山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大田・絵堂の戦い⑦
先日、奇兵隊本陣跡である金麗社を紹介しましたが、今日は金麗社に
ある、町指定文化財『奇兵隊献納石燈籠』を紹介しましょう。
奇兵隊献納石燈籠-1
金麗社の鳥居手前に一対あります。(掲載の写真は左側の燈籠全景)
正式な呼び名が「奇兵隊献納石燈籠」なのか、説明板に表題のある
「奇兵隊戦勝記念燈籠」なのかは分かりません。
(町指定文化財の登録名は「奇兵隊献納石燈籠」のようです。)
説明板を見てみましょう。
奇兵隊献納石燈籠-2
文字が小さいので転記しておきます。
■大田・絵堂戦役諸隊本陣跡 奇兵隊戦勝記念燈籠
  慶応2年6月幕府は進歩的な長州藩を倒すため、第二次長州征伐
  (四境の役)を行ったが、この時奇兵隊は関門口を守備し、
  高杉晋作指揮のもとに小倉城を落した。
  この燈籠は、小倉延明寺から分捕ったもので、奇兵隊が大田・絵堂
  戦争勝利の記念として金麗社に奉献したもの。
  燈籠の年号に元治4年の銘があるが、この年は慶応3年に当り、
  時の幕府徳川慶喜の”慶応”に応じないという、長州藩隊士の
  心意気がうかがえる。

「分捕った」という表現はどうかと思いますが、どうもその通りのようです。

小倉戦争の戦利品として高杉晋作等が持ち帰った燈籠は他にもあり、
東行記念館に展示されているものと、東行庵の入り口には、同じく小倉城
から戦利品として持ち帰られた一対の灯篭が置かれているそうです。
(リンク先を参照)
奇兵隊献納石燈籠-3
これは右側の燈籠の脚部です。
説明板に写しが書いてありますが、ほとんど判別できません。
奇兵隊献納石燈籠-4
これは左側の燈籠の脚部です。
「元治四年丁卯秋七月立 奇兵隊」と刻まれているそうです。
(なんとなく、削られた形跡があるのは気のせいでしょうか・・)

灯篭の年号に刻まれた「元治4年」の補足ですが、
元治の年号は本来「元治2年」までしかありません。
元治4年とは正確には、慶応3年のことになります。
「慶応」という年号は、徳川「」喜に「」ずるの意を思わせるため、
認めたくなかったためだと言われています。反骨精神の現われですね。
同様の年号を刻んだものが、萩市須佐の「笠松神社」にあるそうです。
(境内の鳥居と「笠松神社石灯篭」に刻まれた元治3年、4年の刻銘)

調べる程に歴史は奥深いモノです。(と、言うか私が知らなさ過ぎか・・)
地図リンクはこちらを↓(金麗社・奇兵隊献納石燈籠)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 美東町観光課HP > アラカルトみとう > 大田・絵堂の戦役跡
  □ ぶちしものせき > 観光 > 東行庵 > 小倉城の灯籠
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/22 大田・絵堂の戦い⑥金麗社
  なお、大田・絵堂の戦い①~⑤は⑥のリンク先を参照して頂くか、
  カテゴリー『学ぶ[歴史探訪]』を参照して下さい。
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

お食事処「やまむら」
さて今日は、唐揚げが美味しいと口コミ評判のある、美東町真名の
『お食事処「やまむら」』を紹介しましょう。
久しぶりの飲食店情報です。
お食事処「やまむら」
ここは近くに工場が多くあるため、平日でも賑わっています。(入口には
ウェイティングルームがあって、お客が多いことを証明しています。)
禁煙席と喫煙席に分けられているのも良いですが、テーブル席と
座敷があるもの家族連れにはありがたいモノです。

早速店に入りましたが、数あるメニューの中でやっぱり私の注文は
人気ナンバー1の「からあげ定食」でしょう。
若鶏の唐揚(骨なし)・サラダ・小鉢・汁物・ご飯のセットで930円。
お食事処「やまむら」の「からあげ定食」
メニューには、
  190℃~200℃の高温で揚げるのがコツ。カラッとして、中はジューシー。
  特製のタレにからめてください。唐揚げファンにはたまらない一品です。
  なんでも、店主が若い頃、研究を重ねて出来た傑作なんだとか・・。

とコメントされていました。確かにさくさくとした食感で、ポン酢系(?)の
特製タレにからめると美味しさが際立ちます。
はっきり言って、コレは「旨い!」です。
ちなにみ、からあげ単品もありました。780円(674Kcal)です。

美東町志賀農産の安心卵「元気くん」を贅沢に使った
『親子丼(530円)』や、『柚子シャーベット』なども私のお薦めです。
「毎日食べても飽きない」。コレが一番でしょう。
地図リンクはこちらを↓(お食事処「やまむら」)
  Mapion
お店の営業時間は、昼11:00~14:30、夜17:00~20:30まで。
定休日は毎週火曜日(祝日の場合は翌日)です。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

真長田八幡宮境内人丸社
唐突ですが、「柿本人麻呂」について皆さんはどれぐらいご存知でしょうか。
私は歌人というぐらいしか知りませんでしたので、調べてみました。
柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)
  660年頃~720年頃
  飛鳥時代、持統・文武朝の宮廷で活躍した歌人。
  雄大な宮廷讃歌、荘重な挽歌、悲壮な羇旅歌、哀切な恋歌、
  また長歌・短歌・旋頭歌と、和歌の全ジャンルに渡って優れた、
  不世出の大歌人である。平安以後の歌人にとって、人麿は歌人でなく
  歌聖であり歌神であって、至高の存在として尊崇を受けていた。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』などで読む限り、謎や俗説の
多い歌人だったようです。百人一首では、
『あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む』
と、詠っています。

柿本人麻呂を祀る神社は多く、全国に「柿本神社」があります。
ですが、ほとんどは人丸(柿本人麿)神を祀る神社・叢祠として
人丸社』が各地に建てられました。北海道から九州まで広く分布し、
34都道府県252社があり、山口県には92社があるそうです。
疫病除け・火難除け・眼病治癒祈願・五穀豊穣祈願・水難海上安全など
効験は数多くあるそうです。もちろん万葉の歌聖である人麻呂から、
菅原道真公とならぶ「学問の神」・「和歌の神」にもなっているそうです。
ちなみに「火難除け」の理由は、「人丸」(ヒトマル)は「火止まる」に通じる
ことからだそうです。(本当かどうかは定かではありませんが・・)
一番多いのは圧倒的に「疫病除け」に効験をもとめるものが多いと
されています。災害や疫病を鎮静するために建てられたものが多い
理由でしょう。

山口県には92社があると知りましたが、美東町には2ヶ所あります。
『真長田八幡宮境内人丸社』と、『鳶ノ巣人丸社』です。
今日は、真長田八幡宮境内にある『人丸社』を紹介しましょう。
真長田八幡宮境内人丸社-1
「人丸社」にとても詳しいWebサイトがありました。(リンク先参照)
そのサイトを参照させて頂くと、
真長田八幡宮境内人丸社
  真長田八幡宮は、昭和39年(1964)に旧長田八幡宮(長田地区)と
  旧龍尾八幡宮(真名地区)が合併したものである。
  人丸社は、もと湯の口の石仏の丘にあったが、県道28号小郡三隅線
  湯の口交差点近くの真長田八幡宮の境内に遷されている。江戸時代
  末期にたび重なる災害や疫病を鎮静するために勧請されたといい、
  祠前の灯籠には「天保3(1832)壬辰 中尾助左衛門 願清」と勧請年が、
  祠台座には「昭和41(1966)年9月奉納 伊ヶ崎梅一、ツネ」と
  遷座年が刻まれている。
  祠内には「柿本人丸社」と刻まれた石板が置かれている。

真長田八幡宮境内人丸社-2
このWebサイトを後で知ったので、文字を確認できませんでした。
(先に知っていても、こういう文字は私では解読できないでしょうが・・)
機会をみて「鳶ノ巣人丸社」も探してみようと思います。
真長田八幡宮境内人丸社-3
地図リンクはこちらを↓(真長田八幡宮境内人丸社)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 防長人丸社新考> 人丸社祠探訪記> 真長田八幡宮境内人丸社

