FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
白虎と大金鶏菊と二色空木
「秋吉台サファリランド」がベビーラッシュだということは、ニュースで知って
いましたが、「ホワイトタイガー」の赤ちゃんが誕生するかも知れないと
聞いて、驚きました。(もちろん、嬉しいことです。)
どうやら、ホワイトタイガー同士の交尾が確認されたらしく、妊娠すれば
8月中旬ごろに出産の見通しだそうです。期待が膨らみますね。
詳しい情報は関連リンクへ↓
  □ YOMIURI ONLINE(読売新聞) > 週間ニュース 九州発
      > ホワイトタイガーのベビー誕生に期待・・山口のサファリランド


さて今日は、今の美東(花バージョン)をお届けしましょう。
オオキンケイギク(大金鶏菊)-1
綾木高山の道路公園の対岸、金焼橋附近に咲き乱れる花風景です。
この花は『オオキンケイギク(大金鶏菊)』です。
生態系を崩すとして、2006年2月1日より「外来生物法」による
特定外来生物に指定され、栽培・補完・運搬・輸入・植栽が原則的に
禁止されることになった植物です。
オオキンケイギク(大金鶏菊)-2
キク科ハルシャギク属「オオキンケイギク」は、北アメリカ原産の帰化
植物であり、栽培されていたものが野化したものだそうです。
荒地に強いことから、河川の土手や河原を中心に繁茂し、在来の植物に
対して大きな影響を与える理由から、生態系を崩すと言われています。
「きらびやか」という花言葉を持つ花畑も、
そんな目で見てしまうと微妙です・・。
関連リンクはこちらを↓
  □ 岡山理科大学 総合情報学部 生物地球システム学科
    植物生態研究室(波田研) > オオキンケイギク

  □ 環境省 > 自然環境局 > 外来生物法

もうひとつは、真名の真長田八幡宮で見つけた花です。
ニシキウツギ(二色空木)-1
境内鳥居前の駐車場に咲いていました。
この花は『ニシキウツギ(二色空木)』です。
山地の瓦礫地や、やや湿った所に自生する落葉低木で、日本が原産。
自然開花期は5月~6月と言われています。
スイカズラ科タニウツギ属「ニシキウツギ」の特徴は
なんといっても、可変する多彩な花の色にあります。
花の咲き始めは淡黄白色ですが桃色へ変化し、そしてだんだん
紅色に色付き、やがて暗紅色に変化していきます。
ニシキウツギ(二色空木)-2
観る時期によってはひとつの木に、何色もの花を咲かせているような
錯覚に陥ります。(私がそうだった様に・・)
このような花の種類には「ハコネウツギ(箱根空木)」もありますが、
「ニシキウツギ」は山地に、「ハコネウツギ」は海岸近くに生えるそうです。
なんだか、とってもいいものを観た気になりました。
関連リンクはこちらを↓
  □ 植物園へようこそ! > ニシキウツギ(二色空木)
スポンサーサイト



テーマ:■お花が好き♪ - ジャンル:趣味・実用

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック