山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鞍馬天狗の墓がある?
「みとう史跡・名勝ガイド」によると、長登に鞍馬天狗の墓があるそうです。
この情報は何年も前から知っていたのですが、場所が示された所は現在
工事中の小郡萩道路の真ん中辺りです。取り壊されたのか移設されたの
かも分からずに年月を経ました。最近になって文献から、墓は移設された
ことを知りましたので、今日はこのお墓を紹介しましょう。

今日の記事をアップするにあたり、美東町文化研究会発行の「ぶんかねっ
No.7」から「美東町の隠れた名勝を訪ねて」を引用させて頂いています。
青文字はすべて引用文です。文字や句読点もそのままに転記しています。

まず鞍馬天狗についてですが、大佛次郎の大正・昭和期における時代小
説、およびその主人公の名前だということはご存知の方も多いと思います。
幕末期を舞台に「鞍馬天狗」を名乗る勤王志士の活躍を描いたもので、大
衆小説の代表作と言われています。何度も映画化され、特にアラカンこと
嵐寛寿郎が主役の映画作品は有名ですね。
嵐寛寿郎の鞍馬天狗
作者の大佛[仏]次郎(おさらぎじろう)が作り上げた鞍馬天狗は、普段は
倉田典膳(くらたでんぜん)と名乗っています。もちろん小説ですから架空の
人物です。ですが、この倉田典膳=鞍馬天狗にはモデルになった人物が
いるそうです。その方のお墓が、長登にあるというわけです。
  「倉田天膳」ですが、幕末に活躍した「福原乙之進信冬」がモデルとも
  いわれています。乙之進は、長登の福原家(萩藩五十石取り)の長男と
  して生まれましたが、維新の動乱期には久坂玄端らと、長井雅楽(なが
  い・うた)の暗殺を謀ったり、高杉晋作らと英国公使館を焼き討ちしたり、
  志士間を奔走し、倒幕の策を議して最後は志半ばで自刃しました。
  久坂玄端も慟哭し、彼の死を惜しんだそうです。
  鞍馬天狗の原作者大仏次郎先生が来町された際、この「福原乙之進」
  が、鞍馬天狗のモデルとしてはもっとも有力な人物の一人であると
  言われたようです。

で、長い間探していたお墓の場所ですが、
  乙之進の生家は「長登のしだれ桜」の15mほど西にあり、墓もこの地に
  ありましたが、今は小郡・萩道路用地となり、長登常福寺境内に移転
  し、蝉しぐれの中にひっそりと佇んでいます。

やはり移転されていました。それも何度か訪れたことのある常福寺にです。
早速、時間を見つけて行ってきました。
福原乙之進大江信冬の墓-1
「中国四十九薬師霊場」の第28番札所である薬師堂の左手に、
そのお墓は移設されていました。
移設されてまだ日が浅そうです。(と、言っても年単位ですが)
福原乙之進大江信冬の墓-2
お墓の表面(竿石の正面)には、
  贈従四位 ・・・明治維新の功績により
  福原乙之進信冬神霊
と、彫られています。この文字は私でも何とか判別がつきます。
福原乙之進大江信冬の墓-3
これに対し、側面もしくは裏面には、
  大江信冬行年二十七歳於・・・本名は福原乙之進大江信冬。享年27歳。
  文久三癸亥十一月廿五日・・・天保八年(1837)~文久三年(1863)
  江戸赤坂御門内土井候内・・・亡くなった場所(江戸刈谷藩邸にて)
                 
と、彫られているそうです。擦れて読めない文字がほとんどでした。
享年27歳だったのが衝撃的です。
  本来の墓は東京世田谷の松陰神社の中に、吉田松陰先生の墓に並ん
  であります。松下村塾の門下生ではないのですが、明治維新に功績が
  あったということで、従四位を贈られています。

架空な人物のモデルとはいえ、あの鞍馬天狗のモデルですから、
機会があれば、一度お参りされるのもよろしいかと。
地図リンクはこちらを↓(常福寺)
  Mapion
関連リンクはこちらを↓
  □ 大佛次郎研究会
  □ 松陰神社/吉田松陰先生を祀る東京都世田谷区の神社
     (↑烈士墓碑に福原乙之進大江信冬のお墓があります)
  □ みとう情報ナビ > 2009/05/12 薬師霊場 常福寺
スポンサーサイト

テーマ:山口県 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
こ、これはっΣ(゚口゚;)!!
まさか鞍馬天狗にモデルがいたとは・・・知りませんでした。

良い情報を教えていただきました。また機会があればお参りにいきたいと思います。
2009/06/19(金) 19:27:29 | URL | BARA #qbIq4rIg[ 編集]
知っている人はほとんどいないのでは・・
ご無沙汰してます、BARAさん。
相変わらず、マイナーなスポットを探しては紹介していますが、
このお墓はかなりインパクトの強い記事になりました。
美東にお立ち寄りの際は、ぜひ、長登の常福寺にもお越し下さい。
2009/06/19(金) 22:12:49 | URL | mitounavi #1fyRUhE.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。