FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
環境保全と観光振興の両立
久しぶりに雨が降った気がします。
桜の一番綺麗な時期にほとんど降らなくて良かったと思いますが、
これからの時期は農繁期に入って行きますので適度な雨は歓迎ですね。

今日は新聞やネットのニュースにも掲載されていた、
秋吉台地域エコツーリズム推進協議会』設立の話題です。
平成19年3月14日(水)に秋吉台国際芸術村で
「秋吉台エコツーリズム推進シンポジウム」が開催されました。
その時の様子が西日本新聞のWebサイトに公開されていました。
以下は、その記事の転記(一部抜粋)です。

秋吉台地域の環境保全と観光振興を両立させるエコツーリズムの
確立を目指す「エコツーリズム秋吉台地域戦略会議」
  推進戦略では、この理念を踏まえ「環境負荷を最小限にしながら
  体験し、地域に対して利益や貢献のある持続可能なツーリズム」を
  エコツーリズムの基本的な考え方とした。その上で、秋吉台の豊かな
  自然や鍾乳洞を通した地下水系の活用、北長門海岸国定公園や
  宇部・山陽小野田地域との連携、東アジア地域との交流などを
  秋吉台地域での活動の特徴とした。

  具体的な推進策として、国会で議員立法の準備が進む
  エコツーリズム推進法案をにらみ、4月に秋吉台地域の美祢市、
  秋芳町、美東町による「秋吉台地域エコツーリズム推進協議会」を
  発足させ、全体構想などの策定に当たる。また、エコツーリズムの
  実施・運営組織となる「秋吉台エコツーリズム協会(仮称)」も同月、
  観光業界、自然保護団体、学術組織、行政などで設立。法人化し、
  旅行業免許を取得する。


この時の推進案が具体化され、4月12日に『秋吉台地域エコツーリズム
推進協議会』の設立に至ったようです。
朝日新聞のWebサイトによると、
  秋吉台の地下に広がる秋芳洞への2006年度の入場者数は約61万人。
  ピークだった1975年度の198万人に比べ3割ほどに落ち込んでいる。

入場料金を徴収している「秋芳洞」は入場者数の把握ができますが、
「秋吉台」は正確な観光訪問者数が把握しにくい所です。
ですが、ピーク時に比べ減っていると思われます。
個人的には観光客の数よりも、今の自然環境を維持し本当の秋吉台の
素晴らしさを皆に知って頂くことが優先だと考えています。

「秋吉台地域エコツーリズム推進協議会」関係によるイベント情報です。
■モニターエコツアー 1「秋吉台の春の野草を楽しむ
  日時: 2007年4月15日(日)
  主催:秋吉台地域エコツーリズム推進協議会
  後援:山口県・美祢市・美東町・秋芳町
■モニターエコツアー 2「秋吉台の石灰岩と大理石・野草を探る
  日時: 2007年4月15日(日)
  主催:秋吉台地域エコツーリズム推進協議会
  後援:山口県・美祢市・美東町・秋芳町

私が気が付くのが遅く、申込締切日は既に過ぎてしまいました。
■「秋吉台ウォーキング
  日時: 2007年4月29日(日)9:00集合
  集合場所:長者ヶ森駐車場
  主催:秋芳町自然保護協会・秋吉台管理事務所・秋吉台科学博物館

こちらの申込締切日は4月27日(金)までです。
申込・詳細については、秋芳町HP(下記リンク先)をご覧下さい。

秋吉台の地下水系は2005年、ラムサール条約の登録湿地に認められ、
環境への配慮が一段と求められています。
協議会設立の目的である「環境保全と観光振興の両立」を、
ぜひ実現させて頂きたいと思っています。
関連リンクはこちらを↓
  □ 秋芳町HP > トピックス
  □ 朝日新聞(asahi.com) > マイタウン山口 > 2007/04/13
     エコツーリズム 秋吉台で推進

  □ 西日本新聞 > 山口 > 2007/03/22
     協会設立やガイド養成 エコツーリズム戦略会議 地域振興へ

  □ みとう情報ナビ > 2007/02/20 秋吉台エコツーリズム

最後に、美東病院前の芝桜の写真を貼っておきましょう。今が見頃です。
美東病院前の芝桜
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック