 美祢市地域公共交通協議会
  □ 美祢市HP > 美祢市の公共交通の概要と問題点
  □ 山口新聞 > 予約制バス試験運行へ 美祢市交通協総合計画策定
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/25 公共交通機関の不便性を実感

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

国道435号線の通行止め
先月の19~26日に山口県や九州北部を襲った「09年7月中国・九州北部
豪雨」の爪痕は、今も各地で深刻な状況です。
報道では取り上げられない場所でも、復興が進んでいません。
今日は身近なところで、国道435号線の通行止めについてです。
国道435号線の通行止め-1
山口市吉敷畑でおこった「土砂崩落のため」、吉敷畑~中尾口の一般
国道435号が終日通行止めです。
秋吉台・美東地区から山口市へ行くには、小郡を廻るように迂回路は
示しています。ネットからいろいろな情報をまとめてみると・・
  ・7月27日(月)に土砂崩れが発生
  ・旧道沿いの駐車場が埋まっている
  ・人的被害は無い
  ・車が何台か埋まったらしい
  ・新道(国道435号)の路肩が崩れて旧道に流れ込んだ
  ・旧道(佐々並町絵美東線)の大峠も通行止

などの未確認情報が流れているようです。

で、山口市へ行くついでに確認してきました。
国道435号線の通行止め-2
美東町綾木大石地区の法面崩壊。
信号機ありの片側通行で通れます。
国道435号線の通行止め-3
鳳翩山トンネルを越えると全面通行止めの看板が・・。
右側の旧道へ迂回します。旧道は通れるようです。
ただし、路線バス以外の大型車は通行禁止になっていますから、注意が
必要です。大型車は迂回路の看板通り、小郡廻りしかありません。
国道435号線の通行止め-4
旧道を下っていると、左手に国道435号の土砂崩落現場が見えました。
かなり大規模な崩落をしています。
  27日午後2時50分ごろ、山口市吉敷畑、国道435号上りののり面が長さ
  約70m、高さ約30mにわたって崩落し、国道下の市道に止めてあった
  車6台が土砂に埋まった。山口署によると、車はいずれも無人。
  走行中に巻き込まれた車もなく、けが人はなかった。
  国道を管理する山口県や山口署によると、上り2車線のうち、のり面側の
  登坂車線が崩れ落ちていた。県は21日からの豪雨で地盤が緩んでいた
  とみている。県は山口市中尾口~美祢市美東町綾木間の約10キロを
  全面通行止めにした。国道435号は山口市街地と美祢市方面を結ぶ
  幹線道路。復旧のめどは立っていないという。

やっと見つけた中国新聞の記事(2009/7/28)から、全容が分かりました。

旧道から国道へ登る道は「関係者立入禁止」になっていますが、「墓参りの
方はこちらから」という登れる道を発見。望遠で崩落現場を撮ってきました。
国道435号線の通行止め-5
思っていた以上にひどい状況です。
近くにいた地元の方に聞くと、「崩落した場所以外にも、道路に亀裂が
多く、雨水が入り込むと、また大規模な崩落がおこるかも知れない。」と
心配されていました。
国道435号線の通行止め-6
(↑クリックすると拡大できます。)
これほどとは・・・
これでは完全復旧までに時間がかかりそうです。見通しが立ちません。

7月28日の新聞報道では、国道・旧道とも迂回路なしの全面通行止め
でしたが、旧道に流れ込んだ土砂を撤去し、8月3日には旧道が通行できる
ようになったそうです。
小郡を経由するより近くてありがたいのですが、この旧道は狭くて勾配や
カーブがきついルートです。
安全運転で通行されることをお願いします。
地図リンクはこちらを↓(国道435号 崩落場所)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 中国新聞 > 2009/7/28 車6台、土砂に埋まる:山口(写真あり)
  □ 山口県道路情報 道路見えるナビ
  □ JARTIC:日本道路交通情報センター > 山口市・宇部市

お知らせですが、しばらく不在しますので更新はお休みです。
また、その間にコメントを頂いた場合は、お返事が遅くなりますので、
ご了承下さい。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

カルストロードでバイク事故
身近なことで、こんな新聞記事が掲載されていました。

 2日午前7時45分ごろ、美祢市秋芳町の秋吉台国定公園を通るカルストロードで、山陽小野田市小野田の会社員男性(41)運転のバイク(排気量250cc)が道路を乗り越えて、約28メートルのがけ下に転落した男性は胸などを打ち、約4時間後に死亡した。
 美祢署の調べでは、現場は秋吉台カルストロードの通称「地獄谷」付近の右カーブで、ガードレールはなかった。男性は同市美東町赤郷から秋吉台方面に向けて走行中に道路左側のり面を乗り越えて、バイクとともに転落したらしい。同署が事故原因を調べている。

バイクの多いカルストロードですが、安全運転で秋吉台を満喫して下さい。
眺めの良い場所は多くありますが、カルストロードのカーブは意外とキツイ
ようです。所々に「二輪車事故多発」の看板もあります。
お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 09/08/03 秋吉台カルストロードでバイク転倒し死亡

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

鞍掛山TN現場見学会(3)
さて、着々と工事が進んでいる地域高規格道路小郡萩自動車道(一般国
道490号線道路改良工事)ですが、鞍掛山トンネル工事の2回目の現場見
学会が開催されました。もちろん参加してきましたので、今日はこの様子を
写真中心にご紹介しましょう。

工事の進捗としては、トンネル延長1018mのうち掘削が約820m、覆工(仕
上げのコンクリート打ち)が約300mほど完了しているそうです。
鞍掛山TN現場見学会(3)-1
前回は大雨の中、開催されましたが今回は天候にも恵まれました。
最初に現場事務所前で概要の説明を受けます。
鞍掛山TN現場見学会(3)-2
中央の赤ラインが掘削の進捗状況を示しています。
その下の黒いラインが覆工の状況だそうです。
鞍掛山TN現場見学会(3)-3
全長232mの碇川橋。約3%の勾配がついています。
改めて見ると幅員7.0m(9.1m)は広く感じます。
鞍掛山TN現場見学会(3)-4
トンネル入口で周辺機器・設備等について説明を聞きます。
上部に掲げてあるスローガンは「子どもたちに誇れるしごとを。」です。
鞍掛山TN現場見学会(3)-5
早速トンネルの中へと入って行きます。
外の蒸し暑さと違い、ひんやりとして涼しい空間でした。
鞍掛山TN現場見学会(3)-6
途中には、シート台車(防水シートを施すゲート)や全断面スライドセントル
(覆工コンクリート用のゲート)などがあります。
鞍掛山TN現場見学会(3)-7
湧水が多く、脇を流れていました。このエリアも山は石灰岩で出来ている
ため、集まった湧水は百枚皿の様相を呈します。(言い過ぎですが・・)
鞍掛山TN現場見学会(3)-8
最深部の様子。前回の見学会は約180mでしたので、約800m付近までは
「歩いた」感があります。かなり進んだ印象を受けました。
鞍掛山TN現場見学会(3)-9
トンネルのような狭い空間で自由に動けるように、各重機には工夫がされ
ています。上の写真のホイールローダも、バケットが斜めに傾きます。
   
前回撮り損ねた、狭いトンエル内で器用に転回する坑内用ダンプトラック。
遠景になってしまったのが惜しまれます。よく見ると真ん中のタイヤが・・・。
鞍掛山TN現場見学会(3)-10
集合写真を撮った後、入口に戻ります。光の射す開口部はきれいですね。
貴重な体験が少しでも皆さんに伝わったのなら、嬉しい限りです。
地図リンクはこちらを↓(鞍掛山トンネル)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2009/06/02 小郡萩道路:美東JCT(2)
  □ みとう情報ナビ > 2008/11/26 鞍掛山TN現場見学会(2)
  □ みとう情報ナビ > 2008/11/25 鞍掛山TN現場見学会(1)
小郡萩道路関連記事は美東JCT(2)をご覧下さい。
各記事へのリンクがあります。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

高速バスに乗ってⅣ(福岡線)
先日、仕事の関係で福岡へ行ってきました。
初日の会議が始まる時間が午後からだったこともあり、今回は高速バス
での移動を選択(ブログのネタ作りも兼ねて)してみました。

美祢市のHPで知ったのですが今年の4月24日から、山口(防府・徳山・
下松・光)⇔福岡(小倉・博多)を結ぶ「福岡・周南ライナー」が、美祢イン
ターバス停に停車するようになったそうです。いつか利用したいなと考えて
いましたが、思いのほか早く実現できました。
福岡・周南ライナー-1
1日6往復。美祢インターから博多駅交通センターまでだと、約128分。
片道大人一人で2,400円です。通常、新山口駅から博多駅までが新幹線
自由席で4,930円ですから、時間はかかりますが半額以下、お得ですね。
福岡・周南ライナー-2
美祢インターバス停に貼ってあった時刻表を見て、改めて気が付いたのは
1日6往復というのは、中国JRバス・防長交通・JR九州バスの3社が共同
運行している点です。
福岡・周南ライナー-3
美祢インターバス停は料金所の手前にあります。有料(300円)ですが駐車
場も準備されていて、これからも利用者が増えそうです。
美祢市のHPに、次のような解説がありました。
  この手法を「パークアンドバスライド」と言います。自家用車等で最寄の
  バス停まで行き、車を停車した後、バス(公共交通機関)に乗り換えて
  目的地に向かうシステムです。自家用車の利用の多いこの地域での
  公共交通利用促進のための交通政策です。

補足をすると、「パークアンドバスライド」は「parkandbusride」で、
交通渋滞対策および環境汚染対策の一環として推進されている方式です。
こうした事前知識を頭に入れておいて、バスに乗り込みます。
福岡・周南ライナー-4
私が選んだ時間帯は中国JRバスが運行です。
この路線は全席予約が必要で、電話・インターネット・コンビニから申し込
めるようになっています。ちなみに中国JRバスの「福岡・周南ライナー」は
リクライニング4列シートのハイデッカー車(ハイデッキカー)です。
残念ながらトイレ設備はありません。途中のPAでの休憩を待ちましょう。
福岡・周南ライナー-5
生憎の天候でしたが、関門橋を越えると福岡県。
バスの中から眺める関門海峡は久しぶりです。
皆さんも、小倉・博多行きが便利な「福岡・周南ライナー」を、一度はご利用
されてみてはいかがでしょうか。
地図リンクはこちらを↓(美祢インターバス停)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 美祢市地域情報課 > 小倉・博多行きが便利になります。
  □ 中国JRバス > 福岡・周南ライナー
  □ 防長交通 > 高速バス福岡線(福岡・周南ライナー)
  □ JR九州バス > 福岡・周南ライナー
  □ みとう情報ナビ > 2007/08/09 高速バスに乗ってⅢ(東京線)
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/02 高速バスに乗ってⅡ(大阪線)
  □ みとう情報ナビ > 2006/11/11 高速バスに乗ってⅠ(広島線)
小郡萩道路:美東JCT(2)
「山口県内で初の新型インフルエンザ感染が萩市で確認された。」という
ニュースにも驚きましたが、そのニュースが掻き消されるほど「山口秋芳
プラザホテルのガス漏れによる、児童・教員ら22人搬送、1人死亡」のニュ
ースはショックでした。亡くなられた方のご冥福をお祈りするのとともに、
再発防止に努めて欲しいと思います。楽しい想い出になるはずの修学旅行
での出来事。子どもたちの心のケアも大切です。

さて、今日の美東の一枚。
現在工事中の小郡萩道路、美東JCT付近の様子
現在工事中の小郡萩道路、美東JCT付近の様子です。
順調に進んでいるようですね。
現場事務所付近にあった完成予想図がこちら↓。
美東JCT付近完成予想図
相変わらず、現地の写真とCGを駆使して作られた看板はスゴイ出来栄え
です。今後も事故なく、予定通り・開通の日が迎えられることを願います。
地図リンクはこちらを↓(美東JCT)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2008/11/26 鞍掛山TN現場見学会(2)
  □ みとう情報ナビ > 2008/11/25 鞍掛山TN現場見学会(1)
  □ みとう情報ナビ > 2008/08/20 小郡萩道路:トンネルパンフレット
  □ みとう情報ナビ > 2008/06/10 小郡萩道路:鞍掛山トンネル工事
  □ みとう情報ナビ > 2008/05/06 小郡萩道路:概要
  □ みとう情報ナビ > 2007/12/28 小郡萩道路:進捗状況空撮
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/19 小郡萩道路:第二大田川橋
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/11 小郡萩道路:美東JCT(1)
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/21 小郡萩道路:綾木大橋
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/25 小郡萩道路:南秋吉
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/22 小郡萩道路:絵堂
  □ みとう情報ナビ > 2006/12/02 小郡萩道路:大田
  □ みとう情報ナビ > 2006/10/17 小郡萩道路:十文字
改めてリンクを書き出すと、こんなに小郡萩道路のことを取り上げていた
ことに驚きます。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

公共交通機関の不便性を実感
先日、美祢市役所に行ってきました。
本来なら車で約30分のところ、この日は車が使えない事情があって、
公共交通機関を使っての移動となりました。

美東地域には南北に走る防長交通と、秋吉~山口駅を結ぶJRバスが運行
しています。まずは最寄りのバス停から大田中央まで防長バスでの移動
です。十数年ぶりに地元の路線バスに乗りましたが、便数が少ないことに
改めて驚きました。以前はもっとあったような・・・。
防長バス
黄金色に色付く麦畑や、田植えを終えた風景を横目に見ながら約15分。
大田中央に着きました。ここでJRバスに乗り換えです。山口駅と秋吉を結
ぶ便数も少なく、一日に10便しかありません。その内、美祢駅まで行くのは
朝1便、夕方1便の2便だけです。今回は乗り換えの待ち時間が5分でした
ので良かったですが、時間帯によっては1時間以上待つ場合もあります。
美祢までの直行便がない時間帯でしたので、まずは秋芳洞まで行きます。
JRバス
所要時間は10分。360円でした。ここから美祢に行くにはサンデン交通を
利用します。ですが、下関~秋芳洞線は一日に8本しかありません。
ここでの待ち時間は58分でした。

余りに暇なので、秋芳洞商店街を往復しましたが、閑散としています。
そこそこお客さんの姿はありましたが、平日の小雨模様に加え、シャッター
を下ろしている店が意外と多いので、閑散としている印象を受けます。
何より商店街が歯抜けになっていて、目的地(秋芳洞)と駐車場とを足早に
急ぐ人にはアピールが不足しています。似たり寄ったりのお店に独自性を
持たせるとか、明るいイメージを持たせる(昔ながらの暗いお店が多い)
とか、今以上に一工夫しないとリピーターは望めない感じです。
なんだかんだと勝手な想像を膨らませながら、待ち時間を過ごしました。
サンデン交通
サンデン交通で美祢までは約25分。600円です。
車でなら約30分のところ、結局この日は乗り換えの待ち時間を含めて
2時間近くかかったことになります。少々疲れました・・・。

美祢市内の公共交通機関は、観光客にとってみても、車を利用できない
市民にとっても非常に不便であることを、実際に乗ってみて実感しました。
  美祢市は旧市町区域毎に整備された公共交通体系を継続しています。
  しかし、公共交通基盤が貧弱であることから、少子高齢化の進展に
  つれて、自家用車を運転できない人達の生活利便性が低下している
  ほか、年間60万人の集客数を誇る秋吉台・秋芳洞へのアクセス手段を
  自家用車に頼らざるを得ず、観光客数は減少傾向にあります。

    出典:美祢市総合政策部地域情報課>美祢市地域公共交通協議会
更に、対策としてこう続きます。
  交通網中における生活交通体系は、JR美祢線と、防長交通、サンデン
  交通、船木鉄道、ブルーライン交通、宇部市交通局、中国JRバスの
  6事業者による72系統の生活バス路線が運行しており、通勤・通学・
  通院など、交通弱者にとっては生活に密着した重要な交通手段と
  なっています。また、学校・公立病院・福祉施設への無料送迎バス、
  障害者の経済負担を軽減させるタクシーチケット制度など、地域公共
  交通の対策について合併前の枠組みで継承しています。

現在美祢市では、平成21年3月13日から『美祢市地域公共交通総合
連携計画 』を公表しています。これは、移動利便性の向上のため、
美祢市地域公共交通協議会で検討されているものが反映されています。
デマンドタクシーの活用や、平成11年に運行開始をしたコミュニティバス
あんもないと号)の範囲拡張など、色々と画策されているようですが、
やはり時間がかかりそうです。
あんもないと号
市内の観光地を活性化・連携化させることにも影響がありますが、高齢者
の多い地区では病院に行くことでさえ、不便を強いられます。
例えば美東地域から美祢市立病院に行くのに、2時間以上かかるのでは
やはり大きな問題です。

こうした問題は美祢市に限ったことではなく、全国各地で起きています。
簡単な解決策はありませんが、早期改善を期待しています。
関連リンクはこちらを↓
  □ 防長交通株式会社(防長バス)
  □ 中国ジェイアールバス株式会社(JRバス)
  □ サンデン交通株式会社(サンデンバス)
  □ 船木鉄道株式会社(船鉄バス・あんもないと号)

今回掲載した写真は色々なWebサイトからお借りしました。
実際にその路線を運行している型式ではない車輌もありますが、
イメージとして掲載させて頂きました。ありがとうございました。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台高原マラソンの交通規制
今日の一枚。
道路際には3月1日(日)に開催される『第1回新市合併記念 美祢
秋吉台高原マラソン』の交通規制看板が立っています。
秋吉台高原マラソンの交通規制
念のため、書き写しておきます。
お知らせ
  美祢秋吉台マラソンのため 3月1日 8時~13時30分まで
  秋吉台上周辺道路は通行止めとなります。
  ご協力をお願いします。
                             美祢市観光振興課

秋吉台山焼きと同様に交通規制が行われますので、係員の誘導・指示に
従って駐車し、美祢秋吉台高原マラソンをお楽しみください。
地図リンクはこちらを↓(スタートの秋吉台緑地公園)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ TYSテレビ山口 > イベント情報 > 美祢秋吉台高原マラソン
  □ RUNNET ランネット > 第1回美祢秋吉台高原マラソン
  □ みとう情報ナビ > 2009/01/07 美祢秋吉台高原マラソン募集
  □ みとう情報ナビ > 2007/12/25 2008年は美東町から

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

鞍掛山TN現場見学会(2)
昨日に引き続いて、地域高規格道路「小郡萩道路」の情報第13弾として、
「鞍掛山トンネル現場見学会」の様子、内部編を紹介しましょう。
以前も書きましたが、道路全体の完成予定は平成22年3月28日。
やまぐち国体に間に合わせるのが、県からの至上命令なのだそうです。
そのため工事が遅れないよう(もともとスタートが遅れた)、10月21日から
発破による昼夜作業が始まっています。
現場では防音対策が講じてあるのですが、結構聞こえますし、振動も
かなり感じます。直近の地域では、もっと感じていることでしょう。
近隣住民の理解を得るためにも、この現場見学会は大切な位置付けです。

では内部を紹介しましょう。
入口附近、二枚目の防音扉の前での説明です。
鞍掛山TN現場見学会-6
鉄板とコンクリートで作られた防音扉。かなりぶ厚く重い扉です。
現段階での側面は、厚さ15cmの吹付コンクリートのままです。
これに30cmほどの覆工コンクリートが施されるので、今よりは狭くなります。
足元(写真右下)から覆工コンクリート用の鉄筋も見えます。
鞍掛山TN現場見学会-7
一部、窪んでいる箇所は、消火栓等が設置されるスペースです。
脇に寄せてある各重機の説明を受けながら、奥へと進みます。

下の写真左側の重機は「油圧ホイールジャンボ」。
この機械で岩に穴を開け、そこに火薬を入れて爆破します。
鞍掛山TN現場見学会-8
参加者は熱心に説明に聞き入ります。
掘っていく時に出る土や岩(ずり)は、ホイールローダーでダンプトラックに
積み込まれ、トンネルの外へ出されます。
鞍掛山TN現場見学会-9
特殊な重機なので、その特徴ある動きの実演も披露されました。
動画を撮り損ねるくらい見事でした。惜しいことをしました。
狭いトンネル内で大きな重機が器用に転回・活躍する姿は拍手モノです。

工事の進捗が180mとは思えないぐらい、長く(深く)感じます。
説明では180mでしたが、たぶん、もっとあるでしょう。
現在の一番奥の写真がこちら。
鞍掛山TN現場見学会-10
光の当たり加減で、独特な写真になりました。

貴重な体験が少しでも皆さんに伝わったのなら、嬉しい限りです。
次回は現場説明会の時に頂いた資料をもとに、資料編をお送りします。
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ >08/08/20 小郡萩道路(11):トンネルパンフレット
  □ みとう情報ナビ >08/06/10 小郡萩道路(10):鞍掛山トンネル工事
  □ みとう情報ナビ >08/05/06 小郡萩道路(9):概要
小郡萩道路(1)~(8)は、(9)をご覧下さい。各記事へのリンクがあります。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。