FC2ブログ
山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
長登銅山文化交流館が開館
秋吉台サファリランドのキッズサファリがフルオープンする前の日、24日に
美祢市『長登銅山文化交流館』の竣工式が行われました。
昨日アップした記事の続きですが、キッズサファリを堪能した後、一般公開
初日の長登銅山文化交流館を見学してきました。

4日遅れですが、今日はこの様子を紹介しましょう。
長登銅山文化交流館-0425-1
平成15年7月25日に国指定史跡となった「長登銅山跡」。
平成元年から10年間発掘調査が継続され、その調査結果は、我が国の
銅山開発を解明するのに欠かせない資料となり、特に、木簡829点の
出土は貴重(この内223点は山口県指定有形文化財)なものです。
今や、長登銅山跡は、美東のみでなく山口県を代表する遺跡として全国
的に有名となりましたが、反面、莫大な出土資料は倉庫に眠ったままで、
一般に公開・活用されていないのが現状でした。
関係者にとっては、待望の文化交流館(資料館)が完成したことになります。
長登銅山文化交流館-0425-2
パンフレットから借用させて頂きました。(↑クリックすると拡大できます。)
ガイダンスシアター室(アニメタッチの映像で大仏が誕生するまでをわかり
やすく説明。)を取り囲むように、所狭しと資料が展示されています。
長登銅山文化交流館-0425-3
入口から左手、順路の最初です。
奥のコーナーには、ミニ大仏(天平創建時代の30分の1の大仏を復元)が
鎮座しているのが見えます。
右手の開口部は、第2展示室(明治維新コーナー)・第2研修室(付近の
史跡)へと続いています。
長登銅山文化交流館-0425-4
発掘調査コーナーや、1250年前の木簡が展示してあるコーナー。
ほとんどの資料が公開されることなく、倉庫に眠っていたと思うと残念です。
壁一面を使っての説明書きが分かりやすく、初めて訪れる方にも親切です。
長登銅山文化交流館-0425-5
入口にあった「長登銅山跡」の全体模型。秋吉台の広域航空地図とともに、
位置関係がよくわかる、優れものです。以前、当ブログでも紹介した、日本
最大の「酸化銅・鉛鉱石」も公開されています。
やはり目を引くのは・・
長登銅山文化交流館-0425-6
ミニ大仏でしょう。
平成18年、第21回国民文化祭で天平時代のミニ大仏が制作されましたが、
NHKのご厚意で旧美東町に寄贈された大仏です。
この復元に関しても何度か紹介させて頂いていますので下記のリンク先、
もしくは、右カラムのブログ内検索から「長登 大仏 製錬」等でご覧下さい。
展示品には大仏殿や人物の大きさが比較できる工夫もされていました。
長登銅山文化交流館-0425-7
こうした展示施設には珍しく、コーナーによっては展示物の上にガラスが
覆われていませんでした。ガラス越しではなく、生で見れる醍醐味もあるの
ですが、埃の蓄積や勝手に触ってしまうのではないかと、要らぬ心配もして
しまいます。「触りたい!」という衝動に駆られた方は、触れる展示品コーナ
ーもありましたので、こちらで質感・重量感を実感して欲しいと思います。

『長登銅山文化交流館』が開館しました。
さあ、ここからです。
展示施設を造って資料を公開するだけでは、終わりではありません。
秋吉台エコツアーの拠点のひとつとして、また、長登銅山を核とした文化の
交わる館として、多方面での活用を期待しています。
子どもたちにも、素晴らしい歴史と文化が身近にあること、それを誇りに思え
ること、そして後世に伝えることが「長登銅山文化交流館」の使命のひとつ
だと思っています。
地図リンクはこちらを↓(長登銅山文化交流館)
Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ カルストドットコム美祢市観光サイト
  □ カルストドットコム美祢市観光サイト > カルスト日記(ブログ)
  □ 山口新聞 > 04/25 長登銅山の歴史網羅 文化交流会館オープン
  □ みとう情報ナビ > 2008/12/12 長登銅山文化交流館上棟
  □ みとう情報ナビ > 2007/10/19 日本最大の「酸化銅・鉛鉱石」公開
  □ みとう情報ナビ > 2007/08/10 奈良登ミニ大仏公開
  □ みとう情報ナビ > 2006/11/06 埋もれた地下の正倉院

営利施設ではありませんが、入館料等の施設情報を追記しておきます。
長登銅山文化交流館
  場所:山口県美祢市美東町長登610番(上記 地図リンク参照)
  開館時間: 9:00~17:00 (ただし、入館・映像上映は16:30まで)
  休館日:年末年始と毎週月曜日
        (月曜日が祝日の場合は開館で、火曜日が休館)
  入館料:個人(1名様):一般 300円 小・中学生 150円
        団体(20名様以上):一般 250円 小・中学生 100円
 □施設の概要
   開館:平成21年4月25日(土)
   構造:木造瓦葺平屋建
   床面積:368.92㎡(展示面積:264㎡)
   敷地面積:1,439.38㎡
   総工費:10,500万円

『長登銅山文化交流館』へ、ぜひ一度お越し下さい。
スポンサーサイト



テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック