山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
待望の光響ファンタジー
既に新聞やテレビでの報道でご存知の方も多いかと思いますが、秋芳洞
開洞百周年祭記念事業イベント「光響ファンタジー 水と大地の神秘」の
概要が27日(水)に発表されました。
それも東京(山口県東京事務所)でのプレス(報道機関等)発表です。
内容については丸写しになってしまうので、下記にリンクさせて頂きました。
関連リンクはこちらを↓
  □ カルスト日記 > 2009/05/28 光響ファンタジー 東京プレス発表
  □ 山口新聞 > 09/05/28 光の魔術 秋芳洞彩る 東京で市長ら会見
  □ 読売新聞 > 09/05/28 「百枚皿」7色にライトアップ概要発表
  □ マイコミジャーナル > 開洞100周年記念で秋芳洞をライトアップ

この日を境に、美祢市役所にはポスターが貼られました。
光響ファンタジー 水と大地の神秘
読み難いところを検索にかかるよう、転記しておきます。
秋芳洞開洞百周年祭記念事業イベント
光響ファンタジー 水と大地の神秘
 地球と水の神秘な力に触れ 悠久の時の流れを想い 地球と環境を考える
  開催期間:平成21年7月25日(土)~8月2日(日)
  開催時間: 8:30~17:00(※16:30までに入洞下さい)
  開催場所:山口県美祢市秋芳洞
  総合プロデュース・照明デザイン:石井幹子
  照明デザイン実施:石井幹子デザイン事務所
  主催:秋芳洞開洞百周年祭実行委員会
  後援:美祢市
  お問合せ:美祢市総合観光部

光響ファンタジーのイメージ
当初は「Akiyoshiメモリアルファンタジー」という名称で企画されていたよう
ですが、『光響ファンタジー 水と大地の神秘』になりました。
世界的な照明デザイナー、石井幹子氏のご紹介は当ブログでも以前させて
頂きましたので、リンク先を参照して下さい。

そこで、今回注目したいキーワードは「LED(発光ダイオード)照明」です。
この記念イベントに使用する照明器具は計89台で、このうちLED照明は
約3分の2にあたる61台だそうです。
  照明によっては光や熱でコケなどの繁茂が懸念されるが、
  使用する照明は紫外線をカットするなどして洞内の環境に配慮。

ただ美しさ・神秘さを求めるのではなく、環境を考えることもテーマのひとつ
です。では、なぜLED照明を使うのか。話は数年前にさかのぼります。
□秋芳洞の照明、LEDに切り替え実験
  秋芳洞内には、鍾乳石や歩道を照らし出す水銀灯や蛍光灯など
  約280基設置されている。その光や熱の影響で、シダやコケ、カビ類が
  広く自生、鍾乳石が黒ずむなど生態系の変化が懸念されている。
  さらに放置すると、鍾乳石が植物の根で割れたりする恐れもあり、町が
  対策を急いでいた。照明器具は、山口大の協力を得て県産業技術セン
  ターが開発。白色などのLED144個が納まった照明器具1基を、入り口
  から約100m奥に設置した。見学に十分な明るさを保ちながらも、熱は
  ほとんど出さず、植物の光合成を抑える働きもあるという。
  同センターの専門研究員は「観光鍾乳洞の照明の影響は世界的に
  大きな課題。植物の繁茂を防ぎ、環境を破壊しないような
  照明器具の開発を急ぎたい」と期待を膨らませている。

                         出典:2007/11/13 西日本新聞
左:秋芳洞内の照明装置下に生育するシダ 右:実験用LED照明
(左:秋芳洞内の照明装置下に生育するシダ   右:実験用LED照明)
LED照明は省エネ・長寿命・環境への負荷が少ないなどの他に、発熱量が
低いという利点があり、商業施設などでは盛んに使われています。
観光洞窟でも、発熱量が低いLED照明は最適なようです。
関連リンクはこちらを↓
  □ 地方独立行政法人 山口県産業技術センター 電子応用グループ
  □ リサイクルニュース>07/11/13 秋芳洞の環境変化防げ 照明LEDに

今回のイベント『光響ファンタジー 水と大地の神秘』の美しさ・神秘さは
間違いなく折り紙付きです。ぜひ、多くの方に観て頂きたいと思います。
そして自然体系維持の難しさと、観光産業の「共生」する姿にも
思いを馳せて頂ければ幸いです。
地図リンクはこちらを↓(秋芳洞)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 石井幹子デザイン事務所
  □ カルストドットコム美祢市観光サイト
  □ みとう情報ナビ > 2009/04/20 「秋芳洞開洞100周年」ポスター
  □ みとう情報ナビ > 2009/01/06 100周年記念イベント情報
スポンサーサイト

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

シャンティ山口活動報告展
今日は、大正洞の駐車場横にある『写創蔵』というフォトギャラリーを
紹介しましょう。『写創蔵』は「しゃくら」と読みます。
「心を写し出す、創造する蔵」という意味だそうです。
秋吉台をベースとして様々な写真展を開催されていますが、現在は下記の
自然と共に生きる自由の民「モンの人々」写真展が、開催されています。
自然と共に生きる自由の民「モンの人々」写真展
転記しておきましょう。
自然と共に生きる自由の民「モンの人々」写真展
  開催期間:平成21年5月29日(金)~7月12日(日)
         中間休日:6月8日(月)~6月19日(木)の間
  開館時間:午前11時から午後4時まで
  休館日:毎週 水曜・木曜日
  入場無料
  同時開催:らん展(会員が丹精込めて栽培した蘭の展示)
  主催出展:NPO法人 シャンティ山口
  後援:地球環境基金・今井記念海外協力基金・
      (財)山口県国際交流協会

「モン族」とは東南アジアにある「タイ王国」に住む民族の一つです。
活動報告 ~16年の歩み~
  ・教育・伝統文化・高齢者福祉・女性自立・生活衛生・地域環境保全
    日本の農家の智恵「肥溜めと畑」をヒントに考案した、タイで好評の
    「自然循環式ガス発生バイオトイレ」の模型を展示して地球環境保
    全の啓発活動も行っています。

開催期間が長いので、ぜひ、ご覧頂きたい活動報告展です。
自然循環式バイオトイレ・・・気になります。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台フォトギャラリー 写創蔵)
Mapion
  □ 秋吉台フォトギャラリー写創蔵
  □ NPO法人 シャンティ山口
  □ 地球環境基金の情報館 - 独立行政法人環境再生保全機構
  □ 公益信託 今井海外協力基金
  □ 財団法人 山口県国際交流協会

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台ファミリーキャンプ 2
つい先日、「秋吉台少年自然の家」のイベント紹介をしましたが、
続けてパート2も募集しているようです。
前回は募集対象が「幼児(4歳・5歳)とその家族」でしたが、
今回は「小学生以上の親子および一般のグループ」になっています。
「秋吉台ファミリーキャンプ 2」~気軽にアウトドアを楽しもう~
読み難いところを転記しておきます。
「秋吉台ファミリーキャンプ 2」~気軽にアウトドアを楽しもう~
  開催日:平成21年7月11日(土)~12日(日)
  会  場:山口県秋吉台少年自然の家
  対  象:小学生以上の親子および一般のグループ
  定  員:40名程度
  参加費:大人(19歳以上) 3,000円(昼食代・施設利用料・保険料他)
        小人(18歳以下) 2,500円(昼食代・保険代他)
  申込期限:平成21年6月25日(木)必着
    (募集定員を超えた場合は抽選となります。ご了承ください。)
  主催者:山口県秋吉台少年自然の家


活動の内容としては、
  テント泊、バーベキュー、キャンプファイヤー、レクリエーション等
など、盛り沢山のようです。楽しそうですね。
幼児と違って小学生ぐらいになれば、自分のことは自分でできます。
得るものも多いかと思いますので、ぜひ、ご参加下さい。
申し込み先・方法や、詳細については主催者側サイトを参照下さい。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県秋吉台少年自然の家

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

三市 三翁24の物語
週末にかけて、雨だったり雲っていたりと、あまり天候は良くないようです。
さて今日は、「産業観光」に関連する話題を紹介しましょう。
少し時間が経過していますが、こんな記事が目に付きました。
  宇部、美祢、山陽小野田市の自治体や企業でつくる「宇部・美祢・山陽
  小野田産業観光推進協議会」が昨年、産業観光バスツアーのPR用に
  作ったポスターが、2009年度の「日本観光ポスターコンクール」(日本
  観光協会主催)で特別賞を受賞した。6月11日に東京で受賞式が開か
  れる。同コンクールは、観光振興の促進などを目的に1947年(昭和22)
  から同協会が実施し、今年で59回目。
  今回は全国から282点の応募があり、金賞(1点)、銀賞(7点)、
  特別賞(2点)、入賞(13点)の計23点が選ばれた。

                  出典:山口新聞 > ニュース > 2009/05/17
特別賞の受賞、おめでとうございます。
日本観光ポスターコンクール」は、観光宣伝ポスターの質的向上と国内
観光振興の促進を目的として、長い歴史を持つとともに、唯一の全国的
レベルでの観光ポスターコンクールなのだそうです。
どんなポスターなのか検索したのですが、山口新聞の掲載写真しか
見つけることができませんでした。
2009年度の「日本観光ポスターコンクール」で特別賞を受賞
小さい画像ですが、こんな感じです。かなり渋い大人のイメージですね。

このポスターに描かれている「三翁」とは、
  沖ノ山炭鉱を開いた渡邊祐策翁(宇部市)
  セメント製造会社を立ち上げた笠井順八翁(山陽小野田市)
  大理石採掘所を設立した本間俊平翁(美祢市)

この御三方。現在、「宇部・美祢・山陽小野田産業観光推進協議会」では、
三市、三翁24の物語」と銘打ち、三市の産業遺構、工場などを巡る
24種類のツアーをPRしています。(公式HPには20種類が掲載)
大人の社会派ツアー
「大人の社会派ツアー」・・・。なかなか硬派なツアータイトルですが、
内容はかなり親しみやすいものです。
全部は紹介できませんが、美祢エリアに関係するツアーとしては、
  -三翁物語-  本間俊平と美祢の白大理石
  -今昔物語-  無煙炭のまち大嶺
  -時事に迫る- 資源をどう活かす-セメントの道
  -時事に迫る- 資源をどう活かす-石灰石の多様な製品
  -時事に迫る- エネルギーを考える -美祢&宇部
  -時事に迫る- 食を担う者の誇りと責任 -美祢

他にもありますが、どれも身近であって興味を惹かれます。
普段立ち入ることが出来ない場所もあり、「産業観光」であることを実感
できるツアーです。この機会にぜひ、如何でしょうか。
関連リンクはこちらを↓
  □ CSRツーリズム 宇部・美祢・山陽小野田 産業観光ガイド
  □ 社団法人 日本観光協会
  □ 山口新聞 > 観光ポスター全国特別賞 宇部・美祢・山陽小野田
  □ みとう情報ナビ > 2008/10/09 炭鉱×アート バスツアー
  □ みとう情報ナビ > 2007/12/29 彩会・山口

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ドライブスタンプラリーに挑戦
ドライブが楽しめる季節になってきました。
さて、長州路観光連絡会が毎年発行するのが「下関・長門・美祢 山口県
西部 ドライブマップ」です。
下関・長門・美祢 山口県西部 ドライブマップ
今年で何回目になるでしょうか。すっかり恒例になっています。
秋吉台を除いた見所として、「大正洞」・「景清洞」・「景清洞トロン温泉」・
「秋吉台サファリランド」・「道の駅 みとう」が掲載されています。
美東の代表的な観光地・立ち寄り温泉・お土産購入可能場所です。
個人的には「金麗社」・「長登銅山跡」・「秋吉台オートキャンプ場」なども、
詳細を紹介して頂けると嬉しいのですが・・。
下関・長門・美祢 山口県西部 ドライブスタンプラリー
そして恒例の「下関・長門・美祢 山口県西部 ドライブスタンプラリー」です。
下関・長門・美祢 山口県西部 ドライブスタンプラリー
  参加要領:山口県西部、下関・長門・美祢の3つのエリアに設置して
         あるスタンプを、ラリー用紙に各エリア1つずつ集めて
         応募すると、抽選でステキな商品をプレゼント
  実施期間:平成21年4月1日(水)~平成22年2月28日(日)
  応募締切:第1回/7月末(8月抽選)
         第2回/10月末(11月抽選)
         第3回/2月末(3月抽選)
  当選発表:賞品の発送をもって代えさせていただきます
         (抽選月の下旬を予定)
  ご注意:応募は各回の締切ごとに、お一人様1回までとし、
       重複応募は無効

かなり期間の長いスタンプラリーです。(忘れてしまいそうですが・・)
こうした方法は観光客を広域的に呼び込むには、良い案だと思います。
ぜひご参加下さい。
ちなみに美祢エリアのスタンプ設置場所は、「道の駅 おふく」・
「梶岡牧場」・「秋芳洞案内所」・「秋吉台科学博物館」・「道の駅 みとう」・
「秋吉台エコ・ミュージアム」の6ヶ所があります。

このドライブマップ・ドライブスタンプラリーの他にも、下関・長門・美祢にある
3つの観光施設、しものせき水族館 海響館(下関)、金子みすゞ記念館
(長門)、秋芳洞(美祢)を相互利用できる共通券「長州路トライアングル
チケット」も販売されていますので、ぜひご利用下さい。
地図リンクはこちらを↓(道の駅 みとう)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 長州路観光連絡会HP
  □ 長州路観光連絡会HP > 山口県西部ドライブスタンプラリー
  □ カルスト日記 > 2009/05/13 山口県西部ドライブマップ
  □ みとう情報ナビ > 2009/01/09 三市広域観光協定

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

公共交通機関の不便性を実感
先日、美祢市役所に行ってきました。
本来なら車で約30分のところ、この日は車が使えない事情があって、
公共交通機関を使っての移動となりました。

美東地域には南北に走る防長交通と、秋吉~山口駅を結ぶJRバスが運行
しています。まずは最寄りのバス停から大田中央まで防長バスでの移動
です。十数年ぶりに地元の路線バスに乗りましたが、便数が少ないことに
改めて驚きました。以前はもっとあったような・・・。
防長バス
黄金色に色付く麦畑や、田植えを終えた風景を横目に見ながら約15分。
大田中央に着きました。ここでJRバスに乗り換えです。山口駅と秋吉を結
ぶ便数も少なく、一日に10便しかありません。その内、美祢駅まで行くのは
朝1便、夕方1便の2便だけです。今回は乗り換えの待ち時間が5分でした
ので良かったですが、時間帯によっては1時間以上待つ場合もあります。
美祢までの直行便がない時間帯でしたので、まずは秋芳洞まで行きます。
JRバス
所要時間は10分。360円でした。ここから美祢に行くにはサンデン交通を
利用します。ですが、下関~秋芳洞線は一日に8本しかありません。
ここでの待ち時間は58分でした。

余りに暇なので、秋芳洞商店街を往復しましたが、閑散としています。
そこそこお客さんの姿はありましたが、平日の小雨模様に加え、シャッター
を下ろしている店が意外と多いので、閑散としている印象を受けます。
何より商店街が歯抜けになっていて、目的地(秋芳洞)と駐車場とを足早に
急ぐ人にはアピールが不足しています。似たり寄ったりのお店に独自性を
持たせるとか、明るいイメージを持たせる(昔ながらの暗いお店が多い)
とか、今以上に一工夫しないとリピーターは望めない感じです。
なんだかんだと勝手な想像を膨らませながら、待ち時間を過ごしました。
サンデン交通
サンデン交通で美祢までは約25分。600円です。
車でなら約30分のところ、結局この日は乗り換えの待ち時間を含めて
2時間近くかかったことになります。少々疲れました・・・。

美祢市内の公共交通機関は、観光客にとってみても、車を利用できない
市民にとっても非常に不便であることを、実際に乗ってみて実感しました。
  美祢市は旧市町区域毎に整備された公共交通体系を継続しています。
  しかし、公共交通基盤が貧弱であることから、少子高齢化の進展に
  つれて、自家用車を運転できない人達の生活利便性が低下している
  ほか、年間60万人の集客数を誇る秋吉台・秋芳洞へのアクセス手段を
  自家用車に頼らざるを得ず、観光客数は減少傾向にあります。

    出典:美祢市総合政策部地域情報課>美祢市地域公共交通協議会
更に、対策としてこう続きます。
  交通網中における生活交通体系は、JR美祢線と、防長交通、サンデン
  交通、船木鉄道、ブルーライン交通、宇部市交通局、中国JRバスの
  6事業者による72系統の生活バス路線が運行しており、通勤・通学・
  通院など、交通弱者にとっては生活に密着した重要な交通手段と
  なっています。また、学校・公立病院・福祉施設への無料送迎バス、
  障害者の経済負担を軽減させるタクシーチケット制度など、地域公共
  交通の対策について合併前の枠組みで継承しています。

現在美祢市では、平成21年3月13日から『美祢市地域公共交通総合
連携計画 』を公表しています。これは、移動利便性の向上のため、
美祢市地域公共交通協議会で検討されているものが反映されています。
デマンドタクシーの活用や、平成11年に運行開始をしたコミュニティバス
あんもないと号)の範囲拡張など、色々と画策されているようですが、
やはり時間がかかりそうです。
あんもないと号
市内の観光地を活性化・連携化させることにも影響がありますが、高齢者
の多い地区では病院に行くことでさえ、不便を強いられます。
例えば美東地域から美祢市立病院に行くのに、2時間以上かかるのでは
やはり大きな問題です。

こうした問題は美祢市に限ったことではなく、全国各地で起きています。
簡単な解決策はありませんが、早期改善を期待しています。
関連リンクはこちらを↓
  □ 防長交通株式会社(防長バス)
  □ 中国ジェイアールバス株式会社(JRバス)
  □ サンデン交通株式会社(サンデンバス)
  □ 船木鉄道株式会社(船鉄バス・あんもないと号)

今回掲載した写真は色々なWebサイトからお借りしました。
実際にその路線を運行している型式ではない車輌もありますが、
イメージとして掲載させて頂きました。ありがとうございました。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

エコ・ミュージアムの6月
今日は、「秋吉台エコ・ミュージアム」6月の行事を紹介しましょう。
今回は、「山口県秋吉台少年自然の家」との共催です。
エコ・ミュージアムの2009年6月
少し文字が小さいようなので、いつものように転記しておきますが、
前段の「秋吉台お花畑プロジェクト」は、先日ご紹介しましたので、
リンク先を参照して下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/19 初夏:秋吉台お花畑プロジェクト

もうひとつの方をご紹介します。
秋吉台のカタツムリ
  開催日時:平成21年6月28日(日) 9:00~12:00
  集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
  参加対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
  場  所:秋吉台の草原と森林
  定  員:30名
  参加料:200円(大人のみ)


「山口県県民活動スーパーネット」というWebサイトにこんな解説が
ありました。引用させて頂きたいと思います。
  秋吉台の大地は、石灰岩でできています。
  陸の貝である「カタツムリ」の「殻」も石灰質でできています。
  こうした点から、秋吉台上および周囲の林には、たくさんの
  カタツムリたちが生活しています。
  石灰岩の表面に住む紅色の小さなカタツムリ、
  「ベニゴマオカタニシ」もその一つです。

実は私も、以前の学習会「秋吉台のカタツムリ」に参加させて頂きました。
実際に「ベニゴマオカタニシ」を見つけることが出来たのですが、
2mm前後のとても小さなカタツムリでした。
現在、山口県では「準絶滅危惧」に指定されています。
「タキカワオオベソマイマイ」なども県内にのみ生息しています。
大切に見守りたいですね。
詳細・お申し込みについては下記リンク先をご覧下さい。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台エコ・ミュージアム)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム
  □ 山口県秋吉台少年自然の家
  □ かたつむりの館
  □ レッドデータブックやまぐち> 陸・淡水産貝類> ベニゴマオカタニシ

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

親子でテントでのんびりと
午後からパラパラと雨が降ってきました。
雨の影響よりも、強い風に時折「ハッ」としてしまいます。

さて今日は「秋吉台少年自然の家」のイベント参加募集を紹介しましょう。
今年もファミリーキャンプの企画が開催される時期になりました。
「秋吉台ファミリーキャンプ 1」~親子でテントでのんびりと~
読み難いところを転記しておきます。
「秋吉台ファミリーキャンプ 1」~親子でテントでのんびりと~
  開催日:平成21年6月27日(土)~28日(日)
  会  場:山口県秋吉台少年自然の家
  対  象:幼児(4歳・5歳)とその家族
  定  員:40名程度
  参加費:大人(19歳以上)3,000円(昼食代・施設利用料・保険料他)
        小人(18歳以下)2,500円(昼食代・保険代他)
  申込期限:平成21年6月11日(木)必着
    (募集定員を超えた場合は抽選となります。ご了承ください。)
  主催者:山口県秋吉台少年自然の家

活動の内容としては、
  テント泊、バーベキュー、キャンプファイヤー、レクリエーション等
など、盛り沢山のようです。楽しそうですね。
やはり「少年自然の家」主催ですから、目的意識もはっきりしています。
  秋吉台の大自然の中でのテント泊や野外炊事を通して、
  自然のすばらしさや家族で活動することの楽しさを体感する。

テントは自然の家で準備されるそうなので、参加しやすい企画です。
申し込み先・方法や、詳細については主催者側サイトを参照下さい。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県秋吉台少年自然の家
  □ 山口県 > 「ファミリーキャンプ1~親子でテントでのんびりと~」開催
たまには親子で、ゆっくりキャンプをするのも良いものです。

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

#2 ドリームナイト・アト・ザ・ズー
関西では新型インフルエンザの影響で、店頭のマスクが品切れだと報道
されています。大阪に住む義妹から「山口でマスクを買って送って欲しい」
とのメールが・・。早速、買いに出掛けましたが、ドラッグセガミ 美東店・
ホームプラザナフコ美東店・美東薬局(サィサィ内)共に品切れでした。
今後の予防対策なのか、私と同じように関西方面の方に支援するためか
分かりませんが、やっぱりこの状況は尋常ではないですね。

さて、今日の話題です。
新聞掲載やネットでも情報が公開されていますが、秋吉台自然動物公園
サファリランドがボランティアを募集しています。
まずは、その国際的なイベントの紹介です。
#2 ドリームナイト・アト・ザ・ズー in Safari
#2 ドリームナイト・アト・ザ・ズー in Safari
  開催日:平成21年6月6日(土)
  時間:16:00~20:00
  主催・場所:秋吉台自然動物公園 サファリランド

