FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
景清洞トロン温泉
美東で温泉に入ろうと思えば、「湯の口温泉(湯遊の郷 天宿)」か
「景清洞トロン温泉」でしょう。昨日のブログで「景清洞トロン温泉」に
エステがオープンしたことをお伝えしましたが、今日はメインの
『景清洞トロン温泉』を紹介しましょう。
景清洞トロン温泉 外観
温泉内の写真はリンク先を見て頂くとして、紹介は温泉情報ナビ風に・・
 ○場所:山口県美祢郡美東町赤3108
 ○営業:10:00~22:00(受付21:00まで) 休館日:第1・3月曜日
 ○料金:大人 600円 / 子供 300円
 ○種類:露天風呂・内主浴槽・小浴場・低温トロンサウナ
 ○泉質:トロン浴素 40.0℃ 無色・透明
 ○効能:神経痛 /腰痛 /肩こり /冷え性 /痔 /水虫 / しもやけ /他
 ○施設:大広間・休憩室・ヘルスコーナ・食堂・通信カラオケ 他
 ○備付:ボディソープ・シャンプーリンス・固形石鹸
 ○薦度:☆☆☆☆☆ 露天風呂は広くて開放的でお薦めです。

残念なことに天然温泉ではありませんが、
イオン化作用(生態活性化作用)が強いモザナイト(トロン)鉱石に
地下から汲み上げた水を沸しくぐらせて、ラジウム温泉と同様の
効能・効果及び、湯質が楽しめる温泉です。
こうした「トロン温泉」は、全国に沢山あります。

ここのお薦めは、やはり開放的な露天風呂でしょう。
ジェット(超音波浴)とバイブラ(泡沫浴)を設置している露天風呂には、
岩風呂・大仏風呂(御影石風呂)があります。以前は檜風呂でしたが、
老朽化のため御影石の浴槽にリニューアルされました。その横に
美東のシンボル「大仏さま」があり、佇む姿を見ながら湯に浸かります。

歴史を振り返ると、
  1989年(平成元年)       天然温泉を目指し、試掘
  1991年(平成3年)10月    景清洞トロン温泉がオープン
  1994年(平成6年) 1月    ヘルシーハウスが完成
  1998年(平成10年)4月27日 露天風呂がオープン
  1998年(平成10年)8月    利用者が50万人を達成
  2002年(平成14年)9月29日 利用者が100万人を突破
  2003年(平成15年)7月 8日  改装オープン
  2005年(平成17年)10月    露天風呂をリニューアルオープン
当初は天然温泉を目指していました。
町は「町民に温泉を楽しんでもらおう」と、1989年「ふるさと創生資金」を
使って温泉を試掘したそうですが、失敗に終わったそうです。

「人工温泉」と言ってしまえばそれまでですが、トロン効能が良いとの
評判で、客足は伸びています。立地条件的には景清洞に隣接し、
秋吉台オートキャンプ場利用者にも人気が高い温泉です。
ぜひ一度、トロン温泉で心身の疲れを癒してみませんか。
地図リンクはこちらを↓(景清洞トロン温泉)
Mapion
関心のある方はこちらを↓
  □ 美東町観光課 > まるごとみとう > みとうの湯(トロン温泉)
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック