山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長州路トライアングルチケット
また雨が降りそうですが、これが終われば梅雨明けになるのでは・・・。

さて、話しは変わって、現在も実施期間中である『下関・長門・美祢 山口
県西部 ドライブスタンプラリー』ですが、企画をしている「長州路観光連絡
会」が新たなチケット(共通券)の販売を開始しています。
長州路トライアングルチケット(概要)
  線で結ぶと三角形になる下関市、長門市、美祢市の各施設をお得に
  お楽しみいただきたいという思いを込めて名付けられました。
  下関市・長門市・美祢市にある3つの観光施設、しものせき水族館 海
  響館(下関)、金子みすゞ記念館(長門)、秋芳洞(美祢)を相互利用
  できる共通券「長州路トライアングルチケット」の販売を開始しました。

長州路トライアングルチケット
詳細をHPから転記させていただくと、
長州路トライアングルチケット(詳細)
  販売金額:大人(高校生以上)2,400円、小中学生1,400円
         ※幼児の設定はありません。
  通常料金との比較:
   ・各施設で個別にお求めいただくより、大人950円、高校生750円、
    中学生600円、小学生250円それぞれお得です。
   ・さらに、海響館を下関市民定価(通常の半額)でご利用される場合と
    比べても、大人は50円、中学生は150円お得です。
  有効期限:販売日から起算して、10日間有効
  販売箇所:以下の各施設の入館券(入洞券)発券窓口において販売
         しものせき水族館 海響館・金子みすゞ記念館・秋芳洞
  お問合せ:長州路観光局事務局(下関市観光振興課)


欲を言えば、この3つの施設だけでなく、三市のどの施設でも使える(各市、
1施設ごと)共通券だと嬉しいのですが・・。確かに各市を代表する観光施設
の3つですが、それ以外にも利用したいと思う施設は多いはずです。
次回はぜひ、ご検討して欲しいと思います。
梅雨が明けたあとは、長州路トライアングルチケットで、長州路エリアを観光
してみませんか?
関連リンクはこちらを↓
  □ 長州路観光連絡会HP
  □ 長州路観光連絡会HP > 長州路トライアングルチケット
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/26 ドライブスタンプラリーに挑戦
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

09年7月中国・九州北部豪雨
気象庁に関するYahoo!ニュースより転記。
  気象庁は27日、19~26日に山口県や九州北部を襲った豪雨について
  「09年7月中国・九州北部豪雨」と命名した。土砂災害が各地で発生し
  死者・行方不明者が多数で、家屋の浸水被害が命名の目安である1万
  棟に近づいていることなどから、命名を決めた。

この豪雨で各地で甚大な被害が発生しました。報道で取り上げられている
大きな災害以外にも、数多くの土砂災害、河川の決壊・氾濫がありました。
今日は私が地元で目にしたほんの一部を、記録のために記しておきます。
大田殿ヶ谷付近。大田川へ流れ落ちた土砂崩れ。
大田殿ヶ谷付近。大田川へ流れ落ちた土砂崩れ。
24日撮影。
大田川上付近。大田川の堰堤決壊。
大田川上付近。大田川の堰堤決壊。
24日撮影。21日の大雨の影響。
植山の一時湖
比較をするなら定点観測が分かりやすいでしょう。
赤植山地区の一時湖。21日の豪雨直後の撮影。
同じ場所を23日に撮影。
同じ場所を23日に撮影。一時湖になるのも早いですが、水が退くのも
早いようです。この写真から、もともと稲作をしていたことが分かります。
すぐに水が退く(一時的な水没)のであれば、農作物の被害も最小限に
抑えられるでしょうが、何日も水没してしまうと絶望的です。
同じ場所を27日に撮影。
同じ場所を27日に撮影。
25・26日の豪雨で再び一時湖に。
稲作の苗が水に漂います。
稲作の苗が水に漂います。水路を越えて一面水没です。27日撮影。
毎年必ず起きる水害ではないので、普段は稲作や野菜を作っているよう
です。減反で何も作っていない田畑もありますが、活用している田畑の方が
多いです。ここまでの豪雨、水没は誰も予想できなかったことでしょう。
自然の脅威です。
稲作をはじめ、野菜類も水没。
稲作をはじめ、野菜類も水没。水は最初の泥水から澄んだ水へと変わり
つつありますが、水没した野菜の葉は泥を被ってしまっています。
27日撮影。
碇の一時湖-1
赤碇地区の一時湖。21日の豪雨直後の撮影。まだ少し畦(あぜ)道が
見えます。ここの水の退きが一番遅いところです。
通常、表面の雨水は川を伝って海やダム湖へ流れていきます。
一部秋吉台地域の特徴は、表面の雨水がポノール(吸い込み穴)等から
地下水系に流れ込みます。普段は各地の湧水地(代表的なのは秋芳洞)
から排出されますが、水量があまりに多いと白魚洞のような吐水場所から
時間差で排出されるようです。
碇地区の一時湖-090727-1
他の水が退いても、碇の一時湖の水退きが遅い理由がそこにあります。
水が退き切らないうちから25・26日の豪雨で水位の増した一時湖に。
水位的にはこの日が最大だったようです。27日撮影。
碇地区の一時湖-090727-2
碇地区と植山地区を結ぶ道路は冠水寸前でした。
27日撮影。
碇地区の一時湖-090727-3
碇地区の一時湖は、田畑へと続く農道(中央)も当然水没。
27日撮影。
碇地区の一時湖-090727-4
部分的に撮影すると、もともと湖か沼であったかのような風景に。
27日撮影。
白魚洞の手前-1
白魚洞の手前。沖縄のマングローブのような姿になっています。
23日撮影。
白魚洞の手前-2
以前、ご紹介した白魚洞への道は、かなり手前から水没して近づけない
状態でしたので、迂回して遠景を撮ってみました。23日撮影。
左手方向が白魚洞、右手方向が碇の一時湖。
樹木が伐採されたエリアではこのような風景になっていました。
赤碇地区の一時湖の情報をいただいたH.T様。ありがとうございました。

また、直接は見ていませんが、秋芳洞・大正洞・景清洞など、雨水の集まる
場所(吸い込み穴)や逆に吐水する場所での光景は、すさまじいものがあっ
たようです。(下記リンク先、秋吉台の自然を参照して下さい。)
自然の猛威はいつ襲ってくるかも知れません。
普段から災害に対する心構えを持っておきましょう。

お亡くなりになられた方々のご冥福と、災害の被害を受けられた方々の
早期復興をお祈りいたしております。
地図リンクはこちらを↓(碇地区の「一時湖」)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台の自然 > 2009/07/21 秋吉台の一時湖
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/21 碇の一時湖

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

アンモナイトフェスティバル2009
雨が治まり、美祢市内の避難所は全てなくなりました。
現在は、国道435号線の美東町綾木~山口市吉敷が土砂崩れの影響で
通行止めです。鳳翩山トンネルの周辺が通行出ませんが、綾木大石までは
行けるようです。大峠のある旧道も通行止めですので、美東方面から山口
方面へ行くには、小郡廻りの迂回路を通る必要があります。
かなり長期的な通行止めになりそうですので、ご注意下さい。

さて、秋吉台地区に住む人々としては、秋吉台の山焼きで「春」の到来を
感じ、高原花火大会で本格的な「夏」を迎えます。
そして「夏」と言えば、やっぱり『祭り』のシーズンです。
8月は各地で祭りが開催されますが、そのトップを切って「第21回アンモナ
イトフェスティバル」が行われます。
秋芳洞開洞100周年 第21回アンモナイトフェスティバル
■秋芳洞開洞100周年 第21回アンモナイトフェスティバル
  日時:平成21年8月1日(土) 15:00~21:30
  会場:美祢市伊佐公園グランド特設会場
  問合せ:アンモナイトフェスティバル実行委員会(美祢市商工会内)

化石と花のまち、美祢を代表する「ふるさと祭り」です。
呼び物の「龍踊り」や豪華景品が当たる「○×クイズ」大会が行われます。
毎年、さまざまな種類の出店やバザーなどで大いに賑わうそうです。
見所の多い祭りですので、ぜひお出掛け下さい。
地図リンクはこちらを↓(美祢市伊佐公園グランド)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 美祢市みね商工マップ

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ナイトサファリイベントプログラム
毎日毎日、大雨の被害に関するニュースばかりです。美祢地区でも緊急災
害情報を見ると、交通規制(通行止め)が増えたり、緊急時に備えて避難
所が開設されています。身近なところで避難所が開設されるなんて・・・。
今後とも災害情報には十分ご注意下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県HP > 防災危機管理課 > 緊急災害情報
  □ 美祢市HP > 大雨に伴う緊急災害情報
  □ 山口県土木防災システム
  □ 下関地方気象台

さて、先日の皆既日食・部分日食では、その瞬間、動物たちがどのような
行動をとるのかを観察するイベントが、各地の動物園で開催されました。
テレビでも中継をしていましたので、ご覧になられた方も多いかと思います。
「秋吉台自然動物公園サファリランド」でも『近皆既日食動物観察ツアー』が
開催されましたが、動物たちの反応はどうだったのでしょうか。

話は変わって、その秋吉台サファリランドでは恒例の『ナイトサファリ』が
始まります。先日、当ブログでもご紹介しましたが今日はその補足です。
ナイトサファリ night safari 2009
基本的には手に入れたリーフレットの紹介です。なんともカッコいいので・・。
ナイトサファリ night safari 2009
  開催日:平成21年8月1日(土)・8日(土)・13日(木)・
               14日(金)・15日(土)・22日(土)・29日(土)

詳細については前回のリンクを参照して頂くとして、イベントの紹介です。
ナイトサファリ night safari 2009 ウラ
■ナイトサファリ イベントプログラム
     動物ふれあい広場 「キッズサファリ」イベントテント内にて
 □赤ちゃんライオン・トラ公開展示
    公開時間: 19:30~21:00
 □ナマケモノナイトウォッチング
    開催時間: 20:00~20:30
 □フクロウに大接近
    開催時間: 20:30~20:50

ホワイトタイガーエサやり体験等も予定されているそうです。
イベントで特に注目は『ナマケモノナイトウォッチング』ではないでしょうか。
ナマケモノの生態を、夜間にじっくり観察できる動物園やサファリは、あまり
聞いたことがありません。探せば他にもあるでしょうが、貴重な体験なのは
間違いありませんね。
ぜひ、ご家族連れでお楽しみ下さい。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台自然動物公園 サファリランド)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/09 ナイトサファリと皆既日食

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台元気キッズキャンプ
21日の豪雨ほどは降りませんが、今夜からまた激しい雨になりそうです。
九州北部や広島にも被害が拡大しています。今年の梅雨はいつ明けるの
でしょうか。引き続き、災害情報にご注意下さい。

さて今日は「秋吉台少年自然の家」のイベント参加募集を紹介しましょう。
秋吉台元気キッズキャンプ
読み難いところを転記しておきます。
キャッチフレーズは「新しい自分を発見!新しい友達を作ろう!
秋吉台元気キッズキャンプ
  期日:平成21年8月25日(火)~26日(水) 1泊2日
  会場:山口県秋吉台少年自然の家(美祢市美東町赤)
  対象:小学校3年生~4年生
  定員:30名程度
  参加費: 2,700円(食事代、保険代、その他)
  申込期限:平成21年8月10日(月)必着
    (募集定員を超えた場合は抽選となります。ご了承ください。)
  主催:山口県秋吉台少年自然の家

活動の内容としては、
  テント泊、ハイキング、キャンプファイヤー、野外炊事等
目的意識を高めることも大切です。
  自然の中での活動で、豊かな心を培い、初めて出会った仲間との
  活動でコミュニケーション能力を高める。また、親元を離れてのキャンプ
  体験で頑張る心や自立心を培い、達成感を体感する

ぜひ参加してみませんか。
申し込み先・方法や、詳細については主催者サイトを参照下さい。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県秋吉台少年自然の家

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

金子道子写真展
また雨が強くなってきました。心配です。
災害情報には十分ご注意下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県HP > 防災危機管理課 > 緊急災害情報
  □ 美祢市HP > 大雨に伴う緊急災害情報
  □ 山口県土木防災システム

さて今日は「秋吉台フォトギャラリー写創蔵」で開催中の『金子道子写真展』
を紹介しましょう。
金子道子写真展 ~ガラスの向こうのマドンナ~
転記しておきます。
金子道子写真展 ~ガラスの向こうのマドンナ~
  開催期間:平成21年7月17日(金)~8月23日(日)
  開館時間:午前11時から午後4時まで
  休館日:毎週 水曜・木曜日(ただし8月12日、13日は開館)
  入場料:無料
  展示数:カラー作品32点


秋吉台フォトギャラリー 写創蔵のHPからの引用です。
  時代の進化と共に加速度的に街や人が、きらびやかに変貌していく。
  季節の移ろいの中で消滅し、また次の美へと移行していくショウ
  ウインドー。その中の美女達を捉えたカラー作品約40点を展示。
  山口県ではなかなか見られない都会的なセンスで、また
  女性ならではの感性を感じさせる作品です。

金子道子氏についてですが、
  写真家で、絵本作家としても活躍されています。
  1997年 下松市芸術文化振興奨励賞受賞
  1998年 日本カメラ平成9年度年間最優秀賞受賞
  2002年 写真集(花華の宴)出版 林忠彦賞最終ノミネート
  個展 フランスパリ2回、東京7回、福岡、神戸、広島と活躍

独自の感性で繰り広げられる世界をご堪能ください。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台フォトギャラリー 写創蔵)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台フォトギャラリー写創蔵(しゃくら)
  □ 山口新聞 > 2009/07/24 鋭く時代切り取る 金井道子さん写真展

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台周辺の湧水
まず今日は、「秋吉台エコ・ミュージアム」8月の行事を紹介しましょう。
「秋吉台エコ・ミュージアム」8月の行事
少し文字が小さいようなので、いつものように転記しておきます。
秋吉台の湧き水はきれいなの?
    ~ごみの分別体験と湧水のモニタリング調査~
秋吉台の湧水地でごみを集め、どのように処理すればいいかを
学びます。また、湧水の水質についてモニタリング調査を行います。
  開催日時:平成21年8月1日(土) 9:00~15:00
  集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
  開催場所:鹿の井手湧水、黒岩湧水
  参加対象:小学生以上(18才以下は保護者同伴)
  参加料:無料
  持ち物:昼食、飲み物、おやつ、タオル、虫よけスプレーなど
  申込締切:平成21年7月28日(火)
  申込み先:(財)山口県ひとづくり財団 環境学習推進センター


そしてもうひとつ。
秋吉台科学博物館と共催
コウモリの観察(コウモリの声を聴こう)
秋吉台のコウモリは、夕暮れが近づくと、洞くつの穴から飛び出し、エサを
捕りに出かけます。その不思議な生態を学習した後、実際に、ねぐらを飛び
出すコウモリを観察します。また、コウモリの出す超音波をバットディテクター
と呼ばれる機器を使って、聴いてみます。
  開催日時:平成21年8月9日(日) 17:30~20:00
  集合場所:秋吉台エコ・ミュージアム
  開催場所:景清洞入り口
  参加対象:小学生以上(18才以下は保護者同伴)
  募集定員:30名
  参加料:無料
  持ち物:懐中電灯
  問合せ・申込み先:秋吉台エコ・ミュージアム


詳細・お申し込みについては下記リンク先をご覧下さい。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台エコ・ミュージアム)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム
  □ (財)山口県ひとづくり財団 環境学習推進センター
  □ 秋吉台科学博物館

さて、今回ご紹介した「秋吉台エコ・ミュージアム」8月の行事には
『鹿の井手湧水・黒岩湧水』が活動場所として出てきます。
こうした湧水地が秋吉台台上や周辺にはいくつもあるのですが、詳しい
説明は素人の私が行うよりも、下記リンク先を参照してもらうとして省きま
すが、ほとんどの湧水は規模が小さいようです。
ですが、秋芳洞や鹿の井出湧水・黒岩の湧水・小野の湧水など大型な
湧水は、豪雨の時にその姿を変貌させます。
個人的な興味からすると、その映像・画像が見てみたいと思っていました。
興味をそそり始めたキッカケとなった写真がこれ↓
黒岩の湧水
「秋吉台エコツアーマップ」に掲載されている『黒岩の湧水』です。
黒岩の湧水
  青景、黒岩の山中に湧き出す泉は大量の清水が湧き、これが黒岩川の
  源流になっている。泉の湧出口は竪穴状になっており、その水深は40m
  に達する。大雨の後には、すざましい勢いで水が湧き出す。(略)

                            出典:秋吉台エコツアーマップ
また、秋吉台科学博物館のHPによると、
  中央部の湧水で、がればから湧くが、奥に洞窟があり水中洞窟と
  なっている。帰り水ウバ-レ南の凹地の水がここまで流れる。

さすがに普段はここまで湧水の量はないみたいですが、今回の豪雨の後
だと、このような光景になるようですね。
『鳴滝の湧水』付近。大雨時にできる「鳴滝の滝」
↑ちょっと小さいですが秋吉台エコ・ミュージアムのHPからお借りした写真。
『鳴滝の湧水』付近。大雨時にできる「鳴滝の滝」だそうです。
  秋芳町青景鳴滝。集落の名称になった湧水。豪雨時には山の斜面を
  滝のように流れる。洞窟の水は町の簡易水位道の水源となっている。

以前からここには「鳴滝」の地名の由来となった滝があるはずだと思って
いましたが、大雨の時だけに現れる「滝のような流れ」だったと知りました。
ここも今回の豪雨でかなりの滝ができていたことでしょう。
ただ、今回はあまりにひどい豪雨で、県内でも人的被害も出ていることを
考えると、手放しで見に行く気にはなりませんでした。
いつかは見てみたいと思っています。
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台科学博物館 > 秋吉台周辺部の主な湧水一覧
  □ 秋吉台科学博物館 > 秋吉台周囲の湧水位置図
  □ 厚東川に遊ぶ > 源流を訪ねて
  □ みとう情報ナビ > 2009/03/23 魅惑のケイビング体験(1)
  □ みとう情報ナビ > 2009/03/06 自然観察会「湧水巡り」

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

美東からの部分日食
激しい雨は通り過ぎましたが、深い爪あとを山口県に残しました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

今日の全国的なニュースは、山口県を襲った集中豪雨の被害の他に、
46年ぶりに国内の陸地で観測できる皆既日食がメインでした。
とは言っても、皆既日食が観れるのはごく一部に限られ、山口県からでは
部分日食です。それでも滅多にない機会ですので、私も自宅からカメラで
撮ってみました。もちろん、ちゃんとした日食用の装備など持っていません。
直接、太陽を見ないように勘でファインダーの中央に捉えます。
美東からの部分日食-1
持っている望遠レンズを必死に伸ばしても、この程度です。

テレビでも報道していたように、本当に辺りが薄暗くなってきました。
気温が下がったのは感じませんでしたが、足元の影が薄く伸びます。
飛び交うスズメが一ヶ所に集まって羽を休めている姿も見ましたが、
これが日食の影響なのかどうかは分かりません。

雲ひとつない晴天では、眩しすぎて撮れなかったと思います。
たまたま薄い雲が太陽にフィルターをかけた感じになって、素人カメラマン
にはちょうど良い明るさになったのはラッキーでした。
先程の写真を、粒子が荒れない程度に拡大切り取りすると・・・
美東からの部分日食-2
このような写真になりました。
テレビやネット上で流れている部分日食の写真には程遠い出来です。
ですが、三日月のような太陽を観れたことは正直嬉しかったですね。

次回は2035年9月2日の北陸・北関東などで見られるということで、
26年後だそうです。
北陸・北関東まで、わざわざ足を伸ばして観に行こうとは思いません。
と、いうコトは次に観られるのは、いったいいつのことになるのでしょうか。
関連リンクはこちらを↓
  □ 国立天文台
  □ 国立天文台 > 皆既日食の速報 > 速報画像のページ
碇の一時湖
今日は、九州や中国地方の北方から東海に延びる梅雨前線の活動が
活発となった影響で、局地的に非常に激しい雨が降りました。
河川も氾濫しそうな勢いで増水を続け、気がおけない一日となりました。

美祢市桜山では午前8時の最大60分間雨量が88mmを記録し、この地点で
の観測史上最大値を更新したそうです。最大累加雨量は247mm(15:00)。
その他の観測局のデータによると、
  岩永観測局(美祢市秋芳町岩永)
    最大60分間雨量 62mm( 8:00) 最大累加雨量 203mm(16:00)
  秋吉台観測局(美祢市秋芳町秋吉台)
    最大60分間雨量 56mm( 8:00) 最大累加雨量 180mm(16:00)
  赤郷観測局(美祢市美東町赤郷)
    最大60分間雨量 51mm(11:00) 最大累加雨量 163mm(16:00)

1時間に50mmを超える、「非常に激しい雨」が降ったことが分かります。
60分間雨量の目安は下記リンク先(みとう情報ナビ)を参照して下さい。

この豪雨を受けて、美祢市でも午前10時45分に災害対策本部が設置され、
緊急災害情報が出されました。
「避難指示」はありませんが、「避難勧告」が東厚保や伊佐で出されました。
人的被害や住家被害はなかったようですが、しばらく注意が必要でしょう。
普段から災害時指定避難場所を確認しておいた方が賢明です。
関連リンクはこちらを↓
  □ 美祢市HP > 緊急災害情報
  □ 山口県土木防災システム
  □ みとう情報ナビ > 2008/06/29 今朝の雨は「強い雨」

記事の訂正・追記(2009/07/21 23:50現在)
  避難勧告は、21日17時15分にすべて解除されました。
  人的被害状況:行方不明者 1人
  住家被害状況:床下浸水24棟 一部破損2棟


夕方になって落ち着いた感が出てきたので、この時期特有の一時湖を
確認してきました。台風の季節よりも梅雨時期に発生します。
碇の一時湖-1
美東町赤碇地区にできた「一時湖」の様子です。普段は畑になっている
場所が、一面、水に覆われ、まるで大きな湖のようになっています。
碇の一時湖-2
原因は大雨によって吸込むはずの白魚洞が、水量が多すぎて、逆に吐き
出すためだと言われています。地下水の逆流によっておきる現象です。
碇の一時湖-3
道路を挟んで反対側。白魚洞方向です。
全体像はうまく撮れませんが、木々が水没しています。
碇の一時湖-4
こんな大きな木の幹も水没です。昔は碇地区と植山地区を結ぶ道路が
低かったため、一時湖が出来ると船で人や物資を渡していたそうです。
植山の一時湖
碇地区から山口県秋吉台少年自然の家へ向かう、植山地区。
ここも多くが水没、一時湖が発生していました。

一時湖は秋吉台の「帰り水」が有名ですが、こうした生活基盤のある場所
でもおきています。今後、早く水が引くことを願いたいと思います。
地図リンクはこちらを↓(碇地区の「一時湖」)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台科学博物館 > 秋吉台の研究 > 地下水の逆流
  □ 秋吉台科学博物館 > 秋吉台の地下水
  □ 秋吉台の自然 > 2009/07/21 秋吉台の一時湖
  □ みとう情報ナビ > 2009/04/09 白魚洞周辺の異界空間
  □ みとう情報ナビ > 2007/02/19 ポノールを見に行こう

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

「リバーステージ」順延
予定されていた「第2回道の駅みとうリバーステージ」ですが、悪天候の
ため7月19日(日)が20日(月)へ順延。
そして再び今日、雨で順延となりました。
開催予定は未定とのことです。情報を得ましたら、またお伝えします。
地図リンクはこちらを↓(道の駅みとう 大田川河川公園)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/14 道の駅「リバーステージ」

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

土用の丑の日
今日、7月19日は「土用の丑の日」。
幼い頃は「土曜日じゃないのに・・・」と本気で思っていました。

もともと、土用(どよう)とは暦における雑節の一つです。五行思想に基づく
季節の分類の一つで、各季節の終わりの約18日間のことだそうです。
そして「土用の丑の日」とは、土用の間で日の十二支が丑である日のこと。
ここまでは分かるのですが、何故この日に鰻を食べるのか?
これが疑問でした。
フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』によると、
  鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内
  が発案したという説が最もよく知られている。これは文政5年(1822年)
  の、当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。
  それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を何とか
  売るため源内の所に相談に行った。源内は、「丑の日に『う』の字が附く
  物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て、「本日丑の
  日」と書いて店先に貼ることを勧めた。すると、物知りとして有名な源内
  の言うことならということで、その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻
  屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着し
  たという。この民間伝承を根拠とするならば、土用の丑の日に食べるも
  のは鰻でなく「う」の付くものでいいのだから、うどんでもうどでもいいこ
  とになる。鰻を食べるのが主流となったのは確固とした由緒由来が有る
  わけではなく、バレンタインデーのチョコレートや節分の恵方巻きなどと
  同様、現代でいうコマーシャリズムの産物といえよう。ただし鰻にはビタ
  ミンB類が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が
  期待できる。そういった面から鑑みると、当時夏の時期に鰻を食べたの
  は理に適った習慣であるともいえる。

なるほど。やっと理解ができました。

で、今日の話題ですが、同じ漢字繋がりで「丑(うし)」に関するイベントを
紹介しましょう。(無理やりなコジツケですが)
丑年 牛を見る会
転記しておきます。
丑年 牛を見る会
  日時:平成21年8月1日(土) 9:30~15:15(9時受付開始)
  場所:山口県農林総合技術センター畜産技術部(美祢市伊佐町河原)
      ファイヤーヒル 梶岡牧場(畜産技術部に隣接)
  内容:見島牛、無角和種、黒毛和種の見学
      牛のウン畜講座、意見交換会
  参加料:大人 1,500円、子供(小学生以下) 750円(昼食代、保険料込)
  募集人数:県民45名(先着順)
  募集締切:平成21年7月25日(土)締切(定員になり次第打ち切り)
  申込・連絡先:電話又はFAXで
           事務局 農林総合技術センター畜産技術部企画情報室
  主催:山口県畜産技術協会

主催の「山口県畜産技術協会」は、畜産に関する技術の向上、県内外技
術者団体相互の連携を図り、畜産振興に寄与することを目的としています。

この「丑年 牛を見る会」の目的は、
  山口県には、和牛の代表的な品種である黒毛和種に加え、他県では
  見られない見島牛、無角和種が飼われております。山口県農林総合技
  術センター 畜産技術部では、県民の皆様に畜産に対する理解を深めて
  いただくことを目的に、山口県畜産技術協会との共催で「丑年 牛を見る
  会」を開催し、これらの和牛の生産振興に取り組んでいくこと。

昼食はファイヤーヒル 梶岡牧場でバーベキューです。
牛の勉強をしたあと、牛を食べるのもどうかと思いますが、人間の業を感じ
る上にも大切でしょう。
「人は何かを食べて生きねばならない。そして、何かを殺さなければ、生き
てはいけない。」という名言を思い出します。
地図リンクはこちらを↓(山口県農林総合技術センター畜産技術部)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 山口県農林総合技術センター
  □ 山口県農林総合技術センター > 畜産技術部(山口県畜産試験場)
  □ 梶岡牧場ファイヤーヒル(農業生産法人 有限会社 梶岡牧場)

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台花火大会は・・・
今日は『第31回秋吉台観光まつり』のオープニングを飾る、「秋吉台花火
大会」が予定通り開催されました。今年は天候に恵まれました。
ですが、私は所用で観ることができませんでした。
そこで、各Webサイトから花火大会の様子をリンク(無断ですが・・)させて
頂きましたので、私同様、観ることができなかった方は参考にして下さい。
そして来年こそは「秋吉台花火大会」へお越し下さいませ。
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > カルスト日記 > 秋吉台花火大会
  □ 秋吉台の自然 > 2009/07/18 秋吉台の花火大会
  □ 山口新聞 > 2009/07/19 秋吉台で観光まつり開幕、花火2千発
  □ 日々想々 > 2009/7/19 たまや~♪
  □ DJEBEL&しん > 2009/7/19 秋吉台花火大会
  □ ひとりごと~ > 2009/7/18 夏休み突入~

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

ドリーネの開墾作業
今日は「赤郷地域ふるさとづくり協議会」による、『ドリーネの開墾作業』を
紹介しましょう。農政局より協議会に対し、7月6日付で「平成21年度事業
決定通知」が届きました。新年度になって3ヶ月以上、事業に取り組めない
日々でしたが、この通知によって停滞していた活動の再開です。
今年度の三本柱は「秋吉台ドリーネ畑の復興(多様な活用)と環境保全」・
「赤の郷おもてなしマップ作成」・「新たな特産品開発」です。

役員会を経て、早速、秋吉台ドリーネ畑の開墾作業が行われました。
生憎の空模様、時折雨が降る中での作業です。
ドリーネの開墾作業-1
前回までに行った作業も少し後戻りするほど、月日が経っています。
写真のように草刈り作業をしたのが判らないほどネザサが成長しています。
ドリーネの開墾作業-2
前回(3月10日)、ユンボで掘り起こした畑となるメインの部分も、今では
すっかり草に覆われています。
ドリーネの開墾作業-3
しかしながら、参加して下さった皆さんは手慣れたもので、次々と切り開い
ていきます。記録のための写真を撮りながら、私も草刈り作業に参加です。
ドリーネの開墾作業-4
一方、ドリーネの中央では耕運機で耕し始めます。
左手のカメラマンは、当初からの継続取材を行っているMYTです。
ドリーネの開墾作業-5
かなり作業が進みました。作業に参加して下さった皆さんに感謝です。
さて、ドリーネ畑の特徴のひとつに、その土の保水性にあります。
ドリーネの開墾作業-6
時折降る雨にも水溜りが全く出来ず、かと言って砂地のようにすぐ浸透して
しまうこともありません。それは土自体が高い保水性を持っているからです。
ドリーネの開墾作業-7
このことは農作物を作るのに非常に優れています。
写真は、根株を取り除く作業。もちろん、ひとつひとつ手作業です。
ドリーネの開墾作業-8
雨に濡れた合歓の木越しに、オマケの一枚を撮ってみました。

さあ、今年度の活動が動き出しました。今後の様子も逐一ご報告したいと
思いますので、赤郷地域ふるさとづくり協議会へのご協力・ご声援を
よろしくお願いします。
関連リンクはこちらを↓
  □ 赤郷地域ふるさとづくり協議会HP
  □ 岩国往来まちづくり協議会HP
  □ みとう情報ナビ > 2009/03/10 ユンボノチカラ
  □ みとう情報ナビ > 2009/02/16 ドリーネ耕作地完全焼却
  □ みとう情報ナビ > 2009/02/08 ドリーネ耕作地の草刈り
  □ みとう情報ナビ > 2008/12/29 ドリーネ耕作地の調査
  □ みとう情報ナビ > 2008/08/21 農山漁村地域力発掘支援

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

クラシックカーの祭典
梅雨の谷間は猛暑です。かと思えば今日はまた雨。
この繰り返しもあと少しです。週末には山口県も梅雨明けになるでしょう。

さて今日は、秋芳洞開洞100周年祭のイベントのひとつ、『ラ フェスタ 
デッラ アウトモービレ クラシカ(クラシックカーの祭典)』を紹介しましょう。
期間は10月30日(金)~11月1日(日)と、まだ先ですが、参加者募集が
もうすぐ始まります。
私の頭の中では「秋芳洞開洞100周年」となかなか結び付かないイベント
ですが、こうした機会は滅多にありません。
La Festa della Automobile Classica
秋芳洞開洞100周年記念事業
La Festa della Automobile Classica
  ラ フェスタ デッラ アウトモービレ クラシカ(クラシックカーの祭典)
  期間:平成21年10月30日(金)~11月1日(日)
  主催:秋芳洞開洞100周年祭実行委員会
      (La Festa della Automobile Classica実行委員会)
  後援:美祢市・美祢市商工会青年部・
      美祢市観光協会・美東町観光協会・秋芳町観光協会
  共催:セーフティフェアやまぐち実行委員会・おいでませ!山口国体
  協賛:マツダ株式会社・山口マツダ株式会社・ホテル西長門リゾート


このイベントは総称が『ラ フェスタ デッラ アウトモービレ クラシカ
(クラシックカーの祭典)』となっていますが、大きく4つのイベントから
構成されています。
リーフレットの裏面に、その詳細が記されていましたので転記しておきます。

GIRO DI MINE(ジーロ ディ ミネ)
2泊3日で行われるクラシックカータイムトライアルレース。
区間内(美祢市~下関市~長門市~秋芳洞)を設定時間にどれだけ近い
タイムで走行できるかを競うレース。スピードを競うものではありません。
  期間:平成21年10月30日(金)~11月1日(日)
  参加資格:ナンバー付き一般公道を走れる市販車両。
         違法改造車両不可。
  クラス:Leggenda(レジェンダ)1970年代以前(40台)
       Banbina(バンビーナ)1980年代以降、希少車や
       スーパーカー優先(20台)その他主催者が認めた車両
  参加台数:2人1組 60台限定
  参加料:2人1組 5万円(宿泊、食事、愛車走行会等含む)
  スケジュール:10月30日:ウェルカムパーティー
           10月31日:タイムトライアルレース
           11月 1日:愛車走行会(マツダ(株)美祢自動車試験場)
  募集期間:平成21年7月31日(金)~10月16日(金)
         60台に達し次第、締切。
  併催:第2回 ヨーロピアンミーティング イン 秋吉台

2th.European Meeting in Akiyoshidai
(第2回ヨーロピアンミーティング イン 秋吉台)
今回で2回目のヨーロピアンミーティング。
今回はガレージセールも行い、場所を秋芳洞近くの第2駐車場にて開催。
  期日:平成21年10月31日(土)
  駐車料金: 4輪:400円 2輪:無料
   GIRO DI MINE(ジーロ ディ ミネ)と併催の為、ステージイベント等を
   企画中。2輪・4輪ヨーロピアンミーティング。
   ガレージセール(出店料1,000円)
   ※変更の可能性あり。

MAZDA COLLEZIONE(マツダ コレッチィオーネ)
マツダ(株)美祢自動車試験場にて、マツダ車クラブを中心とした
クラシックカーの展示・ミーティングを行います。
当日、1991年国内耐久参戦車(787B)の展示。
  期日:平成21年11月1日(日)
  入場料:無料
  愛車走行会:先導車に続き、コース内を皆さんの愛車で
          整然と走行します。
  参加資格:マツダ車、旧車のナンバー付き一般公道を走れる市販車両。
         違法改造車両不可。
  募集期間:平成21年8月31日(月)~10月16日(金)達し次第締切
         ※詳細は資料請求又は主催者にお問い合わせ下さい。
  同時開催:セーフティフェアやまぐち2009

Safety Fair Yamaguchi 2009(セーフティフェアやまぐち2009)予定
マツダ(株)美祢自動車試験場内にて開催。
白バイ、パトカー等の展示。その他イベントを企画中。
  期日:平成21年11月1日(日)
  入場料:無料


書き写すのに疲れました・・・。でも楽しみなイベントですね。
資料請求等は、ラ フェスタ デッラ アウトモービレ クラシカ実行委員会
(美祢市商工会内)へ、お願いします。
地図リンクはこちらを↓(マツダ(株)美祢自動車試験場)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ La Festa della Automobile Classica
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > 秋芳洞開洞100周年
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/01 秋芳洞100周年イベント紹介

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

道の駅「リバーステージ」
今月26日(日)に、(社)美祢青年会議所主催で「リバリンピック」が開催さ
れる、道の駅みとう 大田川河川公園では、19日(日)にも大きなイベントが
開催されます。地元を中心に活動している団体や個人による、ライブイベン
トです。今日はこの「第2回道の駅みとうリバーステージ」を紹介しましょう。
第2回道の駅みとうリバーステージ
いつものように、転記しておきましょう。
第2回道の駅みとうリバーステージ
  日時:平成21年7月19日(日) 16:00~21:30 雨天の場合20日に順延
  場所:道の駅みとう河川公園(美祢市美東町大田5439-1)
  入場:無料
  ステージパフォーマンス:
    オープニング:長登太鼓(太鼓)・雷舞(バンド)・松田正純(シンガー
    ソングライター)・菅源流(踊り)・あすなろの会(大正琴)・
    シュリンクス(ボサノバ)・ウェイクアップ(バンド)・さくらの会(大正琴)・
    ニコニコ美東(体操)・あかね(大正琴)・スイートハーモニー(コーラス)
    辛子クルー(ダンス)・フレイヤ(バンド)・スィングビート(ジャズ)
  バザー:各種出店予定
  主催:道の駅みとうリバーステージ実行委員会
  共催:美東町文化協会・道の駅みとう推進協議会
  後援:美祢市・美祢市教育委員会

第2回ということですが、昨年の第1回を私は全く知りませんでした。
噂では河川公園に巨大なステージを組むとか・・・。
折角ある河川公園をうまく利用した、なかなか面白そうなイベントです。
美東長登太鼓やスィングビートは見逃せませんし、大正琴からダンスまで
あるという、多彩なステージパフォーマンスに期待しましょう。
当日、道の駅みとうにお立ち寄りの際は、ぜひご覧下さい。
地図リンクはこちらを↓(道の駅みとう 大田川河川公園)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2007/06/10 ビオトープのある川づくり
  □ みとう情報ナビ > 2007/05/03 憩いの場所 道の駅

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台花火大会交通規制
九州南部では梅雨明けが宣言されましたが、山口県は週の後半も雨に
なりそうなので、梅雨明けはその後になりそうです。
ちょうどその頃(7月18日(土) 19:00オープニング)に、第31回秋吉台観光
まつりの目玉、秋吉台花火大会が開催されます。
美祢市内・地元では既に花火大会のプログラムが配布されています。
市外・県外の配布されていない地域の方のために、今日は花火大会当日
交通規制を中心に紹介しましょう。
秋吉台花火大会交通規制M
(↑クリックすると拡大できます。)
駐車台数は約3,000台が確保してあるそうですが、毎年大変混雑します。
お早めにお越し下さい。ちなみに駐車料金は17:00より無料となります。
注意すべき交通規制は17:00から始まります。
■一般の方
  秋芳洞周辺駐車場をご利用の方は、秋芳洞経由または市道秋吉台
  線を徒歩にて花火大会会場にお越しください。
    秋芳洞入洞料(17時~20時)
    行き:大人(高校生以上)200円   帰り:無料
■関係者及び協賛者の方
  駐車場は
    ・秋吉台バス停駐車場・緑地公園駐車場・家族旅行村予備駐車場
  をご利用下さい。
  ※19時以降は秋吉台上への通行が出来ません。


当日はシャトルバスも運行しています。
シャトルバス運行
(↑クリックすると拡大できます。)
運行開始時間は行きが17:00より。帰りが20:30頃からの予定です。
7ヶ所の発着場がありますので、便利なことろからご利用下さい。
ちなみに、秋芳洞バスセンターからは、シャトルバスは運行しませんので
ご注意下さい。なお、シャトルバスは無料です。
交通規制を頭に入れてお早めにお越し下さることをお薦めします。
事故のないように秋吉台花火大会をお楽しみ下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > 秋芳洞開洞100周年
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/06 第31回秋吉台観光まつり

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

やまぐち旅の大見本市
今日も雨です。いつまで続くのでしょうか。梅雨あけを待っています。
さて今日は、県観光交流課が県内周遊観光キャンペーン「ぐるるん!山口」
のホームページが開設したことに絡んで、「やまぐち旅の大見本市」を紹介
しましょう。まず、この「ぐるるん!山口」HPは、
  県内をめぐる楽しさ・喜びを共有し、山口県の魅力をもっと知っていただ
  くためのサイト → 山口県観光の魅力を再発見

という目的意識があります。そのために、スタッフが実際に取材した新鮮な
情報を発信するほか、県民からも広く観光情報を募集し、掲載する点が
大きな特徴となっているようです。

話は戻って、「やまぐち旅の大見本市」です。
やまぐち旅の大見本市
必要なところを転記しておきましょう。
ぐるるん!山口」県内周遊観光キャンペーン
「やまぐち旅の大見本市」の開催
 県では、県民の皆様に県内周遊観光を通じて、本県観光の魅力を再発見
 し、県外に向けて観光PRに参加いただけるよう“「ぐるるん!山口」県内周
 遊観光キャンペーン”を実施しています。このたび、キャンペーンの一環と
 して、県内各地の見どころを紹介するステージイベントや「地旅」グループ
 などがブース出展する「やまぐち旅の大見本市」を開催します。
 なお、地旅づくりや「やまぐちスロー・ツーリズム」等の団体で構成する「や
 まぐちの『らしさ』湧き立つ旅づくり推進ネットワーク」と協働で開催します。
  日時:平成21年7月11日(土) 10:00~17:00
  場所:防府市地域交流センター(アスピラート)2F JR防府駅北口
  主催:山口県、やまぐちの「らしさ」湧き立つ旅づくり推進ネットワーク
  参集者:一般参加者、観光関係者(旅行会社等)
  実施概要:
   1)オープニングセレモニー(10:00~10:10)
   2)ステージイベント(10:20~16:30)
     各市町の観光PR、紙芝居、クイズ大会、フラダンス等
   3)出展ブース(10:00~17:00)
     地域ならではの旅の紹介や、特産品等の販売、試飲・試食
   4)商談会(11:00~15:00)
     地旅づくりを行う着地型エージェントや体験交流施設等と、県内
     及び近県等の旅行会社等との情報交換の場を提供
   5)抽選会
     各市町の特産品等が当たる抽選会を実施
       大抽選会:素敵な賞品の当たる抽選会を実施!(16:30~)
       ミニ抽選会: 11:20~ 12:30~ 14:20~ 15:20~
   6)その他
     ・入場料無料(会場先着100名の方にプレゼントを用意)
     ・当日は、「ぐるるんガールズ」等が大型商業施設でPR

この大見本市には、「秋吉台地域エコツーリズム協会」や「宇部・美祢・
山陽小野田産業観光推進協議会」、「むらまち交流推進協議会」の
出展ブースもあるようです。
今日ご紹介して明日のイベントと急ですが、多くの来場者があることを
期待したいと思います。
地図リンクはこちらを↓(防府市地域交流センター[アスピラート])
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ ぐるるん!山口
  □ 山口県の旅行・観光情報 おいでませ山口へ
  □ 秋吉台地域エコツーリズム協会(美祢市総合観光部内)
  □ 宇部・美祢・山陽小野田野田産業観光推進協議会
  □ 山口県 > 地域振興部観光交流課

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

ナイトサファリと皆既日食
今日は秋吉台サファリランドのイベントをふたつ紹介しましょう。
ひとつは、恒例の『ナイトサファリ』です。
ナイトサファリ-2009
ナイトサファリ
  開催日:平成21年8月1日(土)・8日(土)・13日(木)・
               14日(金)・15日(土)・22日(土)・29日(土)
 □バスコース
   料金:大人 2,600円/小人(4歳以上) 1,300円
   営業時間:日没後(19:20~19:50)~20:30
          ※受付時間 17:00~20:30
     ※バス券の販売は17:00から行ないます。
     ※再入園・割引等はございませんのでご了承下さい。
     ※マイカーでのご入園はできませんので、ご了承下さい。
 □団体乗り入れバス
   料金:大人 2,000円 小人(4歳以上) 1,000円
     ※1週間前までに予約が必ず必要となります。
      電話にてお問い合わせ下さい。
 □徒歩コース
   動物ふれあい広場
     料金:大人 800円/小人(4歳以上) 400円
     受付時間: 19:00~21:00     営業時間: 19:00~21:30
 □遊園地
     受付時間: 17:00~21:30     遊具:17:00~20:00運行
 □レストラン・売店
     営業時間:レストラン 17:30~20:00(19:30オーダーストップ)
           動物ふれあい広場 18:00~21:00
 □イベント
     動物ふれあい広場 「キッズサファリ」イベントテント内にて
       ライオン・トラの赤ちゃん展示・ナマケモノナイトウオッチング・
       ホワイトタイガーエサやり体験 etc

ただし、天候や動物の体調により変更又は中止になる場合もあるそうです。
ちなみに・・・
秋吉台サファリランド以外に、こうしたナイトサファリを開催しているところは
東北サファリパーク(福島)・群馬サファリパーク(群馬)・那須サファリパー
ク(栃木)・富士サファリパーク(静岡)・アドベンチャーワールド(和歌山)・
姫路セントラルパーク(兵庫)・安佐動物園(広島)・九州アフリカンサファリ
(大分)等々、数多くあります。ですが、大抵は期間限定のようですね。

そしてもうひとつ。
近皆既日食動物観察ツアー
読めそうですが、転記しておきます。
■近皆既日食動物観察ツアー
  日時:平成21年7月22日(水)
  料金:通常料金
   □Aコース:動物写真撮影ツアー
      ※先着 8名様(バス料金別途1,000円)
   □Bコース:専用バスによるサファリゾーンツアー
      ※先着90名様(バス料金別途 400円)
   ※Aコースは完全予約制となります。Bコースに関しましては、予約も
    可能です。両コースとも出発は10:35。ツアー時間は約1時間。
   □マイカーコース
      ※予約不要、また人数制限もありません。
   □ウォークコース
      ※予約不要、また人数制限もありません。

皆既日食に合わせたツアーですが、近皆既日食を観察するツアーではあり
ません。皆既日食の時に、動物たちがどのような行動をとるのかを観察する
ツアーです。何も変化が起きないかも知れませんが、こうした機会は滅多に
ありません。ぜひ、ご自分の目で確かめて下さい。
地図リンクはこちらを↓(秋吉台自然動物公園 サファリランド)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台自然動物公園 サファリランド公式HP

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋吉台チャレンジキャンプ
さて今日は「秋吉台少年自然の家」のイベント参加募集を紹介しましょう。
今年も真夏のキャンプ企画が開催される時期になりました。
秋吉台チャレンジキャンプ
読み難いところを転記しておきます。
キャッチフレーズは「君のがんばる姿は美しい!
秋吉台チャレンジキャンプ
  期日:平成21年8月7日(金)~9日(日) 2泊3日
  会場:山口県秋吉台少年自然の家(美祢市美東町赤)
  対象:小学校5年生~6年生
  定員:30名程度
  参加費: 5,000円(食事代、保険代、入洞料、その他)
  申込期限:平成21年7月22日(水)
    (募集定員を超えた場合は抽選となります。ご了承ください。)
  主催者:財団法人山口県ひとづくり財団・山口県秋吉台少年自然の家

活動の内容としては、
  テント泊、ピザ焼き、肝だめし、ハイキング、天体観察等
など、盛り沢山のようです。楽しそうですね。今回は秋芳洞クイズラリーも
予定されているようです。夜のオカリナ演奏も幻想的です。
  大自然の中での活動で、豊かな心を培い、初めて出会った仲間との
  共同生活でコミュニケーション能力を高める。また、2泊3日のキャンプを
  体験することで、耐える心や頑張る心を培い達成感を体感する。

上記のような目的意識もはっきりしています。
ぜひ参加してみませんか。
申し込み先・方法や、詳細については主催者側サイトを参照下さい。
地図リンクはこちらを↓(山口県秋吉台少年自然の家)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 財団法人 山口県ひとづくり財団
  □ 山口県秋吉台少年自然の家

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

秋吉台の草原保全
年に一度の出会いの場・・・。今年は雨で会うことは叶いませんでした。
                      ・・・私の話ではなく、七夕のお話です。
さて、
最近では当ブログの知名度も上がり(局地的な知名度ですが)、いろいろな
方々が情報を提供してくださるようになりました。ありがたいことです。
今日の話題も提供いただいたひとつですので、ご紹介しましょう。
秋吉台草原ふれあいプロジェクト-1
何度か当ブログでご紹介している『秋吉台草原ふれあいプロジェクト』。
2009年度のプロジェクト情報として、新しくポスターができました。
秋吉台草原ふれあいプロジェクトとは
  秋吉台草原ふれあいプロジェクトは、趣旨に賛同する機関や個人が参
  加する「秋吉台草原ふれあいチーム」として、ボランティアや住民との
  協働作業を通して豊かな草原の保全と利用の両立を図る活動です。

秋吉台草原ふれあいチームは平成21年度「セブン-イレブンみどりの基金」
の活動助成を受けているそうです。(下記リンク先参照)
秋吉台草原ふれあいプロジェクト
↑リーフレットの裏面。
プロジェクトによって、申込み先が違いますのでご注意下さい。
2009年度のプロジェクト情報
 □お花畑プロジェクト1(済み)
   秋の草原が育ってお花畑になるように、草刈りをします。
   お子さんと一緒に参加いただけます。
    日時:平成21年6月13日(土)

 □草原の復元
   低木や外来植物の「やぶ」になりつつある場所を刈払って、
   秋吉台本来の姿を取り戻します。
    日時:平成21年7月11日(土) 8:30~12:00
    集合:長者ヶ森駐車場
    参加費:無料     昼食:なし

    ※申込み先:秋吉台エコ・ミュージアム

 □火道にお花畑づくり
   防火帯はお花畑を支える役割をしています。
   夏の火道づくりで、草花をふやしましょう。
    日時:平成21年7月26日(日) 9:00~15:00
    集合:体験民宿 ほっとビレッジ美東
    参加費: 1,500円     昼食:あり(ペンション内で昼食)

    ※申込み先:秋吉台山焼き十字軍(体験民宿 ほっとビレッジ美東)

 □お花畑プロジェクト2
   夏に草を刈った場所で、草刈りの成果を観察します。
    日時:平成21年10月12日(月・振替休日) 9:30~14:30
    集合:秋吉台少年自然の家
    参加費:大人 800円、小人(18歳以下)700円
    昼食:あり(地産地消のお弁当)

    ※申込み先:山口県秋吉台少年自然の家

 □火道切り
   秋吉台の火入れを支えている「火道」づくりを支援します。
    日時:平成21年12月13日(日) 8:30~15:00
    集合:体験民宿 ほっとビレッジ美東
    参加費: 1,500円     昼食:あり(ペンション内で昼食)

    ※申込み先:秋吉台山焼き十字軍(体験民宿 ほっとビレッジ美東)

 □追加の山焼き
   火入れで燃え残った「やぶ」をきれいにするために、火入れをします。
    日時:平成22年3月14日(日) 13:00~16:00
    集合:長者ヶ森駐車場
    参加費:無料     昼食:なし

    ※申込み先:秋吉台エコ・ミュージアム

私も「豊かな草原の保全と利用の両立を図る活動」に共感しています。
いつの季節に秋吉台へ行っても、美しい草原が維持されているのは、
こうした地道な活動があってこそだと感じます。
皆さんも『秋吉台草原ふれあいプロジェクト』にぜひ、ご参加下さい。
秋吉台の草原を子どもたちに残しましょう。
秋吉台草原ふれあいプロジェクト-2
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台草原ふれあいプロジェクト
  □ 秋吉台草原ふれあいプロジェクト(舞台裏)・・ブログ
  □ AEM :秋吉台エコ・ミュージアム
  □ 山口県秋吉台少年自然の家
  □ 自然体験民宿・ほっとビレッジ美東 > 秋吉台山焼き十字軍
  □ セブン-イレブン みどりの基金 > 平成21年度助成先団体
  □ みとう情報ナビ > 2009/06/20 「秋吉台草原の復元」作業
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/19 初夏:秋吉台お花畑プロジェクト
情報をいただきました、Y.A様、T.I 様、ありがとうございました。

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

第31回秋吉台観光まつり
梅雨が明けないまま、また今週も雨が降り続く日々がありそうです。
さて今日は、『第31回秋吉台観光まつり』の概要を紹介しましょう。
『第31回秋吉台観光まつり』の概要
主要な観光地には、こうした概要が置かれています。ネットでは、詳細な
概要を見つけられませんでしたので、この機会に転記しておきましょう。
美祢市合併1周年記念・秋芳洞開洞100周年記念
第31回秋吉台観光まつり
 □秋吉台花火大会(オープニング)
   2,000発の打上花火が鮮やかに暗闇の高原の中で打ち上げられ、
   光と音の共演、歓声とどよめきの渦に包まれます。西日本では見る
   ことができない壮大な2尺玉打ち上げ花火はまさに圧巻です。
   また、『秋吉台市場』の開催や和太鼓の演奏、レーザー・音響・特殊
   花火による演出を行います。
     開催日時:平成21年7月18日(土) 19:00~(雨天順延)
     会場:美祢市秋芳町秋吉
     ビュースポット:秋吉台カルスト展望台周辺
     アクセス:美祢I.C.より国道435号線を秋吉台方面へ約20分
     駐車台数:約3,000台
     駐車料金:17:00より無料
     交通規制:17:00~
      (当日は大変混雑いたしますのでお早めにお越し下さい。)
     ※無料シャトルバス運行(18時~秋芳洞周辺・美祢市役所・
       サファリランド等) また、花火大会当日17:00~20:00まで
       特別料金200円(高校生以上)で秋芳洞へ入洞できます。

 □『三洞物語』~避暑地を求めて~
   夏休み期間中、平均気温17℃の「秋芳洞」「大正洞」「景清洞」を
   巡る共通券を販売。
     実施期間:平成21年7月1日(水)~8月31日(月)
     販売価格:大人(中学生以上)2,000円 小人(小学生以上)1,000円
     特典:市内宿泊施設や観光施設の様々な特典の他、
         抽選で特産品が当たる。

 □「ものづくり体験」(夏休みの自由研究に)
   化石採集・竹細工(竹とんぼ、竹鉄砲など)・大理石クラフトなど、
   美祢市の特産物を使ったものづくり体験を実施します。
   夏休みの自由研究に是非どうぞ!!
     開催期間:平成21年7月19日(日)~8月30日(日)の土日祝
     実施時間:10:00~16:00
     体験料100円~500円(体験料、材料費込み)
     会場:美祢市秋芳町秋吉 秋芳洞ふれあい広場

 □秋芳洞「闇と灯のロマン探検」(洞内暗黒の世界へどうぞ)
   照明を点けない本来の秋芳洞を体験できます
   また、商店街通路約400mを竹灯でライトアップいたします。   
     実施期間:平成21年7月24日(金)~8月29日(土)の金・土曜
     会場:秋芳洞及び秋芳洞商店街
     入洞時間: 19:30~(要予約)
     点灯時間: 19:00~21:00  ※花火大会当日は22:00まで
     入洞料金:大人1,300円 中学生1,050円 小学生700円
            ※20名より団体料金適用

 □秋芳洞「浴衣で洞?」
   浴衣で来洞されたご本人及びペアを対象に秋芳洞の入洞を
   無料といたします。
     開催期間:平成21年7月18日(土)~8月16日(日)
     開催時間: 8:30~16:30(花火大会当日は8:30~20:00)

 □紙芝居「寿円禅師物語」
   秋芳洞開洞100周年を記念し、秋芳洞正面入口四阿において
   紙芝居「寿円禅師物語」を実施します。
     開催期間:平成21年7月19日(日)~8月30日(日)
     開催時間: 10:05、12:05、14:05


集客力の強さ・知名度の高さから、メインイベントは「秋吉台花火大会」だと
思いますが、それ以外にも多くのイベントが開催されるようです。(都合に
より内容の変更がある場合もあります。)詳しくは秋吉台観光まつり実行
委員会(美祢市観光振興課内)へお問合せ下さい。
この夏は、秋芳洞・秋吉台から目が離せませんね。
地図リンクはこちらを↓(秋芳洞)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > 秋芳洞開洞100周年
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/01 秋芳洞100周年イベント紹介
  □ みとう情報ナビ > 2008/07/03 「新市合併記念」高原花火大会

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

美祢市歴史街道スタンプラリー
今月1日から始まった『美祢市歴史街道スタンプラリー』のパンフレットを
手にいれましたので、今日はご紹介しましょう。
最近は、この検索キーワードが増えています。ですが、ネットで探す限り、
あまり詳しい情報はなく、パンフレットを入手しないと詳細が分かりません。
遠方からでも「行ってみよう!」と思っていただけるように、当ブログで
転記しておきます。
美祢市歴史街道スタンプラリー-1
「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント
美祢市歴史街道スタンプラリー
  期間:平成21年7月1日(水)~8月31日(月)
  場所:美祢市内
  参加要領:指定の5つのグループの観光スポットに設置してあるスタン
         プを、各グループ1つずつ応募用紙に押して、5つ揃ったら各
         施設に備え付けの応募箱へ投函してください。ご応募いた
         だいた方の中から抽選でステキな賞品をプレゼントします。
  応募締切:平成21年8月31日(月)投函分迄
  当選発表:賞品の発送をもって代えさせていただきます。
  応募のご注意:応募はお一人様1回(重複応募は無効)

美祢市歴史街道スタンプラリー-2
(↑クリックすると拡大できます)
秋芳洞を始め、美祢市内の名所・史跡をスタンプラリーで巡ります。
各グループを1箇所以上巡った方には、美祢市の特産品を抽選で
プレゼントが当るという企画です。
以前紹介した、長州路観光連絡会の「下関・長門・美祢 山口県西部
ドライブスタンプラリー」に感じは似ていますが、少し違いますね。
ちなみに、スタンプが設置してある場所がこちら↓
美祢市歴史街道スタンプラリー-3
スタンプ設置場所
 □洞窟・自然グループ
    秋芳洞(秋吉)・大正洞(赤)・景清洞(赤)・大岩郷(伊佐)
 □水めぐりグループ
    別府弁天池(別府)・秋芳白糸の滝(嘉万)・水神公園(於福)
 □神社・お寺グループ
    金麗社(大田)・南原寺(伊佐)・熊野神社(東厚保)
 □やすらぎと遊びグループ
    道の駅おふく(於福)・道の駅みとう(大田)・景清洞トロン温泉(赤)・
    秋吉台家族旅行村(秋吉)・秋吉台サファリランド(赤)・森の駅(大嶺)
 □学術グループ
    美祢市歴史民俗資料館(大嶺)・美祢市化石館(大嶺)・
    秋吉台科学博物館(秋吉)・秋吉台エコ・ミュージアム(赤)・
    長登銅山文化交流館(長登)・秋吉台国際芸術村(秋吉)

全部で22箇所あり、応募箱はその内の18箇所に設置してあるそうです。
この機会にぜひ、ご参加下さい。
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > イベントカレンダー
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/01 秋芳洞100周年イベント紹介
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/26 ドライブスタンプラリーに挑戦

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

リバリンピック2009
「梅雨の中休み」というところでしょうか。時折、お日様も見えました。
さて、今日は「リバリンピック2009」をご紹介しましょう。
リバリンピック2009-1
リバリンピックとは、市内小学生を対象とした手作りイカダレースのことです。
使用するのはなんとペットボトル!
自ら作成し、レースで競い、終了後は解体分別まで行います。
昨年は厚狭川の丸和付近~さくら公園で開催されたようですが、今年は
道の駅みとう 大田川河川公園で開催されます。
リバリンピック2009
  日時:平成21年7月26日(日) 8:00受付 16:30解散予定
  会場:道の駅みとう 大田川河川公園(美祢市美東町大田5486-1)
  参加費:無料
  参加者資格:小学校3~6年生を対象とし、1チーム4名での参加
          参加するにあたり、保護者の許可のある人
  申込締切:平成21年7月20日(月) 定員になり次第 締切
  主催:社団法人 美祢青年会議所
  後援:美祢市・美祢市教育委員会

リバリンピックの様子
こうした企画は思ったよりも少ないようですね。普段、川遊びをしなくなった
子どもたちには、どんどん参加して欲しいものです。
当日、道の駅みとうにお立ち寄りの際は、ぜひ応援してあげて下さい。
地図リンクはこちらを↓(道の駅みとう 大田川河川公園)
 Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 社団法人 美祢青年会議所
  □ 社団法人 美祢青年会議所 > 総務のブログ

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

秋芳洞100周年イベント紹介
豪雨もようやく一息つきました。引き続き、災害情報には注意しましょう。
さて今日は、「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント及び関連イベントを
日付順に整理してみましょう。

「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント 及び関連イベント
○4月5日(日)~12月中旬  [毎週日曜日に開催中(お盆を除く)]
秋吉台地域エコツアー(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)

○7月1日(水)~8月31日(月)
「秋芳洞・秋吉台」「防府」エリアにおける観光キャンペーン
  JR西日本では7月から8月の2ヶ月間、美祢市および防府市の地元観光
  関係者と共同で、今年開洞100周年を迎えさまざまなイベントが行われ
  る「秋芳洞・秋吉台エリア」と、近年新鮮な鱧料理と歴史的名刹で注目を
  集める「防府エリア」にスポットを当てた観光キャンペーンを開催します。
   開催場所:「秋芳洞・秋吉台エリア」と、「防府エリア」
   主催:JR西日本

  □ JR西日本 > 「秋芳洞・秋吉台」「防府」エリア観光キャンペーン開催

○7月1日(水)~8月31日(月)
美祢三洞物語-避暑地を求めて-
美祢三洞物語-避暑地を求めて-(秋芳洞開洞100周年祭記念イベント)
  涼と地球の歴史体感ゾーンへ。「秋芳洞・大正洞・景清洞」三洞周遊
  共通券販売中。大人 3,200円→2,000円、小人 1,720円→1,000円に。
   開催場所:秋芳洞・大正洞・景清洞
   主催:美祢市

  □ みとう情報ナビ > 2008/07/27 新美祢「三洞物語」

○7月1日(水)~8月31日(月)
美祢市歴史街道スタンプラリー(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  秋芳洞を始め、美祢市内の名所・史跡をスタンプラリーで巡る。
  全て巡った方には美祢市の特産品をプレゼント。
   開催場所:美祢市内
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会

○7月1日(水)~12月27日(日)
写真展「開洞100周年展」(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  昔の写真をパネル化した写真展で「秋芳洞」100周年の時間の流れを
  タイムスリップ。
   開催場所:秋芳洞入口3箇所、秋芳洞商店街、ふれあい広場展示館
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会

○7月18日(土)
第31回秋吉台観光まつり 高原花火大会
(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  秋吉台では、2,000発の花火が暗闇の草原の中で打ち上げられ、
  歓声とどよめきで包まれる。西日本でも珍しい2尺玉花火は絶景。
  秋芳洞周辺では、各種イベントを開催。
   開催場所:秋吉台及び秋芳洞入口周辺
   主催:秋吉台観光まつり実行委員会

○7月18日(土)~8月30日(日)
大理石アートフェスタ in 秋芳洞(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  美祢市の代表的な産業である大理石工芸品の展覧会を行う。
   開催場所:秋芳洞商店街及びふれあい広場
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会

○7月19日(日)~8月30日(日)の土・日・祝日のみ
ものづくり体験・特産品販売・紙芝居(秋芳洞開洞100周年祭記念イベント)

○7月20日(月)
寿円禅師顕彰祭(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  「雨乞開山」として地域の民衆に深く振興されていた寿円禅師をしのぶ
  祭を実施する。また、寿円禅師の紙芝居を秋芳洞入口で実施(7月19日
  ~8月31日までの土日祝の10時・12時・14時に実施)
   開催場所:美祢市秋芳町広谷地区
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会

○7月25日(土)~8月2日(日)
光響ファンタジー・水と大地の神秘(秋芳洞開洞100周年祭記念イベント)
  世界的な照明デザイナー石井幹子氏による秋芳洞内のライトアップを
  行う。開洞100周年祭のメインイベント!
   開催場所:秋芳洞内
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会

  □ みとう情報ナビ > 2009/05/31 待望の光響ファンタジー

○8月1日(土) 15:00~21:30
第21回アンモナイトフェスティバル
  マーチングバンドや太鼓の演奏、キャラクターショーが行われ、またミニ
  SLやエアトランポリン、もちまき等もある。各種バザーもあり、長年続く
  化石と花のまち美祢を代表するふるさと祭り。
   開催場所:美祢スポーツセンター横「伊佐公園グラウンド」
   主催:アンモナイトフェスティバル実行委員会

○8月下旬~9月上旬
秋芳梨狩り
  カルスト台地「秋吉台」の赤土で育った20世紀梨は糖度が高い
  おいしい梨。おみやげ2個付き。梨食べ放題。
  料金:大人1,000円、小学生800円、幼稚園600円。25名以上団体割引。
   開催場所:美祢市秋芳町別府
   主催:秋芳梨生産販売協同組合

○9月5日(土)~9月6日(日)
別府弁天まつり
  豊年満作を願い、神の恵みである水に感謝する祭りで、無形文化財
  「別府念仏踊り」が奉納される。全国名水百選「別府弁天池」周辺では、
  田舎芝居や露店が立ちならび、多くの客で賑わう。
   開催場所:別府弁天池周辺(美祢市秋芳町別府)
   主催:厳島神社

○10月25日(日)
第6回 秋吉台カルストウォーク2009(秋芳洞開洞100周年祭記念イベント)
  日本最大のカルスト台地、秋吉台を舞台にウォーキング大会を開催し
  ます。自然が創り出した壮大で不思議な景観を眺め、自分の足で
  自然の素晴らしさを体感しませんか。
   開催場所:美祢市秋芳町秋吉
   主催:秋吉台カルストウォーク実行委員会

○10月30日(金)~11月1日(日)
ラ フェスタ デッラ アウトモービレ クラシカ(クラシックカーの祭典)
(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  1960~80年代の憧れの車やスポーツカーを一同に集結、展示!
  伝統や文化・古い物を大事にし後世に残し、伝えていくことの大切さを
  考えなおす。
   開催場所:美祢市役所、秋芳洞、県西部・北部
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会

○10月30日(金)~11月1日(日)もしくは11月5日(木)~11月10日(火)
大菊花展とお茶会(「秋芳洞」開洞100周年祭記念イベント)
  秋を代表する「菊」と、美祢市の「名水百選」で抹茶で、おもてなし。
   開催場所:秋芳洞バスターミナル、秋芳洞ふれあい広場
   主催:特別天然記念物「秋芳洞」開洞100周年祭実行委員会


7~8月にかけて、関連イベントが沢山予定されていますね。
個別のイベントで、詳しい情報を入手しましたら随時紹介させて頂きます。
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋吉台・秋芳洞観光サイト > 秋芳洞開洞100周年
  □ みとう情報ナビ > 2009/04/20 「秋芳洞開洞100周年」ポスター

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。