普段、外出することに少し抵抗を感じる障害者の方々にとっては、
楽しんでもらえる良い企画だと思います。

「ドリームナイト」とは毎年6月の第1金曜日の夜、障害のある子どもたちと
家族を動物園に招待して、楽しいひとときを過ごしてもらおうとする
国際的なイベントです。
ドリームナイトとは
  ドリームナイト・アット・ザ・ズーは、毎年6月の第一金曜日の夜に、
  障害のある子どもたちとその家族を動物園に招待し、気兼ねなく楽しい
  ひとときを過ごしてもらう国際的なイベントです。
  1996年にオランダのロッテルダム動物園が癌を患っている子どもたち
  175人とその家族を招待したことからはじまりました。
  各動物園はそれぞれ独自のやり方でドリームナイトを企画することが
  できますが、すべての動物園は子どもたちをVIPとして歓迎しなくては
  なりません。子どもたちは音楽やピエロ、そして動物達によって暖かい
  歓迎を受けます。
  そして、好きなだけ飼育係に質問し、できるだけ動物に近づき、一般
  来園者よりもずっと近くで動物を感じることができるのです。
                      出典:DreamNight at the Zoo より意訳

ドリームナイト・アト・ザ・ズー
2009年4月現在、世界36ヶ国 194の動物園・水族館が登録しています。
「秋吉台自然動物公園 サファリランド」は平成19年12月に、イベントを
管理する財団に登録されたそうで、今回が第2回目となります。
ただし、多くの人に参加してもらいたい趣旨で、第1金曜日の夜ではく、
第1土曜日に開くそうです。その方が参加しやすいでしょうね。
日本では3園が財団に登録されているようですが、意外と少ないことに
驚きます。もっとあってもよい気がしますが・・。

そのお手伝いをしていただく、ボランティアの募集です。
#2 ドリームナイト・アト・ザ・ズー in Safari ボランティア募集
  応募資格:18才以上で普通自動車免許をお持ちの方
  応募受付期間:平成21年5月11日(月)~5月30日(土)
  募集人数:20名(応募者多数の場合は抽選になります)
  内容:参加者の皆様の誘導・ご案内・
      ふれあい広場のサポート・各種イベントの手伝い
  事前研修:平成21年5月31日(日)13:00~15:00 同園にて
  申込・問合せ先:秋吉台サファリランド 企画部 ボランティア募集係

既にボランティア募集の受付が始まっています。
社会に貢献するサファリランドのボランティアに参加してみませんか。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台自然動物公園 サファリランド)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ DREAMNIGHT AT THE ZOO
  □ 秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP
  □ 宇部市社会福祉協議会 > 新着情報 >
           「ドリームナイト・アト・ザ・ズーin Safari」の招待について

  □ 毎日jp(毎日新聞) > 地域ニュース > 山口 > 2009/05/16
     秋吉台サファリ:障害のある子どもたち招待 ドリームナイト来月6日

  □ みとう情報ナビ > 2008/04/19 ドリームナイト・アト・ザ・ズー

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

初夏:秋吉台お花畑プロジェクト
今日は、「山口県秋吉台少年自然の家」のイベントを紹介しましょう。
今回は、「秋吉台エコ・ミュージアム」とのW主催です。
秋吉台お花畑プロジェクト
少し文字が小さいようなので、いつものように転記しておきましょう。
秋吉台お花畑プロジェクト
  日時:第1回目 平成21年6月13日(土)
      第2回目 平成21年10月12日(月・祝)
  場所:秋吉台少年自然の家および周辺
  対象:小学生以上で秋吉台の自然や草原に興味のある方
      (18歳以下は保護者同伴)
  定員:30名(先着順)
  参加料:大人 800円 (昼食代、施設使用料等)
        小人(18歳以下) 700円 (昼食代)
        ※参加料は毎回、当日徴収
  主催:秋吉台エコ・ミュージアム、秋吉台少年自然の家
  後援:美祢市、赤郷地域ふるさとづくり協議会


お申し込みについては、山口県秋吉台少年自然の家までお願いします。
  申し込み期限:平成21年6月5日(金)
秋吉台の草原には春から秋にかけていろいろな花がさきます。
草丈の高いもの低いもの、花の色も黄、赤白、青など色とりどりです。
草原の草を刈り取り、そこにどんな草花が咲くのか、秋が楽しみです。
  刈った草を利用して野菜を育て、安全で安心な美味しい地元の食材を
  味わうことも楽しみです。

刈った草を堆肥に利用して育てた野菜を「草原野菜」と呼んでいます。
これは健康的で美味しそうです。
この機会に、ぜひご参加下さい。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム・・・HPがリニューアルされています
  □ 山口県秋吉台少年自然の家
  □ 秋吉台草原ふれあいプロジェクトHP
  □ 秋吉台草原ふれあいプロジェクト(舞台裏)・・ブログ
  □ 赤郷地域ふるさとづくり協議会

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

おもいっきり美東体感塾-2009
新型インフルエンザが予想以上に猛威をふるっています。今日現在は
兵庫・大阪に集中していますが、いつ山口に飛び火するかも知れません。
大阪方面にお出掛けの方はお気を付け下さい。
聞いた話によると、美東中学校の修学旅行は大阪方面だとか。
楽しみにしていた修学旅行が中止にならなければよいのですが・・。

さて今日は、「桂岩ふれあいセンター」が毎年開催している
『おもいっきり美東体感塾』を紹介しましょう。
今年度は「日帰り体験コース」として、6月7日(日)・10月25日(日)・
12月13日(日)の3回が予定されています。
おもいっきり美東体感塾-2009
現在、6月7日(日)の日帰り体験コースが募集を開始しています。
日帰り体験コース(昼食付)
  開催日時:平成21年 6月7日(日) 10:00~15:00
  開催場所:美祢市美東町大田 桂岩地区 「美東桂岩ふれあいセンター」
  参加料:大人 2,500円、小・中学生 1,500円、小学生未満 500円
   ※ 参加料には食事・材料・傷害保険料が含まれます。
  開催内容:日帰り体験コース
     田植え体験・野菜(サツマイモ)の植付体験・
     「チーズ」づくり・昼食(旬の食材を使った懐かしい味を)
  申込み締め切り:平成21年5月28日(木)まで
  問合せ・申込先:桂岩ふれあいセンター、
             美祢市美東総合支所建設経済課
  その他:10月25日「稲刈り体験」、12月13日「餅つき体験」の計画


旧美東町HPがネット上から無くなって久しく経ちますが、付随していた
「桂岩ふれあいセンター」のHPも消滅してしまいました。
遠方の方がこの情報を手に入れようとすると、簡単にはいきません。
私はたまたま掲示してあった募集要項を写真に撮って掲載させて頂きまし
たが、美祢市のHPや観光関連のサイトを探しても、事前にこの情報を得る
ことができませんでした。
リピーター中心の企画ならば別ですが、広く募集をかけるのであれば
今後は何とか改善していただきたいと願っています。
地図リンクはこちらを↓(桂岩ふれあいセンター)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 中国四国農政局 > 都市と農村の交流 > 桂岩ふれあいセンター
  □ やまぐち地域資源バンク > やすらぎの里 桂岩ふれあいセンター
  □ 農林漁業体験学習ネット >農業体験学習 >桂岩ふれあいセンター
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/12 やまぐち地域資源バンク
  □ みとう情報ナビ > 2006/10/03 おもいっきり美東体感塾

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

一言日記
今日は新聞報道に関しての、一言日記です。

文化庁の文化審議会は15日、昨年2月に幹が折れた美祢市秋芳町青景地区にある国指定天然記念物「共和のカシの森」の指定解除を塩谷立文部科学大臣に答申した。近く答申通り指定解除される。

残念です。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 美祢の折れた「共和のカシの森」国の天然記念物解除

もうひとつは・・。

美祢市美東町の国指定史跡・長登銅山跡に完成した「長登銅山文化交流館」が15日、開館から3週間で入館者1000人を突破した。

おめでとうございます。
地図リンクはこちらを↓(長登銅山文化交流館)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 美祢の「長登銅山文化交流館」開館3週間で1000人
  □ みとう情報ナビ > 2009/04/28 長登銅山文化交流館が開館
                     ・・・んー、ホントに一言だと味気ないな。

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

さくら振興券販売開始
国の緊急経済対策の一環として市町村ごとに交付する地域振興券事業
ですが、今日から美祢市でも販売が開始されました。
さくら振興券(期限付プレミア商品券)
美祢市の地域振興券の名称は『さくら振興券(期限付プレミア商品券)』。
新しく決まった市の花「サクラ」から付いた名称のようです。
さくら振興券は、美祢市商工会・山口美祢農業協同組合・美祢市役所の
各本庁・支所・出張所で購入できます。
市内の消費拡大に期待したいところですね。
ちなみに、取扱加盟店が約200店舗以上あるそうです。

また、美祢市内では「定額給付金」の支給も既に始まっています。
定額給付金事業:施策の目的
  景気後退下での住民の不安に対処するため、住民への生活支援を
  行うことを目的とし、あわせて、住民に広く給付することにより、地域の
  経済対策に資するものです。
                 出典:総務省 > 政策 > 定額給付金について

更に、多子世帯の幼児教育期における子育てを支援することを目的とした
「子育て応援特別手当」も美祢市では給付が実施されています。

「生活対策」と銘打った、ETCを活用した高速道路料金の引き下げも同じ
ですが、景気回復と生活安定の支援としての施策がこのところ活発です。
私たちにとっては歓迎できる施策だと思います。
ただ、そのツケがどこに回ってくるかを考えると楽観視できないのも事実
です。将来、消費税が上がるのは確実ですし、子や孫の世代に負担が
大きくなるのも避けることができません。
まぁ、今ここで、あれこれと足掻いても仕方ありませんので、地域振興券・
定額給付金・子育て応援特別手当等、大いに使って少しでも消費拡大・
景気回復を図りたいものです。
関連リンクはこちらを↓
  □ 美祢市応援ネット > 美祢市商工会
  □ 美祢市HP > 総合政策部企画政策課 > 定額給付金について
やまぐちの田舎体験
最近、街中でこんなパンフレットを見つけました。
やまぐちの田舎体験
山口県、やまぐち元気!むらまち交流推進協議会が発行している、
「やまぐちの田舎体験 ガイドブック」です。
やまぐちスロー・ツーリズムとは
  山口県は三方が海に開け、西中国山地に代表される山岳地帯や長く
  美しい海岸線、そして広く肥沃な平野など、山・里・海にまたがる豊かな
  自然があります。また、それぞれの土地には、人々の生活に根ざした
  特徴ある歴史や文化が今日も息づいています。今、これらの自然や
  文化を次世代に繋いでいくための活動が、多くの人々により、さまざまな
  かたちで取り組まれています。
  山口県では、その土地ならではの食材を活かした郷土料理の提供、
  こだわりの特産品の開発、農林漁家民宿の取り組みなど、地域の魅力
  を高め、「住む人」・「訪れる人」ともに地域の時間・空間・文化などを
  ゆっくりと楽しむ「やまぐちスロー・ツーリズム」を推進しています。

          出典:田舎体験に行こう!やまぐちスロー・ツーリズムweb

県内全域の紹介は多過ぎて無理なので、美祢市内の体験プログラムを
今日は紹介しましょう。
農林漁業わくわく体験
 ○きららオーガニック・ライフ (美祢市美東町真名841-1)
  花の摘み取り体験、ブルーベリー狩りなど盛りだくさん
   きららオーガニックライフ内に09年1月にオープンした「花摘みハウス」
   では初春からGW頃にかけて、チューリップやスイートピーなどが約3万
   本!6月後半からお盆の時期にはブルーベリー狩りもできる。
   摘み取り体験で自然とふれあい、旬を感じてみてはいかが?

関連リンクはこちらを↓
  □ きららオーガニック・ライフ

手づくり挑戦体験
 ○秋吉台家族旅行村 (美祢市秋芳町秋吉1237-553)
  クラフト体験や農業体験まで楽しめるキャンプ場
   ここは、日本最大のカルスト台地、秋吉台の一角にあるリゾート村。
   家族や仲良しグループで、気軽に手づくり体験に挑戦できる。
   秋吉台に自分専用の畑が持てるオーナー農園もオススメ!

関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台家族旅行村

 ○森の駅 (美祢市大嶺町奥分三ツ杉3073-2)
  森の生活をまるごと体験できる!
   森の駅とは、森林を身近に体験して楽しみながら森林の大切さを知る
   ための「始発駅」。県が認定する里山マイスター・園田さんの森3haの
   デッカイ森を舞台に、何をどう楽しむかはアナタ次第。
   雑木林の伐採やキノコ狩り、炭焼きなど、森の生活を体験してみよう。
   森の中で食べる手づくりピザやバームクーヘンの味は最高!

 ○道の駅おふく (美祢市於福町上4383-1)
  温泉のある道の駅!草木染め体験もできる。
   美祢市於福の国道316号沿いにある道の駅。ここには、温泉、足湯、
   そして、“サラダほうれんそうシャーベット”が大人気!
   また、駅長自らインストラクターとなる草木染め体験で、オリジナル
   ハンカチを作ってみません?

関連リンクはこちらを↓
  □ 道の駅おふく・於福温泉

自然にどっぷり体験
 ○秋吉台地域エコツーリズム協会 (美祢市秋芳町秋吉)
  3億5千万年前~現在まで・・秋吉台のでっかい自然の歴史を体感
   秋吉台地域における自然や歴史、文化を守りながら、地域の観光を
   活性化させようと取り組む秋吉台のエキスパート。
   エコツーリズムの案内人となるメンバーには、1年のうち300日も
   この地に足を運んでいるという「ザ・秋吉台」なる人も!

関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > 春エコツアー

お泊まり体験
 ○体験民宿「ほっとビレッジ美東 (美祢市美東町赤3043-1)
  秋吉台のど真ん中にある、あったか民宿
   自然豊かな秋吉台のど真ん中にある体験民宿「ほっとビレッジ美東」。
   季節に応じた体験メニューが一年中楽しめるところ!しかし、ここの
   オススメは何といっても体験を通じての交流。宿主である中屋さんの
   あったかな人柄と笑顔にとりこになること間違いなし!
   帰りには「また来ま~す!」が定番のあったか民宿だよ!

関連リンクはこちらを↓
  □ 自然体験民宿・ほっとビレッジ美東

スローなフード体験
 ○弁天会館 (美祢市秋芳町別府水上)
  きれいな水で育った歯ごたえ抜群!のニジマス
   名水100選に選ばれた「弁天池」の水を使った養殖場で育ったニジ
   マスの料理が自慢。注文後、店内の生け簀から出し、調理するので
   活きのよさは言うまでもなし。
   釣ってきたニジマスも調理してくれる。(別料金)

 ○梶岡牧場ファイアーヒル (美祢市伊佐町河原789)
  大自然に囲まれた中でブランド和牛を存分に
   梶岡牧場直営のレストラン。イチオシは、飼料から徹底管理で飼育を
   するブランド和牛「安愚楽(あぐら)黒毛和牛」でサーロインステーキの
   脂のサシは見事!店内には牛の個体識別番号が掲示され、
   牧場主のプライドと自信が表れている。

関連リンクはこちらを↓
  □ 農業生産法人 有限会社 梶岡牧場

美祢市・秋吉台地域では「エコツーリズム」が盛んですが、
「スロー・ツーリズム」は少し意味合いが違います。
どちらも実感して頂くのが最善の方法でしょう。
ぜひ、お気軽にご参加下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県公式HP > 地域振興部 > 中山間地域づくり推進室
  □ 田舎体験に行こう!やまぐちスロー・ツーリズムweb
  □ 旅の情報とエッセイ > スローツーリズム論

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

薬師霊場 常福寺
夕方から久しぶりの雨が降ってきました。
農繁期でもあるこの時期、恵みの雨となるでしょう。

さて、「長登銅山文化交流館」の開館に沸く大田長登地区ですが、この
地区には他にも見所が多くあります。春は「長登のシダレザクラ(市指定
文化財)」、秋には「明楽寺の大イチョウ(市指定文化財)」が目を惹きます。
「みとう史跡・名勝ガイド」によると、明楽寺の近く、「普門山 常福寺」には
『地蔵菩薩坐像』があるそうですが、普段は拝めないので、今日は視点を
変えて「常福寺」そのものを紹介しましょう。
薬師霊場 常福寺-1
「山門」です。ここで疑問が・・。
なぜ、お寺の門を「山」の「門」と呼ぶのでしょうか。調べてみると、初期の
お寺の多くが山岳霊場にあったことが云われのようですね。平地に建てら
れるようになってからも、「山門」という呼び名が残ったそうです。
薬師霊場 常福寺-2
山門の脇に「戒壇石(かいだんせき)」がありました。結界の石ですね。
写真では文字が読み難いですが、『不許葷酒入山門』と刻まれています。
不許葷酒入山門 [葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず]
  臭いが強い野菜[葱(ねぎ)・韮(にら)・大蒜(にんにく)など]は他人を
  苦しめると共に自分の修行を妨げ、酒は心を乱すので、これらを口に
   した者は清浄な寺内に立ち入ることを許さないということ。
  「葷(くん)」とは、ニンニク・ネギ・ニラ・ラッキョウ・ノビルなど、においが
  強くくさい野菜のことをいい、これらの五つの野菜を五葷という。

戒壇石による結界があるということは、ここが禅寺であることを示します。
薬師霊場 常福寺-3
階段を登ると正面に本堂です。
こうしたお寺には珍しく、出入口が建物(屋根)の中心からズレています。
意図的なのか、偶然そうなったのかは分かりません。
薬師霊場 常福寺-4
扁額には「普門山」とあります。
  「普門山」とは私たちが住む、この世をさす名称で、出口もなければ
  入口もない世にあって、普く随所において門となすのが仏門です。

薬師霊場 常福寺-5
本堂の左手には薬師堂があります。
これが「中国四十九薬師霊場」の第28番札所です。
中国四十九薬師霊場
  第28番 普門山 常福寺(じょうふくじ):曹洞宗
  山口県美祢市美東町長登481

平成9年に開創された新しい霊場ですが、札所・寺院はそれぞれ古くから
薬師信仰を伝えてきたお寺です。
薬師堂には「一に○の紋」、一畑薬師の紋がありました。

美東地区には「中国四十九薬師霊場」の他、「長門三十三観音霊場」も
あります。気候の良いこの時期に、巡ってみるのは如何でしょうか。
地図リンクはこちらを↓(常福寺)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 真言宗 御室派 薬師寺 >中国四十九薬師霊場一覧
  □ しぇるぱ散らし踏み >中国四十九薬師霊場巡拝 >第28番常福寺
  □ 一畑薬師(総本山一畑寺)公式HP
  □ みとう情報ナビ > 07/11/22法香院観音堂(長門三十三観音霊場)

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

大仏モニュメント
春とは思えぬ暑い日が続きます。そんな今日の一枚。
大仏モニュメント-1
御山トンネルの大仏モニュメントです。
美東の象徴・イメージである大仏さまをモチーフにした、銅版(?)の
プレートが御山トンネルの片側(秋芳側)にありました。
御山トンネルは、旧美東町・旧秋芳町のバイパス(市道:御山聞波目畑線)
として、1997年(平成9年)12月に完成したそうです。
延長は257.0m、幅員が7.50m、高さは4.5m。
このバイパス道路が完成・開通したのは、2004年(平成16年)2月2日です
から、トンネル完成から少し時間が空いています。
大仏モニュメント-2
山口市と秋吉台・秋芳洞を最短で結んだルートです。
こうしたモミュメントには、あまり注目されませんが、じっくり見ると面白い
モノです。美東地区には今でも多くの大仏をモチーフとした像や看板があり
ますが、どれも微妙に違いますね。
味があると言うか、統一されていないと言うか・・・。
全部の写真を撮って、一同に比較してみると面白いかも知れません。
地図リンクはこちらを↓(御山トンネル)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/05 道路はお金が掛かります
カキツバタが見頃-2009
カキツバタが見頃-2009-1
県内最大のカキツバタの自生地として知られる二反田ため池で、県の自然
記念物に指定されているカキツバタが見頃を向かえています。
カキツバタが見頃-2009-2
昨年は5月21日頃でしたので、かなり早いようです。今年は桜をはじめ、
どの花も見頃の時期が早まっていることが実感できます。
カキツバタが見頃-2009-3
早目の開花になったものの、ここのところの晴天続きで、カキツバタには
元気がありません。適度な雨が欲しいところです。
カキツバタが見頃-2009-4
見頃はしばらく続くと思いますので、多くの方に観にきて頂きたいと
思います。
地図リンクはこちらを↓(二反田ため池の湿地植物群落)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 2009/05/06 カキツバタ開花前、周辺清掃―美祢
  □ みとう情報ナビ > 2008/05/21 カキツバタが見頃-2008
  □ みとう情報ナビ > 2008/04/27 カキツバタを守る会
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/11 カキツバタが見頃-2007
  □ みとう情報ナビ > 2006/12/05 二反田のカキツバタ(2006)
カキツバタが見頃-2009-5

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

草原遊びと森のピザ屋さん
今日は地域限定ですが、楽しいイベントのお知らせです。
第11回「まちの子はみんなわが子」
  草原遊びと森のピザ屋さん
  日時:平成21年6月7日(日) 10:00~14:00(雨天決行)
  場所:山口県秋吉台少年自然の家
  内容:親子レクレーション・大型紙芝居・ピザ作り他
  昼食:森のピザ屋さん
  参加費:700円(小学生以上) 300円(2才以上)
  主催:美東町地域活動(母親クラブ)連絡協議会

主催者側からのコメントとして、
  初夏の秋吉台で、子ども達や大人もさわやかな風をいっぱいに受けて
  思いきり遊んだり、野原で採れる草花も使ってピザを作って
  食べませんか。今回は、親子レクリエーションと、いるかさんによる大型
  紙芝居を見たりして、みんなで楽しいひと時を過ごしたいと思います。
  是非、みなさまの御参加をお待ちしています。


楽しそうなイベントですね。参加申し込み方法は、
  申し込み書に記入され、各保育園、小学校、公民館、または、
  社会福祉協議会へ提出してください。詳しくは各単位クラブ会長まで。
   (子どものみの参加もよろしいです。ご相談下さい。)

申し込み期限は、平成21年5月22日(金)までだそうです。
秋吉台でのイベントは、いつもワクワクさせられます。
ぜひ、ご参加を。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県秋吉台少年自然の家
  □ みとう情報ナビ > 2008/05/22 森のピザ屋さんとお手玉名人
  □ みとう情報ナビ > 2007/06/25 美東の母親クラブ
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/09 森のピザ屋さん(2007)

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

第8回歴史講演会
『「大田・絵堂の戦い」を顕彰しよう会』が毎年5月に開催している、「殉難者
供養会」と「歴史講演会」が、今年も開催されます。
平成14年から始まって、今年で8回目です。
今日はこの歴史講演会を紹介しましょう。
第8回歴史講演会
読めるとは思いますが、検索にかかるよう、転記しておきましょう。
第8回歴史講演会
  日時:平成21年5月24日(日) 13:40~15:30
  場所:美祢市美東センター(旧美東町民センター)大ホール
  演題:生き方の鑑としての歴史 PartⅡ
  講師:占部賢志氏(福岡県立高校教諭・NPO法人「師範塾」塾長)
  料金:聴講無料
  主催:「大田・絵堂の戦い」を顕彰しよう会
  後援:美祢市・美祢市教育委員会
 ※講演に先立ち13:00から「大田絵堂戦没殉難者供養会」も営まれます。

主催者側の主旨としては
  明治維新の重大な契機となった「大田・絵堂の戦い」を郷土の歴史と
  して検証・顕彰するとともに、その歴史の知恵からよりよき明日の
  地域や歴史教育の大切さを考えてみよう。

と、言うことなんだそうです。
美祢市美東町は『 明治維新発祥の地 』と称されていますが、吉田松陰を
生んだ萩市や、高杉晋作が決起した功山寺のある下関市などと比較すると
いまひとつ認知度は低いように感じます。(かなり低いです。)
これを機会に、多くの方に美東をもっと良く知って頂きたいと思います。
地図リンクはこちらを↓(美祢市美東センター:旧美東町民センター)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口敏昭 > 大田・絵堂の戦いを顕彰しよう会

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ストロベリーキャンドル-2009
(昨日の記事の続き)美東町展望台からの秋吉台を堪能した後は、
あまり知られていない花の名所の状況を確認してきました。
ストロベリーキャンドル-2009-1
知る人ぞ知る、ストロベリーキャンドルの群生です。
4年前に偶然知ってから、毎年観に行っています。
緑の秋吉台が紅く色付く風景は、何度見ても感動しますよ。
ストロベリーキャンドル-2009-2
前にも書きましたが、意図的に植えたものではないでしょう。
やはり、「クリムソンクローバー(真紅のクローバー)」や「ベニバナツメクサ
(紅花詰め草)」などと呼ぶよりも、個人的には「ストロベリーキャンドル」と
いう名が私は気に入っています。
ストロベリーキャンドル-2009-3
だいたい毎年5月中旬が見頃だと思っていましたが、今年は桜の開花も
早かったので、少し早目に確認に来ました。
見頃はもう少し先でしょうか。今週末から来週末までという感じです。
ストロベリーキャンドル-2009-4
もっと密度が高く、もっと一面に広がると、観光スポットになるかも知れませ
ん。ですが、ここは県育成牧場の敷地だと思いますので、大勢の人が訪れ
るのも問題があるでしょう。
知られていない花の名所は、知られない方が良いのかも・・。
難しい所ですが、私は来年もまた見に来たいと思います。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台三角原周辺)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2008/05/12 気になるスポットへ
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/14 ストロベリーキャンドル
ストロベリーキャンドル-2009-5

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

GWの秋吉台
ゴールデンウィークも最終日。
この期間中、ETC1000円の恩恵もあって、いつもの年以上に各観光地では
賑わいを見せていました。賑わうというより、渋滞・混雑の方が適切な言葉
かも知れません。他府県ナンバーが多数を占めるGWでした。
キッズサファリのオープンした秋吉台サファリランドや大正洞・景清洞、カル
ストロードへ向かう県道28号線から32号線は長い渋滞が出来ていました。
サファリまで約4kmの長い列です。一年で一番混雑する時期ですね。
最終日の今日も、いつも以上に混雑は続いていました。

今日はそんな秋吉台をちょっとだけ紹介しましょう。
山焼きの後、随分と緑が濃くなってきました。
GWの秋吉台-1
美東町展望台(奥秋吉台展望台・長者ヶ峯展望台)から見た秋吉台・カル
ストロードです。3枚の写真をつなげましたので、小さくなってしまいました。
画像をクリックして頂くと、大きな画像でその様子を見ることが出来ます。
GWの秋吉台-2
個人的にはココから見る長者ヶ森・地獄台方面の風景がお気に入りです。
少し右(北東)に目をやると、長者ヶ森、北山、そして長者ヶ森駐車場が
見えてきます。
GWの秋吉台-3
駐車場も混雑しているようです。
もう少しアップで撮ってみました。
GWの秋吉台-4
GWの最終日にも係わらず、駐車場はほぼ満杯のようです。
気になったのは北山の斜面。
頂上に向かって道のようなY字のルートが見てとれます。
本来ここにはルートはないはずです。最短距離を登りたい気持ちも分かり
ますが、正しいルートで北山に登って欲しいと思います。
地図リンクはこちらを↓(長者ヶ森駐車場)
  Mapion

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

エコ・ミュージアムの5月
5月5日はこどもの日。
今日は、ぜひ子どもたちに参加して頂きたい、「秋吉台エコ・ミュージアム」
5月の行事を紹介しましょう。
エコ・ミュージアムの2009年5月
読めそうですが、いつものように転記しておきましょう。
社会教育ボランティアグループ 菊川町星を観る会 主催
秋吉台で星を見よう!
  日時:平成21年5月16日(土) 20:30~(雨天・曇りの場合は中止)
  集合場所:秋吉台 カルストロード 長者ヶ森駐車場
  対象:どなたでも(中学生以上は保護者同伴)
  参加方法:現地集合(申込み不要
  参加料:無料
  持ち物:防寒着・懐中電灯・お持ちの方は星座早見盤

定期的なイベントですね。
今回は「土星、春・初夏の星雲・星座の観望」がテーマです。
予約・申込み等が必要ないので、気楽に参加して下さい。
地図リンクはこちらを↓(長者ヶ森駐車場)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 菊川町星を観る会 応援するホームページ
  □ みとう情報ナビ > 2007/11/16 秋吉台で星を見よう!

そして、もうひとつ。
「カエルが待っている」
  田んぼはカエルの大合唱!7種類のカエルに出会えるかな
  日時:平成21年5月17日(日) 9:00~12:00
  集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
  観察場所:秋芳町嘉万麓の田んぼ
  対  象:4才以上
  定  員:20名
  参加料:無料
  持参品:泥に汚れてもいい服・長靴・雨具・あみ・
        カエルやオタマジャクシを入れる容器
  ※小雨の場合、観察会は行います。

昨年もこのイベントは開催されましたが、確かその時は「6種類のカエルに
出会えるかな」でした。1種類増えましたね。
秋吉台の麓の田圃で、カエルについて専門家がクイズや遊びをまじえて
楽しく解説しくれます。
詳細・お申し込みについては下記リンク先をご覧下さい。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台エコ・ミュージアム)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム

「カエル」と言えば、モリアオガエルの産卵時期も5月初~中旬です。
「日本南西端の産卵地」という事と、「1m以上にもなる卵塊」が有名ですが
結局一度も見れず終いでした。今年は見たいなと思っています。
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/24 カエルの産卵地

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

美祢市の友好都市
(昨日の記事の続き)大正洞園地のふじを観出たあと、ふと目をやると
記念植樹-2009
「山口県・慶尚南道姉妹提携20周年(昭和62年6月提携)記念」の記念
植樹がありました。記念植樹に選ばれたのは韓国の国花「ムクゲ」。
ムクゲは次々と花が咲く樹木であり、「永遠」の友好のシンボルとして
選定されたそうです。しかしながら、昨年の記事で紹介した時と、ほとんど
成長していないように感じるのは私だけでしょうか。
記念植樹-2008
↑昨年4月末の様子。比較すると・・、少しは高く伸びているようです。
花が咲くのはいつのことでしょう。
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2008/04/26 大正洞園地

今日はGWネタとは程遠い、美祢市の友好都市について紹介しましょう。
まずは山口県の友好・姉妹提携都市の紹介から。
  山東省(さんとうしょう):中華人民共和国 1982(昭和57)年8月12日提携
  慶尚南道(キョンサンナムド):大韓民国 1987(昭和62)年6月26日提携
  ナバラ州:スペイン 2003(平成15)年11月11日提携

上記の三つ。県HP国際課の表記では、山東省が「友好提携先」で、慶尚
南道とナバラ州が「姉妹提携先」となっています。ここで疑問が・・。
よく使われている、姉妹都市・友好都市・親善交流都市の違いは
何なのでしょうか?ちょっと調べてみました。
  友好都市:文化交流などの親善を第一の目的として結びついた
          都市との関係を指す
  姉妹都市:友好都市と同じであるが、その結びつきが友好都市
          以上の歴史的絆による
  親善交流都市:それぞれ歴史的な縁による結びつきはあるが、
             交流状況が友好都市までいたらないもの

某Webサイトには、こう書かれていましたが、明確な定義はないそうです。
ただ、「姉妹」を用いると、どちらが姉か妹かという上下関係の問題が生じる
ことから、「姉妹都市」という言い方は避け「友好都市」という呼称が用いら
れることが多いようですね。(明確な定義があれば、お教え下さい。)

さて美祢市ですが、旧美祢市であった1993(平成5)年6月1日、中国の
棗荘(なつめしょう)市と友好都市の協定を結んでいます。
一市二町の合併に伴い、新美祢市として改めて中国山東省の棗荘市と
友好都市の協定を結んだそうです。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 2009/04/04 美祢市、中国・棗荘市と友好都市協定

たまに交流の様子を新聞やテレビ、県の報道で見かけます。
自然環境保全活動シンポジウム
平成19年(2007年)10月6日に秋吉台国際芸術村で開催した「自然環境
保全活動シンポジウム(山口県・山東省・慶尚南道 トライアングルフォー
ラム分科会)」の報告書のリーフレットです。交流の様子が分かります。

ですが、全般的にあまり友好都市先の紹介がされていないように感じます。
美祢市の公式HPにおいても、棗荘市に関する記述を見つけることが
できませんでした。
個人的な意見ですが、「官」同士が友好都市として相互交流する様子も
ほとんど分からず、「民」に至っては友好都市すら知らない今の状況は
如何なモノかと感じています。美祢市には交流・情報公開等、もっと県外・
国外に対してもオープンになって欲しいと願っています。
公式HPをうまく活用・充実して「美祢市」を広くアピールしましょう。

地図リンクはこちらを↓(中国山東省棗荘市はこの辺り)

関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県 > 国際課 > 友好・姉妹提携・県内自治体状況
  □ 山口県 > 自然保護課 > 秋吉台地域エコツーリズムについて
  □ ようこそ!慶尚南道のインターネットホームページへ!(日本語)
  □ 棗荘市人民政府(中国語)
  □ フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 > 棗荘市

記事を書こうとした本来の目的は、『友好都市先の「慶尚南道」や「棗荘市」
が、「山口県」や「美祢市」をどう紹介しているか。』をお伝えしたかったの
ですが、見つけられなくて挫折しました。(中国語は読めません・・)

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

大正洞園地のふじ-2009
大正洞園地のふじ-2009-1
ゴールデンウィークに突入して、各観光地では他府県ナンバーの車で
駐車場が満杯状態です。交通事故がないことを祈りたいですね。
さて、観光スポットのひとつ、大正洞でも駐車場が混雑していました。
秋吉台・カルストロードの行き帰りで、多くの方が立ち寄ります。
ちょっとお疲れモードを癒してくれるのが、駐車場から大正洞への通路に
ある藤棚でしょう。
今日は大正洞園地の「ふじ(藤・フジ)」の花を紹介しましょう。
大正洞園地のふじ-2009-2
山口県の観光情報サイト「おいでませ山口へ」でも紹介されています。
■大正洞園地/ふじ
 【花種類】ふじ 【本数】フジ棚80m×2.5m 20本 【時期】4月下旬

開花までの情報をお伝えしようと思ったのですが、いきなり満開です。
大正洞園地のふじ-2009-3
ちょうど今が見頃ですね。
規模はそれほど大きくはありませんが、藤棚のトンネルを通って大正洞
入口に向かう通路は、甘い匂いが漂っていました。
大正洞園地のふじ-2009-4
淡紫色で綺麗です。
藤以外に強いて苦言を書くなら、足早に次の観光地へ皆様が移動して
しまうこと。足を止めて、のんびりと上を眺めて欲しいですね。
大正洞園地のふじ-2009-5
駐車場側は満開ですが、大正洞側はまだこれからが見頃でしょう。
ゴールデンウィークが終わるまでは、見頃が続くと思います。
ぜひ、大正洞園地の「ふじ」を観て頂きたいですね。
大正洞園地のふじ-2009-6
地図リンクはこちらを↓(大正洞園地)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2008/04/10 みとう花だより 春~初夏
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/07 大正洞は一味違う
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/01 大正洞園地のふじ-2007
大正洞園地のふじ-2009-7

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

2009年5月のイベント・行事
今日は5月のイベント・行事等を、日付ごとに列記してみましょう。
いつものように市内全ては紹介しきれませんので、美東・秋吉台エリアが
中心です。イベントによっては申込が必要な場合がありますので、
締切日に注意して下さい。
また、詳細についてはリンク先・主催者サイドにお問合せ下さい。

○5月10日(日) 9:40~15:00
  ■秋吉台エコツアー 初夏の秋吉台の花をもとめて
    集合場所:カルストロード 長者が森駐車場
    □ みとう情報ナビ > 09/03/03 秋吉台春のエコツアー参加者募集
○~5月10日(日) 9:00~16:30
  ■写真展「秋吉台で出会った花」
    展示会場:秋吉台エコ・ミュージアム 2階レクチャールーム
    □ みとう情報ナビ > 09/04/13 エコ・ミュージアムの4月
○5月17日(日) 10:30~15:00
  ■秋吉台エコツアー 化石を探そう
    集合場所:美祢市歴史民俗資料館
    □ みとう情報ナビ > 09/03/03 秋吉台春のエコツアー参加者募集
○5月17日(日)
  ■秋吉台ドリーネ整備
    場所:秋吉台
    □ 自然体験民宿・ほっとビレッジ美東
○5月21日(木) 14:00~
  ■美祢市文化連盟総会
    場所:美祢市民会館
    □ 美祢市HP
○5月24日(日) 9:00~15:30
  ■秋吉台エコツアー 3/450 秋吉台 特選の洞窟巡り!
    集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
    □ みとう情報ナビ > 09/03/03 秋吉台春のエコツアー参加者募集
○~5月24日(日) 11:00~16:00(休館:毎週 水・木曜)
  ■NHK文化センター 栗林和彦写真教室 写真展
    場所:秋吉台フォトギャラリー 写創蔵
    □ 秋吉台フォトギャラリー写創蔵(しゃくら)
○5月31日(日) 10:00~15:00
  ■秋吉台エコツアー
     初夏、草原の野草(ムラサキなど)を観察し、生態系を体験する
    集合場所:秋吉台展望台
    □ みとう情報ナビ > 09/03/03 秋吉台春のエコツアー参加者募集


調べた限りでは、今月はイベント・行事等が少ない感じを受けました。
ですが、紹介した以外にも「秋吉台エコ・ミュージアム」のイベントがあり、
私が知り得ていないイベント・行事等もあることでしょう。
気が付いた時点で、また紹介したいと思います。
ぜひ、秋吉台・美東地域のイベントに、参加してみてはいかがでしょうか。
(リンク・参考記事はイベント・行事の下に掲載しました。)

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。