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

正現寺のイヌマキ
黄砂に覆われたり、真夏日を記録したりしている最近ですが、今日は
長田にある、美東町指定文化財(天然記念物)『正現寺のイヌマキ』
(まき科・マキ属)を紹介しましょう。
正現寺のイヌマキ-1
この樹は境内の左奥に立っています。
写真が逆光なのでイマイチなのですが、かなり引いて撮らないと
全景が入らないぐらいの大きさです。
ここにも説明板がありました。
正現寺のイヌマキ-2
転記しておきます。
正現寺のイヌマキ(まき科・マキ属)
  このイヌマキは、根本周囲3.2m、目通り幹囲2.9m、高さ約27mの
  巨木で、県内の健全なイヌマキの中では最も高木の部類に入ります。
  雌株と雄株の両方があり、これは雌株です。
                            美東町教育委員会

「みとう史跡・名勝ガイド」によると、山口県下3番目の巨樹だそうです。
正現寺のイヌマキ-3
美東町指定文化財(天然記念物)のイヌマキと言えば、
『明林寺のイヌマキ』も有名です。大きさを比較してみましょう。
  正現寺のイヌマキ:根本周囲3.20m、目通り幹囲2.90m、高さ約27m
  明林寺のイヌマキ:根本周囲2.65m、目通り幹囲2.55m、高さ約15m

明林寺のイヌマキも真近で見上げると大きかったですが、正現寺の
イヌマキは根本周囲・目通り幹囲・高さのどれを比較しても超えています。
ぜひ一度、観て頂きたい指定文化財・天然記念物です。
地図リンクはこちらを↓(正現寺)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 巨きな樹に会いたい > 県別地域別一覧 > 正現寺のイヌマキ
  □ いし家の人々 > おいでませ山口! > 山口県の巨木達
  □ みとう情報ナビ > 2007/01/25 明林寺のイヌマキ

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

タイムカプセル募集中
昨日の記事で、6月の秋吉台サファリランドのイベントを少し紹介
しましたが、7月には一大イベントが控えています。
秋吉台サファリランドは1977年(昭和52年)に、サファリ型動物園としては
日本で2番目に創立された長い歴史を持っていますが、今年7月には
『秋吉台サファリランド開園30周年』になります。
その記念イベントが予定されています。
30周年記念 お客様感謝祭
  ①前夜祭       7月21日(土)
  ②感謝セレモニー 7月22日(日)
  ③美東町民謝恩  7月23日(月)~27日(金)


メインとなる「感謝セレモニー」では、タイムカプセルの埋設イベントも
あります。現在、このタイムカプセルに入れ込む品を募集されています。
タイムカプセル入れ込み品募集中
  「10年後の(私)または○○」
  ①募集期間:平成19年4月28日(土)~7月20日(金)
  ②カプセル容器への入込み品
    個人(グループ)の写真・手紙・絵・宝物・その他
    大きさの基準:写真・手紙・絵 等はA4以下
             宝物・その他は 20cm平方以下
  ③入込み品の事前準備(持ち込み等)
    上記募集期間中サファリランド本部事務所にて受付ております.
      ※先着500名まで      ※郵送等も受付けます
      ※住所(市町村まで)・氏名 等の記入をお願い致します。

タイムカプセルの掘出日は10年後の、7月22日に近い日曜日の
予定だそうです。楽しみですね。
皆さんだったら、何をタイムカプセルに託しますか?
地図リンクはこちらを↓(秋吉台自然動物公園 サファリランド)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP
  □ 秋吉台自然動物公園 サファリランド > 30周年記念お客様感謝祭
  □ みとう情報ナビ > 2007/01/29 赤ちゃん成長日記
  □ みとう情報ナビ > 2007/01/28 氷まつり・幻想の美
  □ みとう情報ナビ > 2006/11/14 サファリへ行こう

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

6月のイベント・行事
当ブログでは時折、イベントの情報をお伝えしていますが、ある時期
整理しないと、書いている私でさえ忘れてしまう事が多いので、
6月のイベント・行事等を、日付ごとに整理してみましょう。
イベントによっては申込が必要な場合がありますので、締切日に
注意して下さい。また、詳細については主催者にお問合せ下さい。

【 6月 】
○6月9日(土)~10日(日)
  ■ほたる観照会と西条柿摘果体験・柿の葉茶作り 
    場所:体験民宿ほっとビレッジ美東
    □ 自然体験民宿・ほっとビレッジ美東
    □ みとう情報ナビ > 2007/05/24 ホタルの季節がやってきます
○6月23日(土)雨天決行
  ■第9回「まちの子はみんなわが子」草原遊びと森のピザ屋さん
    場所:山口県秋吉台少年自然の家
    □ 山口県秋吉台少年自然の家
    □ みとう情報ナビ > 2007/05/09 森のピザ屋さん
○6月23日(土)~24日(日)
  ■秋吉台あじさい祭り
    場所:秋吉台カルストロード・サファリランド・大正洞・景清洞沿線
    □ 美東町観光課
○6月23日(土)~30日(土)
  ■秋吉台サファリランド:あじさいまつり
    場所:秋吉台サファリランド
    □ 秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP
○6月23日(土)~24日(日)
  ■秋吉台サファリランド:動物レース
    場所:秋吉台サファリランド
○6月24日(日)
  ■秋吉台でお花畑プロジェクト
    場所:秋吉台上
    □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム

やはり楽しみなのは、約3000本の紫陽花が咲き誇る、
『秋吉台あじさい祭り』です。まだ詳細が発表されていませんが、
今年も可憐なアジサイが観れると思います。
ぜひ一度、お越し下さい。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

大理石クラフト館
梅雨を前にして、かなりまとまった雨が一気に降りましたが、
夕方にはおさまりました。涼しい夜です。
今日は「秋吉台リフレッシュパーク」内にある、
『大理石クラフト館』を紹介しましょう。
大理石クラフト館-1
ここは誰でも手作り工芸が楽しめる場所です。
平成11年に出来ました。
大理石を使ったクラフトにあなたも挑戦出来ますよ。
大理石クラフト館-2
このような感じで、オリジナルキーホルダーなどを作ってみませんか。
「人数の多少にかかわらず、窓口へお申し出下さい。」とのコトです。
お問合せ及び予約先は、大理石クラフト館・美東町観光課へどうぞ。
大理石クラフト館-3
↑クラフト館に貼ってある看板ですが、金額の確認は必要だと思います。
「大理石クラフト館」のHPを見ると
  ○ 団体の場合は予約をお願いします。(指導員を配置いたします。)
  ○ 磨きは丁寧さ根気が必要です。
  ○ メニューついてはこれ以外にもありますので
    希望の場合は別途相談ください。

クラフトメニューは「キーホルダー・小石創作・ペン立て文鎮・飾り玉・
ブローチ・ペンダント・携帯ストラップ・ブレスレット・ネックレス・ループタイ・
ネクタイピン・表札」など多数用意されているようです。

最近ではノコギリはもちろんのこと、ナイフなども危ないという理由で
子どもたちは触る機会が減ったように思いますが、
体験する面白さ・素晴らしさを、ぜひ親子で経験して下さい。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台リフレッシュパーク:大理石クラフト館)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 大理石クラフト館
  □ 美東町観光課HP
  □ 美東町HP > 美東町の魅力 > クラフト館

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ホタルの季節がやってきます
イベントのお知らせです。
ほたる観照会と西条柿摘果体験・柿の葉茶作り 
  期日:平成19年6月9日(土)~10日(日)
  集合時間:9日午後5時30分までにほっとビレッジ美東へ集合
  募集定員:15名(定員になり次第締め切り)
  参加費用:大人(中学生以上)7,500円
         子供(4歳以上)   6,500円 (1泊3食、ほたる祭参加費)
  申込先:ほっとビレッジ美東へ 6月4日(月)までに申し込んで下さい
  持参品:野外作業の服装、タオル、軍手等
  主催:里山ファームうきうき村・体験民宿ほっとビレッジ美東
  後援:秋吉台リフレッシュ連絡会

清流「青景川」の川面に乱舞する光の輝跡、星蛍との競演も見所です。
翌日は、美東町特産の西条柿摘果体験、ビタミンCが豊富な
柿の葉茶も作るそうです。
地図リンクはこちらを↓(ほっとビレッジ美東)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 自然体験民宿・ほっとビレッジ美東

また、お隣秋芳町ではホタルのイベントがふたつあります。
第10回厚東川源流「秋芳八代ホタル祭り」
  期日:平成19年6月2日(土)
  開催場所:秋芳町八代
  主催:ホタル祭り実行委員会(秋芳八代振興会)

蛍籠づくり・生態ビデオ鑑賞・蛍写真展等。蛍ロード自由散策。
その他会場では夜店なども出店され賑わいます。
わくわく村ほたる見の会
  期日:平成19年6月9日(土)
  開催場所:秋芳町青景
  参加費用:500円
  主催:わくわく村

青景地区を流れる青景川は蛍の生息に適しており、
多くの蛍が飛び交います。
秋芳町のホタルイベント、関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > 秋芳町観光イベントカレンダー

山口県内でも「一の坂川」など、ホタルを観賞できるスポットが
数多くあります。関連リンクはこちらを↓
  □ おいでませ山口 > やまぐちほたるだより

桂坂川のホタル-1
有名ではありませんが、美東町にも多くのホタルが舞います。
その中でのお薦めは、国道490号線を大田方面から桂坂・岩波方面に
右折した附近。この「桂坂川」のホタルは、地元では知る人ぞ知る、
穴場的スポットとなっています。
桂坂川のホタル-2
この写真は一昨年に撮影したものですが、あまりうまく撮れません。
ホタルの撮影は本当に難しいと痛感しました。それにしてもホタルが
多いというのは、水が綺麗な証拠ですからありがたい話です。
ここの見頃は6月13日~19日頃だと思います。
桂坂川のホタル-3
写真撮影は別にしても、ぜひ一度、お出掛け下さい。
地図リンクはこちらを↓
  Mapion

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

末松照男写真展
五月らしい、良い天気の日が続いています。
週末に天候が崩れるのが残念ですね。
今日は、写真展のお知らせです。
末松照男写真展「ふるさとの四季・山口」
末松照男写真展「ふるさとの四季・山口」
  開催期間:平成19年5月25日(金)~7月10日(火)
  開催場所:秋吉台フォトギャラリー 写創蔵
  開館時間:午前11時から午後4時まで
  休館日:毎週 水曜・木曜日
  入場料:無料
  撮影者:末松照男


掲載した錦帯橋の写真は、かなり有名な写真です。
以前、錦帯橋の近くで見た記憶がありますよ。
開催期間が長いので、ぜひ、ご覧頂きたい写真展です。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台フォトギャラリー 写創蔵)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台フォトギャラリー 写創蔵
  □ EOS-MarkⅢ(Yahoo!ブログ)
  □ EOS-MarkⅢ(Yahoo!ブログ) > 2007/05/12 写真展
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/25 秋吉台フォトギャラリー写創蔵

情報提供及び写真を拝借させて頂いたmiimu1様、ありがとうございました。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

大田・絵堂の戦い⑥金麗社
今日は「大田・絵堂の戦い」の第六弾として、
奇兵隊本陣跡、『金麗社』を紹介しましょう。
奇兵隊本陣跡 金麗社-1
春先に撮った写真なので、今の季節的には違和感があるかも
知れませんが貼っておきます。
ここは、町指定文化財(史跡)『大田・絵堂戦役諸隊本陣跡』に指定されて
おり、大田八幡宮・金麗社境内には「大田屯碑(一基)・殉難十七士之碑
(一基)・奇兵隊献納石燈籠(一対)」などがあります。
これも後日、個別に紹介しようと思っていますが、金麗社全体の紹介を
先にしておきましょう。
奇兵隊本陣跡 金麗社-2
写真の字が小さ過ぎて読めないと思いますので、転記しておきます。
■奇兵隊本陣跡 金麗社
  金麗社は諸隊の本陣が置かれ、高杉晋作・山形有朋・伊藤博文らが
  作戦会議をしたところで明治維新発祥の地とも言われています。
  境内には後の第二次長州征伐の折、小倉城から戦利品として
  奇兵隊が得た灯篭一対・大田絵堂の戦いにおける殉難十七士の碑
  など多くの石碑があります。


同じく、説明板がありました。
奇兵隊本陣跡 金麗社-3
金麗社
  管相公、菅烝相、吉祥女を祀るこの神社は、境内数百年の老杉、
  古松がうっそうと繁り、春は桜、夏は蛍の名所として知られています。
  また慶応元年、大田絵堂の戦いの際、高杉晋作の輩下の正義派
  諸隊が本陣をこの順神社に置き、奇兵隊の軍鑑山県狂介(後の
  山県有朋)以下が、髪を切って戦勝を祈りました。
  なお、この戦いにより戦死した雨宮慎太郎ほか諸隊の勇士16士の
  顕彰の碑があります。


なお、殉難十七士之碑は金麗社にありますが、十七士の墓(官修墳墓)は、
少し離れた光明寺境内にあります。
奇兵隊本陣跡 金麗社-4
ここ金麗社で、高杉晋作・山形有朋・伊藤博文らが、未来の日本を
話し合っていたと思うと、考え深いものがあります。
ぜひ、美東へお越しの際は、お立ち寄り下さい。
地図リンクはこちらを↓(金麗社)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 美東町観光課HP > アラカルトみとう > 大田・絵堂の戦役跡
  □ 幕末維新史跡訪問 > 美東 金麗社 大田屯碑 光明寺他
  □ 防長墓城掃苔録 > 戦場総覧 > 大田・絵堂の戦い
  □ 幕末京都 > 絵堂・大田の戦
  □ すー@ > 金麗社
  □ 山口市立白石中学校 > 山口県観光案内 > 金麗社(美東町)
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/20 大田・絵堂の戦い⑤
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/06 大田・絵堂の戦い④
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/24 大田・絵堂の戦い③
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/13 大田・絵堂の戦い②
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/27 大田・絵堂の戦い①

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

山口観光ムービー
プチ情報です。
山口県の旅行・観光情報の中心的なWebサイト『おいでませ山口へ』で
「山口観光ムービー」が見れます。
岩国市・柳井市・光市・防府市・山口市・秋芳町・美東町・宇部市・
下関市・下関市豊浦町・長門市・萩市の各地域の観光ムービーを
配信されています。

いつ頃から掲載していたか分かりませんが、早速「美東町」を見てました。
時間は3分1秒。長過ぎず短過ぎずという時間でしょうか。
内容は美東町の場合「景清洞・大正洞・秋吉台サファリランド」の3ヶ所。
自然の音を楽しむためにBGMを付けていないそうです。
耳を澄ませ、ボリュームを上げましたが洞窟の水滴の音がわずか
聞こえるだけでした。(他の市町は聞けますよ)
動画は写真と違って、説得力が違いますね。

お隣秋芳町の場合は「秋吉台・秋吉台山焼き・秋芳洞(百枚皿・黄金柱)・
秋吉台家族旅行村・秋芳白糸の滝・別府弁天池」が紹介されています。
中でも「秋芳白糸の滝」はぜひ見て欲しい動画です。
水量が少ないようですがお薦めです。時間が短いのが惜しいのですが・・

ちなみに、携帯サイト「おいでませ山口」でも見れるようです。
(対応機種に限りがあります。詳しくは携帯サイトをご覧下さい)
今後はあまり有名ではない観光地でも、取り上げて欲しいと思います。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ(PC向け)
  □ おいでませ山口 > おいでませ山口観光ムービーへようこそ
  □ おいでませ山口 > やまぐち地ブログ

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

WHITE STONE CAMP
イベントのお知らせです。
毎年各地のバイカーが集まる「バイカーミーティング」、『第4回WHITE
STONE CAMP(ホワイトストーンキャンプ)in秋吉台』が開催されます。
第4回WHITE STONE CAMP(ホワイトストーンキャンプ)in秋吉台
  日時:平成19年5月26日(土)12:00~27日(日)13:00
  場所:秋吉台オートキャンプ場
      (山口県美祢郡美東町大字赤3108)
  問い合わせ先:WHITE STONE CAMP事務局
      (関連リンク先に電話連絡先があります)


「秋吉台オートキャンプ場」は施設も充実しており、すぐ近くには
「トロン温泉」・「景清洞」もありますよ。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台オートキャンプ場)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ ほぼ日刊バイクブロス広島県版 > 第4回WHITE STONE CAMP
  □ One's Worker > ホワイトストーンキャンプin秋吉台出店のご案内
  □ LOVE & PEACE LTD BLOG > おしらせ!!
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/22 秋吉台オートキャンプ場
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/03 景清洞トロン温泉

テーマ:イベント - ジャンル:車・バイク

現在・過去・未来
第二大田川橋-1
これは現在建設中の、地域高規格道路「小郡萩道路(一般国道490号
大田絵堂道路)」の一部。(仮称)美東JCTから大田・萩方面へ向かうと、
大田トンネルを抜けてすぐの橋、中山トンネルへ向かう間に架かる
「第二大田川橋」です。
遠く、国道490号線からでもよく見えます。
第二大田川橋-2
小郡萩道路の工事区間の中でも、早い時期に完成した橋です。
「中山トンネル(全長約497m)」が貫通式を行ったのが2003年(平成15年)
7月23日(水)でしたから、多分その前後には完成していたと思います。
これが現在であり、未来の姿です。

この橋の川向こうが「弊振坂」と呼ばれる所ですが、過去を振り返ると、
『大田・絵堂の戦い』における、「大木津・川上口の戦い」での
逆転劇の舞台となった峠なのです。
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/20 大田・絵堂の戦い⑤
第二大田川橋-3
今では小郡萩道路の工事によって、『大田・絵堂の戦い』当時の
峠の姿は失われています。
温故知新「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る」という言葉が
当てはまらないかも知れませんが、忘れてはならない史実です。
地図リンクはこちらを↓(第二大田川橋)
  Mapion

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

美東の洋画家
江戸後期の日本画家、萩焼の陶芸家。と、連日紹介しましたが、
今日は洋画家お二人を紹介しましょう。

まず、美東町出身で特にフランスで活躍されている洋画家「池川 茂」氏。
いろいろなWebサイトからの情報をまとめると、
池川 茂 IKEGAWA Shigeru
  ・1939年(昭和14年) 美東町に生まれる
  ・18歳で絵筆を握る
  ・関西大倉高校卒(大阪府茨木市)
  ・1958年(昭和33年)滋賀県内の漆器会社に就職
  ・二人の子供が就職するなど独立したため、50歳の時に
   憧れのパリへ渡り、画家として生きようと決心
  ・パリ グランドショミエールに学ぶ
  ・サロン・ナショナルアート・ランプイエ入選
  ・インターナショナル・ドービル賞 風景画グランプリ
  ・ピカソのアトリエ「パトゥラバゥア」にて仕事をする
  ・1980年(昭和55年)から現美展、連展、示現会等に多数入賞
  ・油絵ながら水彩画を思わせるような明るいタッチの作品
  ・1989年(平成元年)に母校の美東町立淳美小学校に洋画を寄贈
  受賞他:自治大臣賞、京都市長賞、ユネスコ賞、
        芸術公論社賞、示現会受賞3回、ル・サロン銅賞受賞、
       サロン・ドートンヌ入選、他
  現在:ル・サロン会員、モンマルトル名誉市民、
      モンマルトル芸術大使の称号を持つ。
      単身ヨーロッパに渡り、半年は旅を続けながら創作し、
      後の半年で日本のファンの方達に個展を通じ絵を売り、
      またヨーロッパに・・というスタイルをもう20年近く過ごす。
      日本では現在、滋賀県蒲生郡竜王町に居住。
      個展、グループ展、福祉チャリティ個展等を多く開催し活躍中。
      洋画示現会準会員。日本美術家連盟会員。


洋画家「池川 茂」氏の作品・経歴等を、関連リンク先でご覧下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ 毎日新聞 > 山口 > 2007/04/26 池川さん洋画展「パリ始発」
  □ ストリート・アートナビ > 「池川 茂 洋画展-会場:ギャラリー香」
  □ 千里山ブラウズ > パリ始発「池川茂 洋画展」に行って来ました
  □ スカイフルスターズ > 「パリ」の馨りでコラボレーション

そしてもうひとりは、洋画家「井上広之」氏。
これも、いろいろなWebサイトからの情報をまとめると、
井上広之 Hiroyuki Inoue
  ・1961年(昭和36年) 美東町綾木に生まれる
  ・昭和51年度 美東町立美東中学校卒業
  ・元中学校の美術教師。1993年県埋蔵文化財センターに転職。
   1999年からは市文化財保護課で遺跡などの発掘に携わる。
  ・「遠き日々に」というタイトルで、副題を変えながら50作品以上。
  ・人間の様々な心の模様を描くために、それを一番デリケートに切なく
   映し出す、若い女性を対象として描く。少女と大人の間で揺れ動く
   女性(の心理)をモチーフにして、生命の神秘と宇宙の創世・存在を
   融合させて描く作品が特徴。
  受賞他:国際公募展「ル・サロン」入選(フランス芸術家協会主催)、
       「創立30周年記念昭和美術会展」文部科学大臣奨励賞、
       「第19回京都芸術祭国際交流総合展」毎日新聞社賞、
       アートネットニューヨーク大賞、厚生大臣賞、
       ドイツ ローレンブルグ市民名誉賞受賞、山口市美術展大賞、
       美東町善行表彰受賞(平成14年度)、他多数
  作品:「遠き日々に」シリーズ
      迷夢・希望・真理・迷夢・決意・迷い・憧憬・午前0時の調べ など
  現在:昭和美術会(京都本部)委員・山口県支部長
      山口県山口市吉敷に居住。


洋画家「井上広之」氏の作品・経歴等を、関連リンク先でご覧下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ WEB版サンデー山口 > 昭和美術会展 上位2人が市内から
  □ 第19回京都芸術祭 Kyoto Art Festival国際交流総合展 各賞
  □ 山口市 > 第47回山口市美術展覧会受賞者一覧
  □ 遊美堂が紹介するこの一作 洋画・人物/ February 20, 2006
  □ 昭和美術会 > 平成18年度 第32回昭和美術会展 作品紹介

お二人とも偶然、Webサイトで見つけた事柄なので、知り得た情報に
誤りがあるかも知れません。ぜひ、訂正・追加等の情報をお寄せ下さい。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

美東の陶芸家
昨日は美東の画人を紹介しましたが、今日は美東の萩焼陶芸家を
紹介しましょう。一見、萩焼と美東は何ら関係がなさそうですが、
美東町にも萩焼窯元があります。
道の駅みとう横、都市と農村交流の館に紹介文がありました。

河内宣雪 萩焼窯元:どじょう森窯
  1950年 山口県美東町に生まれる
  1994年 萩焼作家 渋谷泥詩氏に師事
  1996年 第50回山口県美術展入選
  1998年 萩美術展入選(以後連続3年入選)
  2001年 独立開窯 どじょう森窯(美東町綾木四の瀬)
  2002年 萩美術展入選
  2003年 第57回山口県美術展入選

萩焼の伝統を生かしながら、現代感覚での創作を念じていらっしゃいます。
関連リンクはこちらを↓(師事された渋谷泥詩氏に関して)
  □ 茶碗屋真心堂 > 萩焼窯元:御台場窯 渋谷泥詩

時松泰礼 萩焼窯元:泰礼陶房(たいれいとうぼう)
  1972年 大阪府に生まれる
  1994年 神戸芸術工科大学工業デザイン学科プロダクトコース卒業
  1995年 山口芸術短期大学聴講生、陶芸専攻
  1996年 萩焼緑栄窯 松野龍司に師事
  2000年 美東町に独立・開窯(美東町長田法名)

柔らかな萩焼の特徴を呈しながらも若者らしく遊び心があり、使い易く
楽しい陶器作品が主です。頭に巻いたタオルがトレードマークです。
関連リンクはこちらを↓(師事された松野龍司氏に関して)
  □ 萩焼窯元:緑栄窯 松野龍司

萩焼ではないかも知れませんが、美東出身の陶芸家をもうひとり。
大中和典
  1971年 美東町に生まれる
  2001年 作陶を始める
  2005年 工房を開く
  2006年 朝日現代クラフト展入選
  2006年 第60回山口県美術展覧会佳作


この他にも美東に関係した陶芸家がおられると思います。
紹介した御三方共々、詳しい情報のコメント・メールをお待ちしています。
菅 江嶺の歌碑
美東町が生んだ江戸後期の画家「菅 江嶺」と言えば、富士山が有名
(江嶺が描く冨士は「江嶺冨士」として有名)ですが、今日は
『菅 江嶺の歌碑』を紹介しましょう。

まず、「菅 江嶺(すが こうれい)」について少し書いておきます。
  美東町旧長田村の旧家、長井家に生まれる。
  1762年(4月13日)~1852年 享年91歳
  名は義卿、通称を庸七(ようひち)。
  江戸後期の郷土画家。
  文政十年、毛利藩主斎元に仕え、富士山を題材に数々の名品を残す。
  狩野芳崖(かのうほうがい)・森 寛斎(もり かんさい)と共に、
  山口県を代表する三大画人のひとり。


歌碑は江嶺山の東側、旧肥中街道の大峠~馬地峠、
今の町絵(ちょうえ)地区にあります。
旧肥中街道は、山口より吉敷大峠、馬地峠を経て町絵・長田・綾木・
岩永・伊佐・大嶺、豊浦郡の西市・殿居・田耕・滝部を経て肥中浦に至る
旧街道です。当時の山口と肥中(豊北町)を東西に結んでいました。
菅 江嶺の歌碑(遠景)
ごぼう麺処「三足富士」を過ぎ、県道309号線を最後まで行った所で駐車。
右へ行けば「町絵の滝」。橋を渡り左へ登れば「歌碑」があります。
道は割と広く、300~400m先の左手路傍にひっそりと佇んでいます。
菅 江嶺の歌碑(近景)
あずま路に、あほぐ高嶺の面影の、ここに移りて三足富士の名
写真では読み難いですが、上記の句が刻んでありました。
故里の江嶺山(えみねやま)が、三歩間だけ富士山に似ていることから
「三足富士」と命名したのは有名な話です。

美東町には「菅 江嶺」の多くの作品が残されているそうです。
私の知り得ている範囲では、
 ・真長田八幡宮:絵馬「和田義盛と巴御前」(町指定文化財)
 ・正現寺(長田)所蔵:「水くぐりの梅」:85歳作
 ・明林寺(綾木)所蔵:「松と鶴」:84歳作、「冬景色」:85歳作
 ・法栄寺(真名)所蔵:襖絵

などがあるそうです。生家にも当然残されていると思います。
これを全部観て廻るのが理想ですが、なかなか難しいものです。
美東が生んだ画人の作品を一同に会する機会があれば、ぜひ観に
行きたいと思います。(県か町で企画してもらえると嬉しいのですが・・)
地図リンクはこちらを↓(町絵:菅 江嶺の歌碑)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県の山々 > おすすめ一覧 > 美東町の江嶺山(549m)へ
  □ AmebaVision(アメーバビジョン)> 知られざる画家「菅江嶺」(動画)

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ソフトクリームを巡る旅
日ごと暑さが増してきました。こうなると仕事も忘れ、ソフトクリームが
やたらと食べたくなります。(私だけではないと思いますが・・)
7月3日は「※ソフトクリームの日」ということですが、それまで
待てないので今日は美東のソフトクリームを紹介しましょう。
 ※1951(昭和26)年7月3日、明治神宮外苑で開かれた進駐軍主催の
   カーニバルの模擬店で、来場客の日本人に初めてコーンスタイルの
   ソフトクリームが販売されたのを記念して制定。

全国にはソフトクリームが大好きな方が多く、全国のソフト食べ歩きや
珍しいソフトクリームを紹介されているWebサイトが数多くあります。
そんなサイトにも登場する名物のソフトクリームが美東町にはあります。
ソフトクリーム:レストラン古那
まずは、道の駅みとうにある「レストラン古那」。
ここには6種類のソフトクリームがあります。
栗ソフト・西条柿ソフト・つぶつぶいちごソフト・北海道バニラソフト・
抹茶ソフト、そしてミックス(バニラ、栗)です。価格は270円/本。
栗ソフト・西条柿ソフト・夏みかんソフト
(写真左から西条柿ソフト・栗ソフト)
西条柿ソフトは、美東で採れた西条柿の果肉をペースト状につぶし、
ソフトクリームの原料に約20%混ぜたものだそうです。
かすかに柿の香りが漂い、ザラッとした柿の舌触りも味わえる一品です。
西条柿ソフトより先に開発されたのが、美東栗を使った栗ソフト。
濃厚なモンブランのような味がして、美味しい名物です。

次は「レストラン古那」お隣の美東交流館。
ソフトクリーム:美東交流館
ここには4種類のソフトクリームがあります。
夏みかんソフト・夏みかんミルクソフト・生乳バニラソフト・
コーヒーゼリーソフトです。価格は250円/本。
(2枚目の写真、右側が夏みかんソフト)
「夏みかんソフ」は秋芳洞近くにあるお店が本家らしいのですが、ここでも
味わえます。甘いというより、夏みかんの酸っぱさを感じる名品です。

お次は「きららオーガニック・ライフ」。
「きららフーズステーション」では、その場で季節の果物をブレンドする、
オリジナルソフトクリームが評判です。価格は300円/本。
「きららオーガニック・ライフ」らしく、いちご(山口県産無農薬いちご使用)・
ブルーベリー(国産ブルーベリー使用)・バニラがありました。
また、「オーガニックベーカリー」では地元産ではありませんが、
TOMIスジャータミディアムアイスもあります。
バニラソフト・ブルーベリーヨーグルトソフト・黒ごまソフト・
カプチーノソフト・マンゴーソフト。価格は250円/本。

最後は中国自動車道美東サービスエリア。
実物を確認できていませんが、上り線には夏みかんソフト
下り線には梨ソフトが売られているそうです。

暑い日には、美東のソフトクリームを巡る旅もお薦めです。
地図リンクはこちらを↓
道の駅みとう→Mapionきららオーガニック・ライフ→Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 中国新聞 > 1998/10/16 特産西条ガキでソフトクリーム
  □ Kirara Organic Life きららオーガニック・ライフ株式会社
  □ ソフトクリーム協議会

テーマ:アイスクリーム - ジャンル:グルメ

ストロベリーキャンドル
無名な花の名所を見つけました。
秋吉台にある県育成牧場の近くです。
遠くから見ると緑の草原に赤く染まる一帯があります。近づいて見ると・・
ストロベリーキャンドル(2006)
これは去年の5月15日に撮った風景ですが、今年の様子を見ようと
やって来ました。今年は・・
ストロベリーキャンドル-1
こんな感じです。去年撮った場所の北側に、更に大きく開けていました。
上の写真は遠景ですが、赤く染まる様子がよく分かるかと思います。
これはクローバーの仲間で「ストロベリーキャンドル」という花です。
マメ科に属しますが、別名を「クリムソンクローバー(真紅のクローバー)」・
「ストロベリートーチ」・「オランダレンゲ」・「ベニバナツメクサ
(紅花詰め草)」などと呼ぶそうです。
どれが一般的かは微妙ですが、個人的には「ストロベリーキャンドル」と
いう名が私は気に入っています。
ストロベリーキャンドル-2
ヨーロッパが原産地らしく、明治時代に牧草として渡来し、開花時期は
4~6月だとされています。冬は寒さに耐えるかのように低く葉を広げて
いますが、春になると茎を伸ばし先端に細長い真っ赤な花を咲かせます。
真っ赤に熟したイチゴを逆さにしたような花ですから、「ストロベリー
キャンドル」とか「ストロベリートーチ」とか呼ばれる由縁が理解できます。
ストロベリーキャンドル-3
来年もまた見に来たいと思わせる風景でした。
地図リンクはこちらを↓
  Mapion
下の写真は、上記場所に行く途中で見かけた風景です。
なんとなく北海道を思い浮かべますが、遠くにカルスト台地が見えます。
こんな風景も秋吉台にはあるんですよ。
北海道みたい?

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

黄金色に輝く風景
今日はとても良い五月晴れの日曜日となりました。
午前中、NHK衛生放送2(BS2)では『あなたのアンコールサンデー
「東大寺 よみがえる仏の大宇宙」』が放映されていましたが、
何度見ても、美東町長登が映ると嬉しいものです。

ですが、黄金色に輝くのは「大仏さま」だけではありません。
今日は美東の裸麦畑の様子を紹介しましょう。
美東の裸麦畑-1
見事な黄金色です。(写真ではそう見えないかも知れませんが、
黄金色だと思って見て下さい。) 夕陽に照らされ、一層目を引きます。
こんな風景を見るとサリンジャー の「ライ麦畑でつかまえて」が浮かび
ますが、これは「はだか麦(ハダカムギ)」です。
多分私同様、ほとんどの方が麦を見ても何の種類か分からないと
思います。(完全に区別できる方はスゴイですが・・)
調べたのですが、麦類の広義はコムギ・オオムギ・ライムギ・エンバクの、
外見が類似したイネ科食用作物だそうです。狭義では、コムギ及び
3種のオオムギ(カワムギ・ハダカムギ・ビールムギ)を四麦(よんばく)と
呼ぶようです。つまり、「裸麦(ハダカムギ)」は大麦(オオムギ)の一種だと
いうことです。(私はもうひとつ理解していませんがそうでしょう)
美東の裸麦畑-2
美東町は、裸麦の栽培面積が県内2番目だそうです。
そう言われて見ると、結構いろいろな場所でこうした風景を見かけます。
参考までに、この写真の裸麦畑は耕作者が
農事組合法人「ファーム岩波」になっていました。
美東の裸麦畑-3
こうした風景が見れるのも、刈入れが始まるまでの短い期間だけです。

最後に先日紹介した、二反田のカキツバタの「今日」を貼っておきます。
満開状態で、多くの観光客・家族連れが訪れていました。
二反田のカキツバタ-070513

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

エコ・ミュージアム 5月の行事
「秋吉台エコ・ミュージアム」から5月の行事案内が届きました。
エコ・ミュージアム 5月の行事
ほとんど読めるでしょうが、転記しておきます。
「カエルと遊ぼう」
  田んぼはカエルが大合唱!6種類のカエルに会えるかな
  日  時:平成19年5月13日(日)9:30~12:30
  集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
  観察場所:秋芳町嘉万麓の田んぼ
  対  象:4才以上
  定  員:20名
  参加費:無料
  持参品:泥に汚れてもいい服、長靴、雨具、あみ、
        カエルやオタマジャクシを入れる容器
  ※少雨の場合、観察会は行ないます。

夕方から雨が降ってますが、明日は晴れそうです。
雨が降った翌日なので、絶好のカエル観察日和になりそうですね。

もうひとつは、秋吉台地域エコ・ツーリズム推進協議会が主催です。
エコツアー「初夏の秋吉台と洞窟探検」4つの水をめぐる物語
  日  時:平成19年5月27日(日)9:30~15:00
  集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
  コース:秋吉台エコ・ミュージアム→帰り水の竪穴→帰り水→
       エコ・ミュージアム(昼食)→大正洞→秋芳町青景(現地解散)
  対  象:小学生以上
  定  員:15名
  服  装:泥に汚れてもいい服と靴
  参加費:大人1500円 小学生以下750円(昼食代、保険代、入洞料込)
       ※いただいた参加費の一部は、秋吉台の環境保全活動に
         活用させていただきます。

秋吉台を通る水の流れを追いながら、そこに現れる動植物や鍾乳石を
観察する予定だそうです。
こちらのお申し込みは、秋芳町観光商工課まで(リンク先参照)。
個人的には「帰り水の竪穴」が非常に興味があるのですが・・。
地図リンクはこちらを↓(集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト(秋芳町観光商工課)karusuto.com
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/13 環境保全と観光振興の両立

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

カキツバタが見頃
二反田のカキツバタ-1
美東町の町花にも指定されている「カキツバタ」が開花し始めました。
ここは『二反田ため池の湿地植物群落(カキツバタ自生群落他)』と
いいますが、昭和51年に県の自然記念物に指定され、昭和58年には
美東町の指定文化財(天然記念物)になっています。

久しぶりに現地へ行ってみると、新しい説明板が立っていました。
二反田のカキツバタ-2
転記しておきます。
■町指定文化財(天然記念物) 二反田ため池の湿地植物群落
  このため池には、約15種類の植物があり、カキツバタコウホネ
  湿地帯のオオミズゴケがよく発達しており、貴重な学術的資料です。
  特に手前のカキツバタ群落は野生種としては山口県内で最も広く、
  毎年5月中旬から6月上旬にかけて紫や白の花が美しく咲きます。

二反田のカキツバタ-3
今年も美しく咲き始めましたが、こうして観れるのも「二反田ため池の
環境整備作業」を実施されている「カキツバタを守る会」をはじめ、
ふるさとの文化財を守ろうと頑張っている地元の方々のおかげです。
ありがとうございます。
二反田のカキツバタ-4
説明板にも書いてありますが、文化財は大切にしましょう。
特に自然から与えられたものは、守るのも人ですが、壊すのも人です。
毎年観るためにも、皆さまの配慮をお願い致します。
二反田のカキツバタ-5
見頃は13日(日)前後かと思いますので、せひお越し下さい。
地図リンクはこちらを↓(二反田ため池)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2006/12/05 二反田のカキツバタ

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

アンコールサンデー
必見!『奈良登ミニ大仏』アンコール放送(4回目)決定!
今、巷では話題になっています。
NHK衛生放送2でアンコール放送
  放映日:平成19年5月13日(日)
  放送局:NHK衛生放送2(BS2)
  放映時間:午前10:00~11:54(114分)
  番組名:「あなたのアンコール サンデー」
        ハイビジョン特集「東大寺 よみがえる仏の大宇宙」

第21回国民文化祭やまぐち2006 in美東町-1
私の情報不足だったようで、これが4回目になるそうです。
過去3回(昨年12月、1月5日、5月4日)放映されていて、アンコール放送の
要望が多いため、13日(日)に再放送が行われることになったそうです。
5月4日の放映は私も見たのですが、見応えのある90分の番組でした。
今回は114分の放映で、「長登銅山での古代銅製錬の様子」や
「美東中学生達による大仏鋳造の様子」も放映されるそうです。
楽しみですね。
第21回国民文化祭やまぐち2006 in美東町-2
この黄金大仏はどこで拝観できるのか、今NHKに問い合わせが
殺到しているそうですが、奈良登ミニ大仏は金箔を施して、
美東町に里帰りする予定だと知りました。
地元ではミニ大仏の安置堂を建設する計画もあるそうです。
(美東町教育委員会社会教育課より)
当日、長登での様子を見逃された方はぜひ!
関連リンクはこちらを↓
  □ NHKオンライン > 2007/05/04 東大寺 よみがえる仏の大宇宙
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/06 ミニ大仏鋳造放映
  □ みとう情報ナビ > 2006/11/05 製錬復元実験成功!
今回掲載した写真2枚は、昨年11月5日の「第21回国民文化祭
やまぐち2006 in美東町」で撮影したものです。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

森のピザ屋さん
イベントのお知らせです。
■第9回「まちの子はみんなわが子」
 草原遊びと森のピザ屋さん
  日時:平成19年6月23日(土) 10:00~14:00(雨天決行)
  場所:山口県秋吉台少年自然の家
  内容:草原遊び「秋吉台にて」
  講師:山野井 隆(日本レク協会レクリエーションコーディネーター)
  昼食:森のピザ屋さん
  参加費:700円(小学生以上) 300円(2才以上)
  主催:美東町地域活動(母親クラブ)連絡協議会

みどり豊かな秋吉台で、子ども達や大人もさわやかな風をいっぱいに
受けて思いきり遊んだり、野原で取れる草花も使ってピザを作って
食べませんか。今回のレクリエーション講師は、
ゆかいなトークと音楽でおなじみの山野井 隆先生です。
是非みなさまの御参加をお待ちしています。


楽しそうなイベントですね。参加申し込み方法は、
 申し込み書に記入され、各保育所、小学校、公民館、または、
 社会福祉協議会へ提出してください。詳しくは各単位クラブ会長まで。
 (子どものみの参加もよろしいです。ご相談下さい。)

申し込み期限は、平成19年6月15日(金)までだそうです。
秋吉台でのイベントは、いつもワクワクさせられます。
ぜひ、ご参加を。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県秋吉台少年自然の家

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

保育所の紹介HP開設
最近では小学校や中学校でもHPを持って、情報を発信しているところが
多くなっています。ですが個人情報の保護や、児童・生徒の顔写真が
ネット上に流れるのは何かと問題があるため、HPを持たない・持てない
ところが実情かも知れません。その辺りのことがうまく配慮出来たならば、
学校のHPを見たい・情報を知りたいと思う方が多いのも事実でしょう。
山口県内の小中学校でもHPを開設しているところは結構あります。
美東町には一つの中学校と五つの小学校がありますが、どこもHPは
ありません。お隣の秋芳町には二つの中学校と五つの小学校が
ありますが、七校のうち五校がHPを開設をしています。
この違いの理由は何なのでしょうか。
卒業生やこれから通う子どもたち、そしてその親たち、もちろん見守る
地域の人や在校生にとっても知りたい「今」の情報があるはずです。
児童・生徒によるHPの作成や更新などを、学習に取り入れている学校も
あります。パソコンに抵抗なく向かえる年頃は、その吸収力も早いでしょう。
いろいろ問題があって開設できないのだと思いますが、ぜひ美東町の
小中学校でもHPが開設されることを期待しています。

前置きが長くなりましたが、久しぶりに見た美東町HPが一部更新されて
いました。(できれば更新履歴を記載して欲しいと思いますが・・)
『美東町の保育所』の紹介HPが開設されたようです。
思わず見入ってしまいました。
これから保育所に入ろうと考えている家庭や、入所している園児たちの
家族には嬉しいことだと思います。ありがとうございました。
関連リンクはこちらを↓
  □ 美東町HP > 保健福祉課 > 美東町の保育所
  □ 秋芳町立秋芳北中学校
  □ 秋芳町立秋芳南中学校
  □ 秋芳町立秋吉小学校
  □ 秋芳町立下郷小学校
  □ 秋芳町立別府小学校

最後に5月の風景を一枚、貼っておきましょう。
美東町の綾木四ノ瀬地区に咲き誇る、レンゲ畑の様子です。
レンゲ畑

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

大正洞は一味違う
4日に、山口ケーブルビジョン「えぶり・あい」で、大正洞の洞くつ探検が
放映されていました。やっと録画したDVDを見ることができましたので、
今日は大正洞を紹介しましょう。(今更と思うかも知れませんが・・)
大正洞-1
以前紹介した水平的な「景清洞」と違い、「大正洞」は五層からなる
立体的な石灰洞です。標高160mの洞入口が「牛かくし」。
その上に「極楽広場」。そして「高天原(たかまがはら)」となります。
逆に、地下部分としては到る所で深い穴があり、「地獄」・「奈落」へと
続いています。この五層からの構成で成り立っている洞くつです。

美東町HP・美東町観光課HPからの引用です。
  秋吉台国定公園の東北端に位置する大正洞は、古来は「牛隠しの洞」
  と呼ばれ、戦乱や内乱のおりに里人が牛を奪われることを恐れてこの
  洞内に隠したとも伝えられています。大理石の石柱で作られた藤棚の
  通路「ロマンロード」を通り洞内入り口へ。洞内は仁王門に始まり、
  「地獄の入り口」「よろめき通路」「獅子岩」などの他、多くの鍾乳石や
  石じゅんがあります。高天原2層と極楽、地獄、奈落の5層からなる
  立体構造で支洞も多く、洞窟探検の醍醐味を味わうことができます。
  洞内には、鍾乳洞ではわが国初のマグシーバーを 導入し、「音と
  おしゃべりと音楽」による総合的な案内が楽しめます。


入口でそのマグシーバー(無料)を借りると、まず左手にポノールが
あります。更に進むと正面に大正洞の案内板が立っています。
大正洞-2
重複するところもあるので、一部抜粋して転記しましょう。
■国指定天然記念物「大正洞
(略)大正洞の名は、大正10年に時の赤郷村長の大島政一氏父子らが
  牛隠しの奥に大正穴を発見し、その年号と発見者の名前にちなんで
  つけられたものです。洞内は立体的に富んでいるため、入口から
  終点まで1km弱ですが支洞を合わせると2kmに近くなります。(略)

大正洞-3
天然記念物の碑です。表には「天然記念物 赤郷村大正洞」とあり、
側面には「昭和2年1月5日建設」と刻まれています。

洞内の写真はなかなかうまく撮れないのですが、少し広い場所は
大正洞-4
こんな感じです。「第1極楽・まとい岩」付近の様子です。
この奥に「音羽の滝」と呼ばれるところがあります。滝といっても見た目が
似ていて滝に見立てているだけで、水はほとんど流れていません。
水滴が垂れている程度です。ですが、この水滴は、
映画「八つ墓村」の洞窟シーンでの効果音として使われたそうです。
そう言われて聞くと、なんだかちょっと怖い感じがしますね。
大正洞-5
こちらは「ナイヤガラの滝」です。他にも「人工衛星」や「試験くぐり」など、
いろいろと面白い名が付いています。

学術的な話になりますが、「秋吉台エコツアーマップ」によると、
  近年、入口一帯の崩落部にも犬ヶ森の穴、サンゴ穴、カレントマークの
  穴と次々に発見され、複雑な洞窟群が確認された。大正洞洞窟群は
  地下水の上流側の吸込み部分にできた洞窟で、水系が頻繁に移動
  しながら成長したため、狭い通路が平面的にも立体的にも迷路状に
  複雑に延びる。上層ほど古い時代に形成され、一番下の下層では
  今でも水流があり成長が続いている。

と言うことだそうです。現在も成長中なのが驚きですね。

「大正洞」は「景清洞」と共に、送迎バスや入場割引券・サファリランドとの
共通入場券も準備されています。(詳細はリンク先、町観光課HPへ)
洞窟らしい洞窟へぜひ一度お越し下さい。
秋芳洞とは違った趣きがありますよ。

余談ですが、山口ケーブルビジョン「えぶり・あい」の放映を見ていて
思ったのですが、自然解説指導員の田原さんがずっとアナウンサー
(観光客役)に対して解説をされていました。
この方法は非常に分かり易く、大正洞を観た印象が残ります。
人件費の掛からないマグシーバーもいいですが、希望者には有料で
「観光ディレクター」のような『解説案内人付きサービス』があっても
いいかも知れませんね。
地図リンクはこちらを↓(大正洞)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 美東町観光課HP > まるごとみとう > みとうの観(大正洞)
  □ 猫仙人の洞窟探検 観光鍾乳洞の探訪と紹介 > 大正洞
  □ 家族でお出かけ鍾乳洞 > 家族でお出かけ「大正洞」
  □ みとう情報ナビ > 2007/03/07 大正洞の犬薮社
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/19 ポノールを見に行こう

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ミニ大仏鋳造放映
GWもあっと言う間に終わってしまいました。
後半は雨に祟られ散々です。結局、何処へ行くことも出来ず・・。

以前告知した通り、5月4日(金)にNHK総合で
『東大寺 ~よみがえる仏の大宇宙~』が放映されました。
さすがはNHKだなと思わせる素晴らしいCGを駆使しての再現でしたが、
気になるのはやはり、美東町での「ミニ大仏」の鋳造風景です。
当日は仕事で留守をしていたので、やっと録画を見ることができました。

国文祭以前からNHKが「古代銅製錬復元実験」や「ミニ大仏鋳造」の
経過を追っていたのは知っていましたが、こんな形での全国放送に
なるとは思ってもいませんでした。嬉しいことです。
創建当初の大仏の姿を、当時の製造方法を用いて再現されています。
見逃した方のために、ミニ大仏に関する放映の一部分を紹介しましょう。
ミニ大仏鋳造放映-1
  左上:美東町長登のテロップ(←コレが嬉しい)
  右上:大仏の原型を補修
  左下:完成した原型
  右下:原型の周囲を外型で覆っていく
ミニ大仏鋳造放映-2
  左上:地元の子ども達による、原型の削り込み
  右上:外型を原型に戻す(この隙間に銅が流れ込む)
  左下:半埋状態の原型+外型、見守る地元スタッフ
  右下:熱し溶かした銅の流し込み
ミニ大仏鋳造放映-3
台座(京都で造られたようです)を加え、ほぼ完成したミニ大仏が
国民文化祭直前の美東町長登へ到着しました。
仕上げは美東中学校の生徒による「螺髪(らはつ)」です。
ミニ大仏鋳造放映-4
  左上:完成したミニ大仏(創建当初の30分の1)
  右上:螺髪を群青に塗り、顔に化粧を施す(CGによる)
  左下:CGによる金メッキを施した状態
  右下:CGによる大仏殿と大仏との合成
金色(こんじき)に輝く天平の大仏が蘇りました。

こうしたドキュメンタリー番組に、美東が取り上げられるのはとても
喜ばしいことです。特にNHKだと民放ではできないこと(時間と費用を
かけて)が出来ます。NHKが今度は「大田・絵堂の戦い」や「赤間関街道
中道筋」とかを取り上げてくれると嬉しいですね。(ムリかな・・)

ちなみに今回掲載した写真は、テレビ画像をカメラで撮っていますので、
かなり荒い写真になってしまいました。
枚数も多かったので、小さくして掲載しています。
(この掲載の仕方が著作権に引っ掛かるのかどうかよく分かりませんが、
場合によっては記事を予告なしに削除しますのでご了解下さい。)
関連リンクはこちらを↓
  □ NHKオンライン > 2007/05/04 東大寺 よみがえる仏の大宇宙

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

歴史講演会
「大田・絵堂の戦い」を顕彰しよう会が毎年5月に開催されている、
「殉難者供養会」と「記念講演」が、今年も開催されます。
第6回歴史講演会
読めるとは思いますが、一応、転記しておきましょう。
第6回歴史講演会
  日時:平成19年5月27日(日) 13:40~15:30
  場所:美東町町民センター 大ホール
  演題:面白いほどよくわかる明治維新~高杉晋作と奇兵隊に学ぶ~
  講師:鈴木  旭(歴史作家)
  料金:視聴無料
  主催:「大田・絵堂の戦い」を顕彰しよう会
  後援:美東町・美東町教育委員会・秋芳町・秋芳町教育委員会
   ※講演会に先立ち、13:00から山口市佛教団有志を導師に
    「大田絵堂戦没殉難者供養会」が営まれますので、
     ご参列ご焼香いただくと幸いに存じます。(約30分間)

との事です。
『「大田・絵堂の戦い」を顕彰しよう会』という会があるのを
初めて知りました。(スミマセン)
明治維新に関しての知名度は、吉田松陰を生んだ萩市や、高杉晋作が
決起した功山寺のある下関市などが有名ですが、「発祥の地」である
美東町をもっと良く知って頂きたいと思います。
地図リンクはこちらを↓(美東町町民センター)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 文藝ギャラリー > 山口敏昭 > 大田・絵堂の戦いを顕彰しよう会
  □ WEB版サンデー山口 > 2005/05/29 第4回歴史講演会
今年もやります
以前、「やすらぎの里・桂岩ふれあいセンター」が「やまぐち地域資源
バンク」に美祢郡市で唯一登録されたことを紹介しました。
その「桂岩ふれあいセンター」が今年度も『おもいっきり美東体感塾』を
開催します。
おもいっきり美東体感塾-日帰り体験コース」5月27日(日)
今年度は「日帰り体験コース」として、5月27日(日)・10月14日(日)・
12月16日(日)の3回。「泊まって体験コース」は10月13日(土)~
14日(日)の1回が予定されています。

現在、5月27日(日)の日帰り体験コースが募集を開始しています。
日帰り体験コース(昼食付)
  開催日時:平成19年 5月27日(日) 10:00~15:00
  開催場所:美祢郡美東町大田 桂岩地区 「桂岩ふれあいセンター」
  参加料:大人 2,300円、小・中学生 1,300円、小学生未満 300円
   ※ 参加料は1人当たりの金額です。
     また、参加料には食事・材料・傷害保険料が含まれます。
  開催内容:日帰り体験コース
     田植え体験・野菜(サツマイモ)の植付体験・
     「豆腐」づくり・昼食(旬の食材を使った懐かしい味)

内容については、天候等の事情により変更になることがあります。
問い合わせ・申込先は下記リンク先を参照して下さい。
締切は開催日の5日前までです。

昨年度の様子をHPで見ていると、子どもも大人も活き活きと輝いて
見えます。昨年度は田植え体験から始まって、野菜の植付体験・
「豆腐」づくり・炭焼き体験・そば打ち体験・「ポンポラ飯」づくり・
草木染め体験・野菜の収穫体験・稲刈り体験などが開催されました。
稲や野菜を自分で植えて、自分で収穫するというのがいいですね。
昔は当たり前だった風景が、今ではなかなか味わえないと
いう現実が少し残念ですが、ぜひこうした農山村体験行事に
一年を通して参加して頂きたいと思います。
地図リンクはこちらを↓(桂岩ふれあいセンター)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 美東町HP農林課 > 桂岩ふれあいセンター
  □ 桂岩ふれあいセンター > おもいっきり美東体感塾
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/12 やまぐち地域資源バンク
  □ みとう情報ナビ > 2006/10/03 おもいっきり美東体感塾

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

憩いの場所 道の駅
さて、今日からゴールデンウィークの後半が始まりました。
仕事で家族サービスの出来ない私と違って、多くの方が車での移動を
行います。(↑家族に恨まれています・・)
そんな方の憩いの場所、今日は『道の駅 みとう』を紹介しましょう。
道の駅 みとう-1
このリーフレットは少し古く、記載の「れすとらん台所」は
レストラン「西のやすらぎ 古那(こな)」に新しく変わっています。
ここは規模的にはさほど大きくありませんが、ホッとする憩いの場です。
道の駅 みとう-2
  左上:レストラン「西のやすらぎ 古那」  右上:大仏様石像
  左下:親水公園    右下:交流館・美東町特産品センター
現在県内には18箇所の道の駅がありますが、そのうちの一つです。
道の駅の看板を見てみましょう。
道の駅 みとう-3
文字が小さ過ぎて読めないので転記します。
道の駅「みとう」 ~奈良の大仏さまのふる里~
 町の紹介
  ここは、山口県美東町の大田です。美東町は人口6400人、
  面積129.49km2、農林業と観光主体の町です。山口県のほぼ中央に
  位置し、秋吉台国定公園の東半分を有し、瀬戸内の山口、小郡や
  宇部と北浦の萩・長門の中間に位置しています。
  古くは、奈良東大寺の大仏建立の際、大仏様の料銅を献納した
  日本最古の長登銅山跡や、寛永通宝鋳銭所が銭屋に開設される等、
  銅の産地として栄えてきました。
  幕末には長州藩内の俗論派と高杉晋作らが率いる正義派による
  大田・絵堂の戦いが繰り広げられ、正義派の圧倒的勝利により、
  以後藩論が倒幕へと統一されたため、維新発祥の地ともいわれ、
  自然豊かで歴史ロマン漂う町です。


初めて美東を訪れた方には分かり易い「町の紹介」ですが、
この横に町内観光マップを併設してもらえれば、もっと親切かと思います。

 道の駅について
  雄大なカルスト台秋吉台のすそ野に広がるふれあいのオアシス・
  道の駅「みとう」は、国土交通省により平成9年10月22日道の駅に
  登録されました。道の駅「みとう」は、陰陽を結ぶ国道435・490号に
  位置し、美東町や周辺地域の交通・観光施設等の情報発信地を担い、
  厚東川水系大田川の護岸は、自然景観を保全するビオトープや水辺で
  魚や水鳥と触れ合い安らぎをもたらす親水公園も整備され、交流館や
  ショッピングセンターを併設した全国でもユニークな道の駅です。
  構内にある高さ約4mのふくよかな大仏様の石像は、奈良の大仏様の
  ふるさと美東町のシンボルとして、道の駅「みとう」の竣工を記念し
  建立されたもので、来訪者の交通安全や願い事をきっとかなえて
  くれるでしょう。

道の駅 みとう-4
この道の駅の最大の欠点は各施設が分断している事だと感じています。
他の「道の駅」のように、ひとつの建物に入れば観光地情報・道路情報・
レストラン・軽食・土産売店・トイレ・休憩スペース等がある方が、
利用者には便利ではないでしょうか。
貼り付けた写真でも分かるように、各施設の整備主体・補助金事業が
バラバラ(色別)です。結果、こういう施設のつくりになったのだと解釈して
いますが、観光情報の発信場所「交流館・美東町特産品センター」が
中心にないので、初めて訪れた方には分かり難そうなのが残念です。

楽しいドライブも無事故が一番。
安全運転のためにも、道の駅「みとう」で憩いのひと時をお過ごし下さい。
地図リンクはこちらを↓(道の駅 みとう)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 国交省 中国地方整備局 > 道路事業の概要 > 「道の駅 みとう」
  □ みとう情報ナビ > 2006/12/27 西のやすらぎ 古那
  □ みとう情報ナビ > 2006/12/01 大仏サンタ現る

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

テレビ放映のお知らせ
5月4日(金)の「みどりの日」に、美東に関するテレビ放映が
二本あります。ひとつは昨日お伝えした、
C-able大正洞
  放送局:C-able 山口ケーブルビジョン
  放映時間:17:40~、19:00~、21:00~、23:00~の4回
  番組名:ニュース番組「えぶり・あい
  内容:大正洞が紹介されます。

放映局がケーブルテレビなので、視聴可能な人が少ないのが残念です。
日本全国とは言いませんが、せめて県下全域には放映して欲しいですね。
関連リンクはこちらを↓
  □ C-able 山口ケーブルビジョン(株) > えぶり・あい

もうひとつは、
NHK総合「ミニ大仏」の鋳造風景
  放送局:NHK総合
  放映時間:午前10:05~11:33
  番組名:「東大寺 ~よみがえる仏の大宇宙~
  内容:東大寺が天平時代に建てられた当初の姿、巨大な仏像が立ち
      並ぶ壮大な極彩色の世界をミニ大仏の制作やCGで復元する。

昨年開催された国民文化祭での「古代銅製錬復元実験」とともに
行われた、「ミニ大仏」の鋳造風景が放映される予定です。
30分の1のサイズで創建当初の大仏の姿を、当時の製造方法を
用いて再現した様子です。
当日、長登での様子を見逃された方はぜひ!
関連リンクはこちらを↓
  □ NHKオンライン > 2007/05/04 東大寺 よみがえる仏の大宇宙
  □ みとう情報ナビ > 2006/11/05 製錬復元実験成功!

生憎、私は仕事で家にいませんのでビデオで見る予定です。
皆さまも、お見逃しなく。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。