FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
ジオパークに秋吉台を
「ジオパーク」
聞き慣れない言葉ですが、「世界遺産」をまとめている
国際連合教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)が「地質遺産」として
提唱する自然公園の一種のことです。
どうやら『秋吉台』を、この「ジオパーク」に登録しようとする動きが
あるようです。関連リンクはこちらを↓
  □ 山口新聞 > 2008年1月26日(土)掲載 ニュースダイジェスト
ジオパーク
秋吉台は、「日本三大カルスト」であって「山口三大名物」です。
古くは「新日本旅行地100選」に選定され、「日本の地質百選」・
「遊歩百選」にも選ばれています。
残念ながら「日本の自然百選」には選ばれませんでした(山口県は
「十種ヶ峰」と「長門峡」の二ヶ所)が景観美は誰もが認めるところでしょう。
また、「人と自然が織りなす日本の風景百選」には、
「周防秋吉台の野焼き」が選出されています。
忘れてはなりませんが、秋吉台地下水系は2005年11月8日、
ラムサール条約登録湿地にも登録されています。
秋吉台 8月-1
こうして表向きは平穏な現在ですが、戦争が色濃く陰を落とした時期も
ありました。第二次世界大戦中に、日本軍の演習地となったことは以前、
当ブログでも触れましたが、終戦後もアメリカ軍の空襲爆撃演習地とする
計画がありました。1956年(昭和31年)のことです。
もちろん反対運動が起き、日本の学者は秋吉台の学術的重要さを
内外にアピールし、小沢太郎山口県知事(当時)が、米大統領に
計画中止を直訴するなど保護運動に発展したそうです。
1961年(昭和36年)、秋吉台は特別天然記念物の指定などを経て
計画は撤回されました。
秋吉台 8月-2
また、1985年(昭和60年)2月には、九州の企業が秋吉台に観光目的の
高さ49mにもなる、「観音像展望台」の建設計画が持ち上がったそうです。
当初、「自分たちの負担なしで観光客が増える。
地元の行政と観光業者は諸手をあげて歓迎した。」そうですが、
結果は「貴重な秋吉台の自然を守れ」という、県内外の多くの人々の声で
1985年(昭和60年)9月に、「観音像展望台」計画は中止に
追い込まれたそうです。そりゃそうでしょう。考えが浅はかです。
秋吉台 1月
↑静かに山焼きを待つ秋吉台。
今年の「秋吉台山焼き」は、2月17日(日)9時30分に火入れ予定です。
関連リンクはこちらを↓
  □ 新日本旅行地100選:wikipedia
  □ 日本の地質百選
  □ 遊歩百選
  □ みとう情報ナビ > 2007/04/29 旧大田演習場忠魂碑
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
秋吉台射爆場
数億年の秋吉台の歴史の中で人間の勝手で簡単に自然を破壊していいものか?当時の人々の射爆場反対の気持ちが私たちに今の秋吉台を残してくれたと思います。私たちも後世に残さなければと思いますが山焼きの継続などの問題も難しいところです。
陸軍の演習場跡の石碑があるところ(長者が森近くの展望台あたり)で歩兵銃の弾が残っていて拾ったことがあります。今でもあるかな?
2008/02/10(日) 22:46:54 | URL | uma #-[ 編集]
銃弾
umaさん、こんにちは。
どんなに素晴らしい自然の遺産であっても、それを見る人の感じ方次第で
評価が変わってしまいます。日本軍の演習地となったことは、
当時としては仕方なかったのかも知れませんが、アメリカ軍の空襲爆撃
演習地になることが避けれて良かったと思います。外国の人にとって
「秋吉台」は、ただの荒野にしか感じなかったのでしょうか。
「ジオパーク」に登録されれば、また評価も変わってくるのでしょうね。

私も子ども頃、銃の弾(少し長細い)を拾ったことがありますよ。
今なら地表面にはなくても、ちょっと掘り起こしたらありそうですね。
2008/02/11(月) 09:52:08 | URL | mitounavi #6g0AATHs[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック