山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美東の陶芸家
昨日は美東の画人を紹介しましたが、今日は美東の萩焼陶芸家を
紹介しましょう。一見、萩焼と美東は何ら関係がなさそうですが、
美東町にも萩焼窯元があります。
道の駅みとう横、都市と農村交流の館に紹介文がありました。

河内宣雪 萩焼窯元:どじょう森窯
  1950年 山口県美東町に生まれる
  1994年 萩焼作家 渋谷泥詩氏に師事
  1996年 第50回山口県美術展入選
  1998年 萩美術展入選(以後連続3年入選)
  2001年 独立開窯 どじょう森窯(美東町綾木四の瀬)
  2002年 萩美術展入選
  2003年 第57回山口県美術展入選

萩焼の伝統を生かしながら、現代感覚での創作を念じていらっしゃいます。
関連リンクはこちらを↓(師事された渋谷泥詩氏に関して)
  □ 茶碗屋真心堂 > 萩焼窯元:御台場窯 渋谷泥詩

時松泰礼 萩焼窯元:泰礼陶房(たいれいとうぼう)
  1972年 大阪府に生まれる
  1994年 神戸芸術工科大学工業デザイン学科プロダクトコース卒業
  1995年 山口芸術短期大学聴講生、陶芸専攻
  1996年 萩焼緑栄窯 松野龍司に師事
  2000年 美東町に独立・開窯(美東町長田法名)

柔らかな萩焼の特徴を呈しながらも若者らしく遊び心があり、使い易く
楽しい陶器作品が主です。頭に巻いたタオルがトレードマークです。
関連リンクはこちらを↓(師事された松野龍司氏に関して)
  □ 萩焼窯元:緑栄窯 松野龍司

萩焼ではないかも知れませんが、美東出身の陶芸家をもうひとり。
大中和典
  1971年 美東町に生まれる
  2001年 作陶を始める
  2005年 工房を開く
  2006年 朝日現代クラフト展入選
  2006年 第60回山口県美術展覧会佳作


この他にも美東に関係した陶芸家がおられると思います。
紹介した御三方共々、詳しい情報のコメント・メールをお待ちしています。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
窯から出す時に外との温度差で器が収縮します。その際に出来たヒビを貫入と呼んでいます。使い込むうちにこの貫入に、茶渋などが染み込み色が変化していきます。これを「萩の七化け」といい、好まれる方がたくさんいらっしゃいます。●お届け5日~7日前後(宅配便)●箱サイ
2007/08/11(土) 06:44:18 | 陶器が最高によかった
・萩焼・湯呑み・陶芸:湯のみ@萩焼・萩焼を買いました・しみじみ見つめて楽しみたい陶器・濱中 孝子 【シルバー&陶器アクセサリー】 入荷しました。・お刺身の盛り合わせなどに最適重厚感溢れる・アジアンプレートセット 濃紺柄【キッチン・【3方向からの豊富な画像付
2007/09/06(木) 13:42:36 | 陶器を...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。