FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
眼病に御利益の生目八幡
夕方、秋吉台周辺では雨が降りました。
今はもう降っていませんが、明日の山焼きは微妙な感じですね。
最終決定は明日の朝だそうです。どうでしょうか。

先日、犬ヶ森ポノールを溯って久しぶりに「景清洞」に入りました。
ふと、目をやるとそこには『生目八幡』がひっそりとありました。
生目八幡-1
以前、「長門の国 七不思議めぐり」の五番所として少しふれましたが、
今日は写真を掲載して紹介しましょう。
美東町には綾木の「どじょう森さま」が腰の下の病に御利益があると
言われているのと同様に、この『生目八幡』は眼病に御利益があると
言われています。
生目八幡-2
『生目八幡』は「いきめ」八幡と読みます。
おそらくは、「活目」とも通じるモノがあるのでしょう。
手前には「長門の国 七不思議めぐり」の説明板がありました。
長門の国 七不思議めぐり 五番所
これに補足する内容を、某Webサイトで見つけました。(真偽は不明)
  数百年後、このことを聞いた周防国熊毛郡平生村の栄三郎という
  眼疾に悩む者が、洞内にこもり治療した。
  すると頑固な眼疾が完治したのでここに「八大竜王生目大権現」を
  祈り安置した。時は1821年のことである。
  現在は美東町赤郷佐山の住民が、毎年7月15日に祭礼を行う。


話は『生目八幡』の歴史や言い伝えから変わりますが、
以前は赤い鳥居だったと思い、ネットで調べてみました。
以前の生目八幡
確かに赤でした。
塗装がキレイに剥げたとは思えないので、新しく建てたのでしょう。
いつかまた赤く塗るのでしょうか。
入口の広い空間にポツンとある雰囲気
個人的には、入口の広い空間にポツンとある雰囲気(↑)が好きです。
ちなみに、平景清の生目に関する神社で有名なのが、宮崎市の
「生目神社」です。(リンク先参照)
ここにも同じような伝説が残されています。
「景清洞」にお越しの際は、ぜひ『生目八幡』にもお立ち寄り下さい。
地図リンクはこちらを↓(景清洞・景清穴・生目八幡)
  Mapion
関心のある方はこちらを↓
  □ みとう情報ナビ > 2006/12/11 長門の国 七不思議めぐり
  □ PhotoMiyazaki みやざき観光写真 SUB Page > 生目神社
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック