山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
美東からの部分日食
激しい雨は通り過ぎましたが、深い爪あとを山口県に残しました。
亡くなられた方々のご冥福をお祈りしたいと思います。

今日の全国的なニュースは、山口県を襲った集中豪雨の被害の他に、
46年ぶりに国内の陸地で観測できる皆既日食がメインでした。
とは言っても、皆既日食が観れるのはごく一部に限られ、山口県からでは
部分日食です。それでも滅多にない機会ですので、私も自宅からカメラで
撮ってみました。もちろん、ちゃんとした日食用の装備など持っていません。
直接、太陽を見ないように勘でファインダーの中央に捉えます。
美東からの部分日食-1
持っている望遠レンズを必死に伸ばしても、この程度です。

テレビでも報道していたように、本当に辺りが薄暗くなってきました。
気温が下がったのは感じませんでしたが、足元の影が薄く伸びます。
飛び交うスズメが一ヶ所に集まって羽を休めている姿も見ましたが、
これが日食の影響なのかどうかは分かりません。

雲ひとつない晴天では、眩しすぎて撮れなかったと思います。
たまたま薄い雲が太陽にフィルターをかけた感じになって、素人カメラマン
にはちょうど良い明るさになったのはラッキーでした。
先程の写真を、粒子が荒れない程度に拡大切り取りすると・・・
美東からの部分日食-2
このような写真になりました。
テレビやネット上で流れている部分日食の写真には程遠い出来です。
ですが、三日月のような太陽を観れたことは正直嬉しかったですね。

次回は2035年9月2日の北陸・北関東などで見られるということで、
26年後だそうです。
北陸・北関東まで、わざわざ足を伸ばして観に行こうとは思いません。
と、いうコトは次に観られるのは、いったいいつのことになるのでしょうか。
関連リンクはこちらを↓
  □ 国立天文台
  □ 国立天文台 > 皆既日食の速報 > 速報画像のページ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
2012年5月21日
当方では曇っててダメでした。若干暗くはなりましたけど。
住んでいるところで皆既日食もしくは金環日食を見れるのは、
一生に一度あるかないかですけど、
部分日食はそこそこ見られるようですよ。
2012年5月21日の金環日食は日本の上を通るそうで、
残念ながら山口県は部分日食になりますが、
0.95以上欠ける部分日食になるようです。

http://eclipse.gsfc.nasa.gov/solar.html
http://eclipse.gsfc.nasa.gov/SEplot/SEplot2001/SE2012May20A.GIF
2009/07/23(木) 06:35:15 | URL | H2 #c8dTRiQ2[ 編集]
お~
貴重な情報をありがとうございます。
わざわざ調べていただき、申し訳ありません。(それもNASA!)
2012年5月21日ですか。それぐらい先なら、まだ生きていると思います。
部分日食でも十分興奮しましたよ。身近な天文ショーには胸躍ります。
2009/07/23(木) 08:23:19 | URL | mitounavi #1fyRUhE.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。