FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
再訪したい観光地1位は
唐突ですが、ネットでこんな記事を見つけました。
再訪したい観光地1位は出雲
  イメージが良く、実際に行っても満足できる中国地方の観光地は
  宮島、倉敷、出雲など8地域―。
  中国経済連合会が中国5県の住民に観光地の魅力度を聞いた
  アンケートでこんな結果が出た。
  一方でイメージと満足度のバランスが良くない地域もあった。
  結果は各県に提供し、観光施策に役立ててもらう。
  調査は観光振興を目的に7月、インターネット調査会社に委託して実施。
  各県の観光動態調査などで観光地とされている5県の49地域の
  中から選んでもらう方式で、750人から回答を得た。
  これまで行ったことがない地域への訪問を希望した人の割合は、
  宮島が73.4%で最多。
  石見銀山73.3%、出雲69.1%、広島67.8%などと続いた。
  再度訪れたいというリピート希望率は、出雲が87.7%と最多で、
  美作三湯86.6%、宮島85.1%、大山84.4%などとなった。
  中経連は訪問希望率60%以上、リピート希望率76%以上の地域を
  「イメージ内容充実型」として分類し、宮島、下関、秋吉台・秋芳洞
  倉敷、出雲、隠岐、浜田、鳥取が当てはまった。
  訪問希望率は60%未満ながら、リピート希望率76%以上の地域は
  「内容先行型」とし、三次・庄原、美作三湯、大山など11地域を挙げた。
  一方、訪問希望率は60%以上だが、リピート希望率は76%未満だった
  地域は「イメージ先行型」とし、広島、尾道、石見銀山など6地域が
  該当した。
                  中国新聞 > 地域ニュース > 08/11/30より

これによると「秋吉台・秋芳洞」は訪問希望率60%以上、リピート希望率
76%以上の地域で「イメージ内容充実型」として分類されるようです。
ただし、これは、
中国5県の住民に観光地の魅力度を聞いたアンケート
の結果です。もっと広域的に調べると結果も変わってくるでしょう。
また、何をもって「魅力度」の高低を判断するかは難しいところです。

そう言えば、記事に地名が挙がっていない「萩」や「岩国・錦帯橋」は
どうだったのでしょうか。全ての結果を知りたいモノです。
関連リンクはこちらを↓
  □ 中国新聞 > 地域ニュース > 08/11/30 再訪したい観光地1位は
  □ 中国経済連合会
スポンサーサイト



テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック