山口県美祢市美東町から観光・イベント情報と、地域振興に携わる人々の応援を    全国に発信しています
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドリーネの猪防護トタン設置
今日は「赤郷地域ふるさとづくり協議会」による、『ドリーネの猪防護トタン
設置』作業の様子を紹介しましょう。とは言っても、実際に作業を行ったのは
7月31日(金)~8月1日(土)でした。1日は現地へ行けなかったので、掲載
した写真は31日の撮影分です。アップが遅くなりました。

ドリーネの猪防護トタン設置-01
現地へ来る度に、ススキ・ササ・クズ等の根を撤去します。
ドリーネの猪防護トタン設置-02
耕運機で植付けのための整地をしますが、掘り起こすとまた根が表へ出て
きます。結果、耕運機の後ろにゾロゾロと根を取る人の波ができました。
ドリーネの猪防護トタン設置-03
メインの「猪防護トタン設置」です。まず設置するラインに沿って、トタンを
仮置きします。トタン1枚は1.8m×0.6mの大きさ。まとまると結構重いです。
ドリーネの猪防護トタン設置-04
記念すべき1枚目の設置。皆で助け合います。
ドリーネの猪防護トタン設置-05
1枚目が終わると、後は早いものです。見る見るうちに進んで行きます。
ドリーネの猪防護トタン設置-06
ドリーネ畑は窪地にあるため、低い場所での設置では猪が飛び越えて
しまうそうです。心持ち高い場所に設置し、大きくドリーネ畑を囲います。
ドリーネの猪防護トタン設置-07
かなり斜面の中央に設置してあるのがわかります。
ここまで10分とかかりません。
ドリーネの猪防護トタン設置-08
トタン同士を重ね、重ねたところを両側から鉄筋で挟みます。
鉄筋が開かないように鉄線(針金)でしっかりと縛ります。
ドリーネの猪防護トタン設置-09
持ってきたトタンの枚数がほぼ終了です。報告によると、翌1日に反対側も
トタン設置が終了し、ドリーネ畑をグルリと囲えたそうです。

作業に参加していただいた皆さま、お疲れさまでした。
次回は畝(うね)づくり、そしていよいよ植付け・種蒔きです。
関連リンクはこちらを↓
  □ 赤郷地域ふるさとづくり協議会HP
  □ みとう情報ナビ > 2009/07/17 ドリーネの開墾作業
  □ みとう情報ナビ > 2009/03/10 ユンボノチカラ
  □ みとう情報ナビ > 2009/02/16 ドリーネ耕作地完全焼却
  □ みとう情報ナビ > 2009/02/08 ドリーネ耕作地の草刈り
  □ みとう情報ナビ > 2008/12/29 ドリーネ耕作地の調査
スポンサーサイト

テーマ:秋吉台・秋芳洞 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
やっぱり...
台上にイノシシは出ないのかと思ってましたら、
やっぱり出るんですね。
じきに帰省したら、田のまわりを同じように囲う手伝いが待っています。
2009/08/04(火) 23:27:42 | URL | H2 #c8dTRiQ2[ 編集]
かなり出るそうですよ
台上のど真ん中はどうかわかりませんが、周囲の山との境付近は多いよう
です。里山へ降りてきて悪さをすると聞きました。ここも「確実に出る!」と
皆さん断言されていますので、猪防護トタンは必須のようですね。
2009/08/04(火) 23:50:38 | URL | mitounavi #1fyRUhE.[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。