FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
日本の美・庭園の美
今日は一日中、雨でした。久しぶりのことです。この雨で、せっかく
紅葉した葉が散らないこと(私が写真を撮るまでは・・)を願っています。

日本人は桜や紅葉といった、四季の移り変わりを象徴するものが
昔からとても好きです。それは自然の美に敏感なのだからだと思います。
自然の美を、より手近に観賞できるよう「日本庭園」は発達してきました。
草創期より、中国や朝鮮半島の文化や思想によって強く影響され
ながらも、世界的にも類のない日本独自の様式と意匠を発展させて
きたと言えます。同じく自然風の庭園様式でありながら、中国や英国の
それと異なるのは、自然をそのまま具現化するのではなく、象徴的に
抽象化している点です。築山・枯山水などはその代表でしょう。
明林寺の庭園
美東町綾木に、町指定文化財の名勝『明林寺の庭園』があります。
現地に立っている説明板の言葉を引用させてもらいますと・・
  本庭は書院からの観賞を主眼とした池泉観賞式庭園で、地割や
  石組は堅固に残され、作庭の意図及び技法をよく窺うことができる。
  三尊石を核になだらかな築山を構成し、山裾に枯滝を中心に
  小振りながら整った石組でまとめた構図は見事である。
  特に築山や池泉を中心とした全体的な地割は最も注目されるもので、
  江戸時代前期と推定する作庭時期当時の姿を留めている
  県下に残る古庭園の典型として優秀である。(平成6年指定)
                           (美東町教育委員会)
池泉観賞式庭園とは、庭園を形式分類した場合、枯山水と対峙する
庭園の作り方の呼び名で、観賞式とは歩いて観賞せず、院に座って
眺める形式のことをいいます。障子等建具を全面に開く枠取りの庭は、
障壁画のような大画面の立体絵画を思わせます。
古寺巡礼・庭園観賞に、秋の美東町はいいですよ。是非。
境内には美東町指定文化財(天然記念物)の『イヌマキ』もあります。
地図リンクはこちらを↓
  Mapion
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック