FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
道路はお金が掛かります
「Internet」は大変便利なツールで、検索をかけると大抵のコトは
調べられるます。本屋で情報誌や歴史本を漁るより、早くてお手軽です。
現在は個人のHPやブログ(日記形式)も増え、情報発信源は無数に
あります。逆を言えば、情報が氾濫していて正しいか否かの判断に
迷うこともあります。
今日の記事は、そんな「Internet」から寄せ集めた内容なので、
数字の信憑性は定かではありません。ご承知下さい。

昨日の『第25回美東町駅伝競走大会』のコース図を作っていて
ふと気が付いたのですが、綾木の植竹交差点から秋芳町に延びる
バイパスは、一体いくらお金が掛かったのでしょう。
早速「Internet」で調べてみました。
秋芳町・美東町間の町道バイパス
1994年に着工した秋芳町・美東町間の町道バイパス(秋芳町上八重の
カルストロード入口~美東町植竹交差点)は、2004年2月2日に全線が
開通しました。10年越しですね。秋芳町側の町道目畑線(1.7km)と、美東
町側の町道御山聞波目畑線(2.8km)との合計約4.5kmのバイパスです。
総事業費は約59億円!。単純計算で、1kmが約13億円の豪華道路です。
バイパス建設の目的は、秋吉台への観光客増加のためだとか、
美祢地区消防組合東部出張所から、美東町東・南部方面への
消防・救急活動を改善するためだとか言われています。

ちなみに、現在建設中の地域高規格道路『小郡萩道路』はどうでしょうか。
「美東大田道路」の5.3kmと「大田絵堂道路」の約8km、合計約13.3kmです。
この沿線の交通量は9,400台/日で、完成後は12,600台/日だそうです。
どういう試算かは分かりませんが、萩まで全線が開通しての数字でしょう。
総工事費は約318億円!!。
単純計算で、1kmが約24億円の超豪華道路です。
いくら県や国の予算・事業費とはいっても、その元は私たちの税金です。
本当に必要な道路であれば造る意義は高いと思いますが、
道路や橋、トンネル・ダムといった土木工事は、工事期間が10年を
超えることもざらにあります。10年前は必要であっても、10年後はもっと
別のモノが必要になる話は良く耳にします。今だと老人福祉施設とか・・。
公共工事が巨大化すればするほど、先が読み難いのが実情でしょう。
今、何が必要か。10年先に必要かどうか。正しく見極めて欲しいものです。
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報